レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ノーパン



しかし携帯は座布団の下。音は小さい。
ふはは俺様の作戦勝ちだな。
ガタガタガタガタガタ
フローリングでした・・・。











「あんっ・・あの・・ガタガタって携帯・・私のじゃ。。んんっ。ね、やめて・・電話取らなきゃ。」

そういって上半身をベッドの外に出し座布団を探る彼女
下半身は俺キープ。絶対手抜かないことを確信。彼女、手マンに弱いっぽいし。
「あんっ・・ねえ、本当に手どけて下さい。彼氏からなんです・・・」
切実な声を上げて体を捻る彼女
そして手を離す俺。
え?
角度とかの関係か手が抜けてしまったのもあるけど、なんか彼女がマジなので
その時は手を離さざるを得ませんでした。

「あ、もしもし・・」
「ガ------------------------------------------------------------------------!!」

続きを読む

2014/01/23 (Thu)

私は宏さんに何の抵抗もしないで、簡単にスカートを捲られたうえに色の指定まで
指示をされたことに、ある種の反感を感じていました。
今頃、隣では‥私は智子さんと宏さんのセックスが思い浮かべながら
タンスの奥にしまっていたミニスカートを取り出していました。
翌日、主人が出かけたあと、早速ミニスカートに履き替えて、鏡の前に立ちました。
「仕方ないかな‥これも主人のため」

ベランダに出て、洗濯物を干していると、下の方で慌しい動きがありました。
それからすぐにチャイムが鳴り出てみると、隣の智子さんでした
「今週末に組合の会合があるので出席してくれる?」
「はい」
「それじゃ」
「あのぉ智子さん下で何か騒いでいたようですが」
「ああぁあれね」
「何ですか?」

続きを読む

歳…17歳高校生
突然の入院を医者から言い渡されて、目の前と頭の中が一気に真っ白になったことを覚えてる。

その日から入院生活が始まって、右腕にはいつも点滴の針が入ってる状態で、毎日5?6本は点滴打って、窓際のベッドで寝たきりだった。窓を覗くと同じ位の歳の奴らが朝は登校、帰りは下校で、その時の自分とのギャップが辛かった。

あぁ、部活、県大会出たかったなぁ
高校も皆勤賞狙ってたのになぁ
そんな残念な感情しか生まれてこなかった。おまけに検査の結果が出たときに医者からは、移植だの透析だの死ぬだの、今まで考えたときがないような、現実からぶっ飛んだことが出てきたときは、俺の青春なんぞ?とか思ってた気がする。

その続きを読む

の名前は、『 恵 』です。

顔は、堀北真希そっくりの32歳で身長は、155㎝ 上から 83(Bカップ) 53 84 です。

そんなの屈辱される姿を目撃しました。

金曜日の仕事が終わり車で移動して8時に館に着きました。

隠れ宿で、どの部屋も離れの一軒宿になっており部屋には、洒落た風呂があります。

が、ここの宿は露天風呂いいいのよ~ と言って予約しました。

フロントに行き50代従業員に離れの家に案内されました。

私「ここの露天風呂はいいんでしょ」

従業員「はい、硫黄で肌によく奥様に喜んで盛られると思いますし透明感がありサラサラしています。」

「本当ーー来て良かったでしょ  何時まで入れるのー」

従業員「24時までになっております」

続きを読む








「けほけほっ・・・もうー!このお店煙草臭いわよ!禁煙席ないの?じゃあもう帰りましょうよ。」
「え!?だってもうこの店しか空いてないよ?ほら、煙草吸っている席から離してもらうからさ。」
「いやよ。あたしが煙草の匂い大嫌いなの知っているでしょっ?ね、帰りましょ。お昼ならコンビニで買って車で食べればいいじゃない。」
「そうだな、そろそろ道も混み始めるし、そうしようか。」
「ふふっ、ごめんなさいね。あたしの我侭で。」
「良いよ、帰りは長いんだ。明日は仕事だし、この子も学校あるしな。早目に帰るに越したことはない。しかし、君の煙草嫌いも筋金入りだね。」
「だって、煙草って臭いし、煙たいから嫌なのよ。あなたが煙草吸わない人で本当に良かったわ。」続きを読む

このページのトップヘ