レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:パイズリ








これは二十年ほど前の体験談です。
当時の私は全国各地を回る大型トラックの運転手をしていました。
東北の田舎町で荷降ろしした後、国道沿いのコンビニに車を停めて仮眠していました。
夜中に誰かがトラックのドアをとノックする音で目を覚ましました。
ドアを開けると上下グレーのダボダボジャージを着た女の子が立っていました。
何事か私が聞くと、「すいません、東京まで乗せていってもらえませんか?」と女の子は言ってきました。
見た感じ十代前半の女の子、大きなバッグを持っているのを見て“家出少女”だと思いました。
私のトラックのナンバーを見て「東京に行く」と思って声をかけたのだと女の子は言いました。続きを読む








こんにちは穴井伊代です。
私は派遣社員という仕事が大好きで、色々な企業のお仕事を手伝わせて頂いてきましたが、このお話は、ある企業様に派遣された時にとんだ失態をした事からはじまったお話です。
まず私の紹介からですが、顔は「中山○穂」さんと「伊○美咲」の間みたいな顔だと良く言われます。
比較的良い大学も出ていますので、頭も良い方だと思います。
自慢と悩みのタネでもあるのですが、胸がGカップで、会社でもかなり目立ってしまいます。
若い頃はこの体のせいで、男の人からの攻撃がすごくて酷い目に合った事もあります。
私自身、過去の体験が色々有りすぎて、早くから性に目覚めていたと思います。続きを読む








10代の少年達は、1ケ月もすると妻の体に飽きてきたのでしょう。いくら若く見られる
と言っても40代の妻ですから。少年達の多くの精液を体内に受け入れ、性欲処理どころか精液処理のティッシュにのように口を使わされただけの妻でした。さすがに彼らには、40代の人妻を調教することまでは考えなかったようです。妻は、これから書いていく大学生達による調教により、自ら若い男に声をかけ、抱かれると言う淫乱主婦にさせられたのです。少年達は、妻の後始末を大学生のtとkに頼んだのでした。妻はいくらかのお金で大学生に売られたのでした。tとkによる妻への調教の開始です。学生達の慰安婦になる為、妻は心までも変えられていきました。撮られたビデオはsexのシーンが多く、これだけを文字にしても、全くストーリーとして成り立たないので、事実関係を曲げる事無く、一部は狂頭が現場に居たと仮定し、回想録風に書いてある部分もありますので、その点ご理解いただきたいのです。続きを読む


288名前:えっちな21禁さん投稿日:03/11/1416:33ID:drU8qWIm

昨日脱衣所にやたらにカラフルなブラジャーと百均で売ってるようなT字カミソリが放置してあった。

上の(13)だろうと思って届けにいったら、ブラは下の(9)のだと言われた。

最近の小学生って……_| ̄|○



届けに行ったついでにからかったら、オパーイ見せてくれた。

俺「お前さー、そんなぺったんこなのに、ブラする必要あんのかよー」

「うっさいなー!ちゃんとあるよっ。」

俺「(´,_ゝ)プッあんまり早くからブラすると、貧乳になるぞ」

「うそっ!?」

俺「(´,_ゝ)プッ 第一、人に見せれるぐらいもないのに…マセてんなぁ」続きを読む


続き。

 

「…俺はするほうだ!」

 

前回はアッー!なオチっぽくなったら面白いかと思って一旦ここで切っただけで、これは冗談で言っちゃった台詞。ノンケですまん。

 

おっぱいおっぱいな話、ましてやパイズリという単語が出てきた時点で、実は相当気まずかった。

初めて彼氏が出来て浮かれてるが、まだ処女のくせにいつの間にか突っ込んだエロ話もするようになっていて、童貞兄としては照れくささもあって、お茶を濁して終わりたかった。

 

「俺はするほうだ!」

「まさか兄ちゃん…アッー!」

「ばか冗談だ」

「なーんだ、あはは♪うふふ♪」

 

という感じで会話が終わると思っていた。続きを読む

このページのトップヘ