レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ハメ



私はマリンスポーツ関係の仕事をしています。
高校を卒業してはや1年がすぎているのに、未だ未経験のままで
いつも自分で慰めている日々が続いていました。友人は殆ど経験しているのに、
大人しい俺は女の子に声をかけるのが苦手で彼女はいませんでした。

ところが今日初体験してしまいました。
これを書いている今でも手がガクガクしていて、その時のことが脳裏にやきついています。
その相手は1歳年上の仕事の先輩です。
自分が入った時に施設のこと、仕事のこと、そして忙しいので歓迎会も
ろくにできなかった中、食事に誘ってくれた、自分にとっては御的存在です。

初体験することになった経緯ですが、仕事が終わったので自分はラッシュ続きを読む



その女と初めて会ったのは、俺が学生の時で、そいつは2個下の違う学校の女でした。
ちなみに俺はダブってるんで・・・

そいつの名前は「真帆」っていって、顔も可愛いいっちゃ可愛いけど、俺の好みのギャル系やヤン系じゃなくて、真面目な感じの奴だった。
でもなんでそんな奴と知り合ったかって言うと、夏休みに友達と駅前にいたときに、真帆も友達と3人で駅前にいて、そん時の格好がムチャクチャエロくて即行でナンパしました!

てゆーかエロいって言っても、全然ふつーなんすけど・・・
言ってる意味が滅茶苦茶ですんませんが、胸元が軽く大きめに開いたTシャツに膝上ぐらいのスカートだったんだけど、体つきが滅茶苦茶エロくて、ムッチムチの感じで、パイオツもデカくて、日焼けした女としかヤッてなかった俺にとっては、日焼けしてない真面目っぽい女が新鮮に見えて、しかも体つきがエロすぎたから、ぜってーハメてやるって思ってナンパしました。続きを読む



俺のオヤジが再婚した。
再婚相手には俺より7歳年下の娘がいた。
今年から高校に通うちょっと幼いがすごく可愛い恵。
あろう事か俺は恵に一目惚れしてしまったんだ。
恵はすぐに俺になついてますます可愛らしく感じるようになった。
しかし俺はどうしてもとは思えず、オナニーの対象はいつも恵になっていた。
一緒に暮らすようになって半年くらい経った頃の事だった。
オヤジと義母が町内会の温泉旅行に出かけて3日間、家を空けると言う。
それを聞いた瞬間に恵を犯ってしまおうと思った。

オヤジ達が出かけたその日、俺は冷蔵庫のポカリに睡眠導入剤を砕いて入れた。
恵は風呂上りに必ずポカリを飲むんだ。
恵は風呂から上がり、やっぱりそれを飲んで部屋に上がっていった。続きを読む



結構前のはなしだから時効ということで書きます。
当時はインターネットではなく、パソコン通信という世界だった。
美沙子と俺は横浜と大阪の遠距離恋愛。付き合いは始めてちょうど
半年位だった。

そんなある日彼女が神戸でのオフ会に参加したいと言い出した。
危ないからやめろと言ったが、どうしても行くということなので
俺も一緒に参加するという条件で行くこととなった。

神戸なら俺も行ってみたいと思ったし、オフ会が土曜日ということで
日曜は美沙子と神戸でも歩いてみるかと旅行がてら参加するということにした。

但し、場が白けるといけないので、カップルということを隠して、
赤の他人という設定で参加することとなった。続きを読む



「何も悪くない俺が学校を辞めるハメになって…主犯の誰かさんは学校で悠々と高校生活を楽しんでるって訳か…。」
ナミ子は立ち上がって俺に謝ってきた。あんなに真剣な顔で謝ってきたのは初めてだ。「謝って済む事かよ。俺の人生はお前に壊されたのと同じなんだぞ?
人に1度しかない人生をぶち壊して自分は責任とらない…。いい身分だなお前!」
相当俺に強く言われて、ナミ子は泣きそうな顔をして俺に言った。
「隆史には本当に悪い事をしたと思ってる。でも…学校はどうしても辞められなかった。どうしたら許してくれる…?」
勝った!心の中で思った。もうコイツは俺の言う事を聞かずにはいられない。

けど、もう少し焦らしてやるか…。続きを読む

このページのトップヘ