レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:パイパン





俺がを初めて犯した時、は高校2年生。
きっかけは、突然が俺の前をきわどい格好でうろつき始めた事だった。
それまでも偶然着替えを見てしまった事はあり、そんな時はラッキーと思ったりしていたが、この時のはまったく違っていた。

毎日のように目の前をが半裸でうろつくのだ。
それも明らかに俺を意識して。
ただでさえは胸が大きくムチッとした体をしているのに、夏に向って暑くなるにつれ、さらに露出は激しくなっていくのだから堪らない。



さすがにが注意したが、「は~い。」と生返事をするだけだった。
そして夏休みに入り、遂にあの夜を迎えた。

居間のソファでビールを飲みながらテレビを見ていると、風呂から上がったが俺の向かいに座った。続きを読む

私には30歳になるがいます。が24歳のときに出会い結婚しました。
は見た目は清楚で真面目な感じです。
身長は138cmと低めで、20歳を過ぎても未成年に良く間違われていました。
バストはC~Dの間くらいで適度に肉付きがよく、なかなか抱き応えのあるいやらしい体です。
性格は凄い気弱&恥ずかしがりやで人とまともに会話できず、M女気質で私に対しても従順です。
結婚してから常にパイパンにするように命じて、ノーマルSEXから始まり、バイブやロータ、カーセックス7具を使ったプレイ、ノーパンノーブラ羞恥露出、自宅やホテル以外の場所で(カーセックス公衆便所、夜の公園、人気のないビルの屋上や階段、カラオケBOXなど)とにかく私がその気になって人の目がなければどこでもパンティを 下ろさせてお尻をつきだ続きを読む





俺(タツオ)が25歳になった年、勤めている会社にマキちゃんっていう少しぽっちゃりして可愛い女の子が新入社員で入社した。
そして7月の半ば、会社のイベントに新入社員のマキちゃんも参加。
マキちゃんの胸は結構大きく、会社の男達も見とれていた。

そしてイベントの打ち上げの際、俺はマキちゃんにビールをお酌してもらったが、そのマキちゃんの可愛らしさに恋した。
その頃俺は、彼女だったサヤカと別れてフリーになっていたが、マキちゃんは彼氏居るんだろうな~と思ってた。
パーティーも終わり、俺は思い切ってマキちゃんをカラオケに誘ってみたら、マキちゃんは「うんいいよ。行こう」とすんなりOKしてくれたので、マキちゃんもいれて五人ほどでカラオケに行った。続きを読む





あれはまだ私が高校生の時でした。
部活は非常に充実していて楽しい日々を過ごしていたのですが、女子部員の中で結構かわいくて、学校でも人気のある子に告白されたんです。
うれしかったですね。

いちお私も多少はもてていたのですが、結局その子と付き合うことになってしまったんです。
その子は1コ年下の春奈と言って、なかなかの美人でした。
基本的に私が通っていた高校は大学までエスカレーターで進学できるため、みんな受験もないし、結構気楽に過ごしていて、高校最後の夏休みに夏祭りに行って、その日は友達の家に泊まりに行くとうそをついて、花火の後、私も花火を打ち上げたわけですが、春奈の処女をいただきました。続きを読む


膝を少し持ち上げると、『マン繰り返し』にし て、お尻の下に、枕を差し込んだのです。

これで、綾は、大きくを広げ、 腰を持ち上げるような姿になりました。

勿論、ワレメは自然と開き気味にな っていました。

僕もいつの間にか部長さんのすぐ横に移動していました。

「それじゃあ、調べさせてもらいましょうか?」

部長さんは、そう言うと、ワレメに指を差し入れて左右に広げました。

綾のオマンコは、綺麗なサーモンピンクでした。

綺麗なオマンコをしてるなー。

おっ、処女膜...、でも、切れてる よ...。

バージンじゃないよな。

でも、そんなに経験してないな...」

部長さんは、綾のオマンコを広げながら、僕らに説明して見せました。続きを読む

このページのトップヘ