レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ナンパ

今月の始めの話で
俺とツレ(A)と(B)の三人で居酒屋で飲んでた時、座敷のほうがすげー騒がしかったんだ。何だろーと思ってたらどうやら、高校の卒コンだったらしくて、か

なり盛り上がってた…
俺達は懐かしい思い出を肴に呑んでたわけさ。で、ふと見ると…
なっ!なんと女子校ではないか!?
俺達はもう気になって気になって思い出所じゃない!とりあえず、選別って事でよぉーく見渡すと皆さんかなり酔っている模様♪可愛い子もチラホラ♪
でも俺はもう30だからナンパなんて相手にされないだろうし

なんせ向こうは20人ほどの団体さん
A「無理でしょ…」
俺、B「だね…ハァ~」
あんまりうるさいので帰ることにしてキャバクラにでも行こうというわけで店を出る事に…

店を出て歩いていると居酒屋にライターを忘れた事に気付く俺。
10年も使っているジッポーを無くす訳にもいかないのでAとBに先に行ってもらい俺は先程の居酒屋へ…
卒コンは終わったらしくいつもの居酒屋に戻っていた。
ライターを受け取り店を出て、とりあえず一服…(-。-)y-゚゚゚
するとなにやら声がする…?「大丈夫?名前は?歳は?一人なのか?」
よくみると警察!?
酔っ払いはなんと!?
先程の騒いでいたうちの一人ではないか?
でも警察がいるので関わらないほうがいいかなと思い何気に素通り…
チラッと見るとマジカワイイ♪
しかも18には見えない

続きを読む

昨日夜にちょいと腹が減ったんで夜にバイクでお買い物&夜食喰いに出た。

とんこつ醤油系のラーメンをがっつり喰った後、コンビニに立ち寄って帰ろうとすると、コンビニ横にある公園で一人座り込んでるヤツがいる。

「あぁ…また酒に酔って潰れてるヤツがいんのかぁ?」

とその時は思った。

この公園は繁華街に近くってトイレもあるんで結構こう言うヤツが多い公園で有名な所。

別に気にしてなかったんだが、コンビニで飲み物買ってタバコ吸いながら見てるとぴくりとも動かない、良く見ると若い女のようだ。

「おぃおぃ…やべぇんじゃねーの…こう言うのって…」

と思った俺はコンビニの駐車場にバイクを停めて、その泥酔女の側に寄って声をかける。

「おぉーい!!大丈夫ですかぁ!!」

「あぁ!うーん…もぉ、いやだよぅ…動きたくなぁーい…」

良くみるとコイツ靴履いてねーよ…。

服はタンクトップと超ミニスカだけ、周りを見回してみるとベンチに上着らしき物とトートバッグが置いてある。

胸…身長ちっちゃいクセに結構あるな…この泥酔女…

「コイツこのままだとハイエナの群れん中に生肉状態だな…」

めんどくせーけどコンビニまで引きずっていってコンビニのちゃんに引き渡すとするか…。


続きを読む

高校3年のときなんだけど、丁度卒業間近で女友達と4人で飲みにいったんです。

といっても、それまでお酒飲んだことも無かったんですけど。

ちょうど卒業するし、大学決まったし、いいか。

みたいなちょっと背伸び気分ですね。

みんなあんまり飲んだことは無かったと思います。

私自身も家で勧められたときにちょっと、と言う感じでしか飲んだことはありませんでした。

で、せっかくだし、あんまり大衆居酒屋みたいな所はやだなと思ったんで、

バーみたいな所を探したんです。本とかインターネットで。

で、見つけたのが渋谷の駅から30分ぐらい歩くところにあったバーでした。

本に雰囲気いいとかって書いてあったし、

なにより自分ら女子高生の癖に渋谷行った事なんて2回くらいしかなかったし。

メンバーは自分で言うのもなんですが、そこそこ可愛いメンバーでした。

まあ、私除いてって感じですが。私も人並みで、そんなひどくは無いと思います。

中でもゆきちゃんと、さーちゃんは可愛かった。

横浜歩いていれば必ず声かけられました。


続きを読む

夏くらいの事。

時間にしたら0時過ぎくらいかな。コンビニに行こうとして駅前を通ったんだわ



ちょうど駅から人がぞろぞろ出てくるところで、そこに一人、ショートカットのきれいめなパンツスーツのol" target="_blank">OLがフラフラと出てきたんだわ。



少しの間観察していたら、どうやら駅前の駐輪場にちゃりを取りに行く様子。

しかし、酔っているようで、うまくチャリを取り出せないでいる。



「大丈夫ですか?」

「あ、はい。ちょっと自転車が引っかかっちゃって…」



てなやりとりをかわし、自転車を通りにまで出してやる俺。



「これから帰りですか?」

「は、はい…(少しろれつがまわらない)」


続きを読む

ちょうどテスト期間が終わった、金曜日のことだった。

テストがあったから、予備校の授業にデレてなかった。
だからテスト最終日の金曜日に、
一気に一週間分出ることにした。

予備校を出ると、もう時間は10時半を越していた。
補導時間までには絶対に帰れないなって思った。

予備校からは、だいたい家まで1時間はかかる
だからもう諦めてゆっくり歩いて駅へ向かった。

時間が時間だからか、かなり混んでた。
それは関係ないと思うけど、なんかすごい時間かかった。


続きを読む

このページのトップヘ