レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:パイズリ

俺が前に勤めてた会社で、わかな(当時20歳)が派遣社員で入社してきた。一緒に働いた期間は三ヶ月だけだったけど、
わかなは年齢の割にすごくしっかりしていて、仕事覚えるのも早くノリがいいので部署にもすぐに馴染んでた。
他にも派遣の女の子は何人かいたんだけど、わかなはダントツで仕事が出来て、周囲からも人気があった。
外見は酒井わかなにちょっと似ていたので、わかなとしておく。ちなみに巨乳なのも一緒。
 
俺(当時25歳・シン)は学生当時に木更津キャッツアイを見てたこともあり、酒井わかながけっこう好きだった。
何とかあの巨乳をモミモミできんもんかなーと思いながらも、仕事は激忙しかったし、あっという間にわかなの就業最終日が来てしまった。

続きを読む

2013/07/27 (Sat)

「援助の女子校性みんなで輪姦(まわ)さへんか?」

小汚いアパートの一室で酒を飲みながら一博がふと口走った。
6畳ほどの部屋で輪になって飲んでいた7人の男達の目が一瞬ギラついた。

男達は全員30代前半だが女性とはここ何年か無縁で、
女子校性なんて夢のまた夢である。
しかし事あるごとに
女子校性いいよなぁ」
制服着たままやりてぇ」とかなわぬ夢を嘆いていた。

「そおやなぁ!会社も潰れたことやし1回勝負しよか!」
コップ酒飲み干し一番年上の英樹がニタつきながら軽く叫んだ。

実の事いうとこの7人みんなある会社の同僚だった。

続きを読む

2013/05/14 (Tue)

これは僕が大学時代に経験した体験談です。


当時、僕には宏美と言う彼女がいました。
宏美は中学校からの同窓生で、お嬢様で、無茶苦茶人気があった女の子でした。


ヒロは顔が童顔可愛いくせに、おっぱいがやたらデカいので、そのギャップのエロさを狙って男どもが絶えませんでした。
でも、ヒロ自身は男遊びは嫌いみたいで、本当に真面目で一途な女の子だった。


ヒロとは違う大学だけど、僕とは付き合いが長いので、二人で遊ぶ事もあって、それを繰り返しているうちに付き合うようになりました。
最初は本当に信じられなくて、毎日「ホントに彼氏?」と聞いていました。
もちろんエッチもしましたが、ヒロは僕で二人目と言っていました。
エッチも数える位しかしていなくて、僕は遠慮して正常位しかしませんでした。

続きを読む

2013/02/25 (Mon)

が犯されるのを見てしまった」を書き込んだ者です。

あれから、仕事中などにも頭から離れず、考えを巡らせた結果、やはり大矢さんに話をつけた方がいいと考えました。
しかし問い詰めるにも証拠が無いことが気掛かりで、やはり映像なり音なりで現場が残っていないとこちらからも強く出られないのではないかというのが結論でした。

私自身、を信じていますから一度の過ちでを傷つけたくはないですし、本当には男を受け入れるようなことをするのかもう一度確かめたい気持ちもありました。
もしも万が一、もう一度があの男と関係することがあるとするなら、その現場を押さえられない方が問題だと思いました。

そのため私は賭けにでることにし、作戦を立てました。
その作戦とは家に大矢さんを招き、二人にしてしまうというものでした。

確かにリスクはあります。
しかしもしもがあの男と関係を持つ気なら、いずれ私の知らないところで遅かれ早かれ持ってしまうわけで、証拠を押さえるためにも、また、を信じてはっきりさせたいという思いもありました。

私はに、品物を頂いたお礼に大矢さん夫を招いて夕食を食べることを提案しました。おそらく結婚以来はじめてのこういった提案には明らかに動揺していましたが私はそのまま話を決め、もちろん奥さんではなくあの男の方に連絡しました。

続きを読む

2013/06/30 (Sun)

679名無しさん@そうだ選挙に行こう[sage]2010/07/11(日)21:28:12ID:WuUn2JpB0Be:
前にちょっと前に寝取られた過去を書いたものです。
その後の彼女と別れる原因になった時の事を書いたんですが、
また、三文エロ小説みたいになってしまった、しかも長いしorz
周りのやつに言えなくて、なんかずっと微妙な気持ちのままだったの話なので晒させてください

680679[sage]2010/07/11(日)21:37:07ID:WuUn2JpB0Be:
補足1
彼女は、決してケツの軽いタイプではありません。
ただ、小学生の時のトラウマで、強引にされると萎縮して相手の言いなりになってしまうのです。
それでも娘のことが出てくるまでは、二人の関係に特に問題はなかったです。
セックスに関しても、明るい私の変態プレイにもつきあってくれるいい娘でした。

681679[sage]2010/07/11(日)21:38:38ID:WuUn2JpB0Be:
補足2

続きを読む

このページのトップヘ