レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ドラマ

 昨年の春に勤めていた会社がとつぜん倒産して(前兆はあったが)再就職も決まらず、いつまでも無職でいるわけもいかないので繋ぎのつもりでクリーニング工場でアルバイドを始めました。自分の役割は集配ですが、仕事はその他様々な作業と半々です。大変なのは工場内の気温はこの時期40度を越えるので意外とハ-ドなもので、時給がいいのもうなずけました。
 この工場は男性は責任者の工場長と、自分以外は全員女性なためなのか性格なのか、この工場長はかなり話し好きで「うちのパートさんはバツイチとか未亡人とか、あとは主婦だから。この不景気じゃほかにいいとこないもんな」と、頭のいい人とはいえないです。一ヶ月もすぎるとまわりを観察する余裕もでき、みんな会社から支給されたTシャツやポロシャツを汗でびっしょりにさせて、下着を露骨続きを読む

最近、W大サークルのレイプ事件で思い出したので、レイプについて書くことにした。

私はHは好きだけど、レイプはされたくない。

よく、レイプ痴漢に遭って、「途中から感じてしまった」などというポルノ小説とかがあるけど、私には信じられない。

人それぞれだから、そういう女性が皆無だとは言わないけれど、大方の女性はレイプ痴漢などされても、悪寒を感じるだけで、「濡れちゃう」とか「感じちゃう」なんてことはないと思う。

そもそもセックスとは、お互いに楽しむものであって、相手に強制したりするものではないと私は思う。

お互いが気持ち良くなれるためなら、それが一般に少々、変態行為と言われるものであっても、一向に構わないと思っているけど、嫌がる女性を無理やり犯したり、触ったりするのは本当に止めて欲しいと続きを読む



私は、まあまあの大学を卒業し、全国区ではありませんが一様地元では名の知れた企業に無事に就職しました。
俗に人の言う苦労知らずの道を歩んでいたのでしょう。自分では挫折も味わったつもりですが、友人に言わせると、そんなのは世間知らずの甘ちゃんだと冷やかされてしまいます。人の痛みは10年でも我慢出来ると言いますが、私もそんな感覚で、自分の悩みは大した物で、人の悩みは小さな物にしか感じない俗物なのだろうとは自覚しています。
そんな私が25歳で3年後に入社した今の職場結婚しました。
その時のの雅子は、野性的な美人でありながらも、個性的な雰囲気がその風貌をより強いインパクトにし、男性社員から可也人気がありました。続きを読む



それでもいつの間にか世間話もするようになり、和気あいあいと接することもできて信用もできたかなと思うころでした。

いつもは軽自動車で通勤のAさんが自転車でやってきて、バッテリーが上がったとのこと。明日の休みに直すことを約束させられました。Aさんは普段は一見、近寄りがたい雰囲気をだす人ですが、面倒見もよく新参者の自分もよく助けられたので恩返しのつもりで快諾。

翌日、入り組んだ住宅街を説明と違うじゃねぇかと訝りつつ、迷いながら進むと路地に出て手を挙げるAさんを発見。なんとかアパートに到着。さっそく車を点検すると元をとったであろうバッテリーがあり、タイヤも溝のない冬用のまま。嫌な予感がしてほかに気になることは?ときくとヘッドライトとテ-ルランプがダメであることが発覚。続きを読む



<>249名前:恋人は名無しさん[sage]投稿日:2010/03/21(日)18:23:10ID:Wxmn8rSG0<>
ストーカー話に便乗。(ちょっと汚い話があるので注意)

俺男 …当時19歳 学生
A子 …当時たぶん20歳?22歳くらい OL 俺男の隣人
B男 …A子のストーカー
C男 …A子のことを好きらしい男 25?27くらい
D子 …B男の彼女

俺男は某Cラン大学の学生で、大学の寮は基本1年と2年のものなので
3年になると同時に寮を出てアパートに引っ越した。
そのアパートの隣人がA子。
と言っても近所付き合いはまったくなく、ドア前で会ったら挨拶するだけの仲だった。

<>250名前:恋人は名無しさん[sage]投稿日:2010/03/21(日)18:25:07ID:Wxm続きを読む

このページのトップヘ