レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ナンパ

「ママ、家に帰る前にどこかに途中下車してホテルによって行こうよ。俺またママを抱きたくなっちゃった。」
そんな、夕べもあれだけ私の中でいったのに、、
年前今の主人と再婚し、当時聡君歳は主人の連れ子でした。
私も前の主人が乱暴もので、やっとの思いで離婚をし、とても優しかった今の主人と結婚をしたのです。
結婚して年くらいはとても仲がいい家族で、いつも笑いが絶えませんでした。
しかし、年前主人が体を壊し年間の入院をしてしまったのです。
最初の亭主にセックスの味を体中に教え込まれた私。
続きを読む

はとても男にモテるうえに、社交的で淫乱なタイプなので、独身時代から男関係が派手だった。
そもそも初体験の相手は、とてもSEXのうまいS男性であり、淫乱さはその男性に調教された結果のものだった。
一方僕はあまりモテるタイプではなく、初体験の相手で一人しか経験はないのだが、男性の調教の趣向性によって、彼女は誘われれば誰とでもSEXするようなヤリマン女となっていたため、がSEXした男の数は相当な数になる。
また、男性は彼女の性生活を全てコントロールすることに喜びを感じるタイプであり、彼氏とのSEXも例外ではなかった。
男性は彼女にピルを服用させ、彼女がいつも生で男を受け入れ、望まれるまま中だしまで受け入れる様に躾けながら、その時付き合っている彼氏に対してだけは、SEXに関する全ての面で優位に立つS女となるように仕込まれていたため、彼氏とだけは生でSEXすることを許さず、そのSEXですら男性に管理されていたため、僕が誘ってもいつも応じてくれるわけではなく、僕はコンドームをつけたSEXをたまにするだけだった。続きを読む

まだ子供ができる前、OLやってて仕事の関係で飲む機会も多かった。
その日は金曜日でお互い飲み会。
12時過ぎにタクシーで帰ってくるとはまだ帰っていなかった。
メールを受信すると「実家の方向の電車に間違えて乗っちゃったから、そのまま実家に泊まってくるね」とメールがきてた。
俺も相当酔ってて「わかった」と返信するだけだった。
は喉が痛くて高熱があるといって、帰ってきたのは日曜日だった。
実家の電話番号からだったし、お義母さんとも話したとはいえ、何か変だと思った。
俺が車で迎えに行くといっても「インフルエンザかもしれない」と拒否されるし。
翌週、浮気じゃないか気になって仕事を早く切り上げて帰ってきた。続きを読む

今の私の家は駅から徒歩で15分くらいの距離なんだけど、半分くらい来て住宅街に入ると意外に暗いのよ~。

一応街灯はあるんだけど、普通の倍くらいの間隔であるから全体的に薄暗いのね…
わりと高齢者が多いのかしら…結構早い時間に人気がなくなるの。

22時過ぎたら真夜中みたいに人が通らないし、周りの家なんか明かりが灯いてる家探す方が難しいくらい!
だから帰りのこの住宅街は、だいたい同じ電車に乗ってた人が数人歩いてるくらいなのよ。


いつものように歩いて帰ってたの。

あと家まで数十メートルくらいのところで、いきなり後ろから口を押さえられて「!!」
道のすぐ横の空き地に連れ込まれちゃったの…
車が2~3台駐車場代わりに停まってて、その影になるように後ろの茂みまで引っ張られた…続きを読む

自分は、性には淡白な方だと思っていました。
若くして結婚して男性経験も少く、夫との夜の営みもないに等しい感じになっていました。
それでも特に不満は感じていなかったのです。
あんな事があるまでは・・・買い物帰りの電車のことでした。
の辺りに違和感を感じました何度も何かがおに触れる感じがしたのです「痴漢?まさか・・・」時々おに当たっていた感触が、おにべったりと張り付くようなものに変わってきてしまいました。
「やっぱり・・・どうしよう」 OL時代は声を出す勇気はありませんでしたが、こんな年になっても、声を出す勇気がでませんた。
混んでいて身体の位置を変える事もできませんでした。
痴漢の手は大胆になりおを揉み始めました。続きを読む

このページのトップヘ