レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ノーブラ








・・・そして私がおそくなった夕食を食べていると、そんな妻とケンジ君が楽しそうに脱衣所にむかっていったのだ。
・・・・どうやら妻は今日もケンジ君を洗ってあげるらしい。
そして私は慌てて夕食を済まし、その真実の現場を見るために風呂場にむかった。
すると隙間から覗いた私の目の前に写ったのは、いきなりの妻のフェラチオシーンであり、妻はすでにいきり立ったケンジ君のペニスの先端を、口いっぱいに頬張っていたのだ。
「・・・・・アッ アッ アッ・・・・・イッ イイッ・・・・・」
「・・・・ジュボー ジュルルルルー・・・・・ん!」
「・・・・・エッ! どうしたの? マオちゃん?」続きを読む

明日は、主人とお外でお食事の約束♪美味しいステーキ屋さん連れててくれるって約束なのであしたはおでかけしまーす^▽^ノでも、待ち合わせ(20時)の7時間も前の1時くらいにはおでかけしちゃうのだ。なぜなら、ここのところエッチなカッコで思いっきりお出かけしてないからなのだぁ^▽^にへへへへもちろん主人に後であうんだから大人しめの服も持ってのおでかけで~す。明日はやわらかい素材のグレーのミニスカ(すそがふわふわとなって階段だとちょっと見えそう)と上はホルターネックでお胸の谷間もばっちりのセクシースタイル・・・と言うか我ながらエロいカッコでお出かけするつもりです^^続きを読む


無防備なはみんなのオモチャ投稿者:のふ投稿日:2004/08/01(Sun)22:09

?





の普通でない無防備さとまわりの男達の態度には、今思えば思い当たるふしがいくらかあります。

1.結婚してからというもの、自分の友達が毎週のように異常なくらい遊びにきて、私が帰る前に家に来てはたちと遊んでます。もしかしたら視姦するためにきているのかもしれません。

2.勤務している病院では、医者や薬屋の男達にしつこいくらい飲みに誘われており、めったには行かないが、今年の4月花見に行ってベロベロになって朝がた頃帰ってきた時すごい格好をしていました。上のブラウスの下はノーブラで、下のスカートは反対にはいており、次の日私はに(どうやったー、楽しかったかー)と聞くとは(外来の飲み会やからー、医者はんと薬屋の男どもが10人ぐらいおって、女は私と事務のXXさんだけで、ずーっとXXさんと話しとったわー、でもXXさんいつのまにか帰ってしもとって、その後はぜーんぜん覚えとらんわー、どっかで転んだんか胸とお尻だけいたいわーハハハー)私は(バカやのーお前ー)と言いました。でもバカは自分です。今考えるとXXさんが帰ってから夜中の3時まで何をされてたのか。男達にずーっと体を揉まれまくっていたんじゃないだろうか。3.5月22日の同窓会に行った時もそうです。その時も帰ってきた時はすごい格好をしていて、ブラウスの下に着ているはずのタンクトップはなぜかカバンの中につっこまれており、スカートとブラウスにはハミガキ粉みたいな汚れが何ヶ所も付いており、私は(お前また吐いてきたんかー、きたねー)と言ってました。次の日の朝、はまた何も覚えておらず(何でかしらんけど、飲みすぎたんかオシッコしたらアソコとお尻の穴痛いわー)と言っていたのを思いだします。続きを読む


私、亜矢子25歳の専業主婦です。

子づくりに励んでいますが子宝に恵まれず、夫婦二人で結婚5年目を迎えました。

主人は武志30歳 食品会社の営業マンをしています。

先日、主人の旧友の山田さんを自宅に招き、お酒も入り遅くなったので、そのまま泊まって頂くことになりました。

主人は楽しさから飲み過ぎて寝てしまい、隣室に布団を敷いて寝かせた後、仕方なく私が山田さんのお相手をして、楽しく会話も弾み午前1時をまわっていました。

山田さんもお酒が回り、少しエッチな会話になって来て、だけど、私は軽くのりの良い受け答えをして上手くかわしていました。

けど。ちょっとした事から座っている山田さんのズボンの前を見たら、主人のとは比べものにならないほど、大きく膨らんだものが目に入って来たんです。続きを読む


去年22歳の夏。

合コンに誘われ、相手が25歳のナース軍団だと知り

友人Fを「神だ!仏だ!」と崇め奉って参加した5vs5の合コン



こんな感じで着席。A?Eがナース

A.B.C.D.E

■■■テーブル■■■

F.G.H.I.J



俺はJ。

目の前にE。

隣がD。



好みはDの祐子さん25歳。

篠原涼子みたいな感じで御な雰囲気。



患者の悪口とかこんな患者が居るんだよ!とか

一通り笑った後に、Aのボス格のナース(ここでは婦長と書こう)が

「席替え!」とか騒ぎ出した。どうやらお目当てがIとかHなんだろう。



C.B.E.A.D

■■■テーブル■■■続きを読む

このページのトップヘ