レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:パジャマ

792 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/07/26(月) 15:36:05 ID:6q8yTsYr0 [1/6]
バイトの同僚で優希って子がいるんだけど、20歳で見た目はミヒマルGTの女の子に似ててとにかく可愛くてバイトのアイドル的存在で、当然俺も好意を持ってたんだよね今は彼氏がいないって事で皆密かに狙ってたんだけど、ある日バイト終わりに俺と優希と同僚の直哉と美樹で居酒屋で飲んでたんだ、美樹は優希と仲がよくてまあ普通の子直哉は元ヤンで見た目は相当イケメン、特定の彼女はいないけどバイトの女を食い散らかして男からは煙たがられてる存在、当然直哉は優希を狙ってるんだけど優希は相当堅い子らしくて直哉が口説いても全然相手にされてないみたいだった、その時も優希が直哉と二人だけだと絶対に飲みに行かないから、たまたま残ってた俺と美樹を誘ったらしい続きを読む



870と同僚sage04/07/3107:38ID:yeRY8Gp73週間ほどの海外出張から帰ってきた日のこと。
久しぶりに同僚と飲み、そのまま勢いで自宅に同僚も連れて帰った。
はいきなりの来客に驚いた様子だったが、嫌がるそぶりも見せずに応対した。
早速飲み直しとなったが、いかんせん出張の疲れのせいか、1時間ほどで私がダウンしてしまった。
ふと目を覚ますと、ベッドの上だった。
どうやらと同僚が運んでくれたらしい。
隣を見るとまだの姿はない。
まだリビングで飲んでいるのだろうか?のそのそと起き上がり、リビングに下りていく。
階段の途中で、の声が聞こえた。続きを読む

夕方の満員電車でを見かけた。
時間的には、の定時よりも1時間以上早い時間だ。
早退したのだろうか。
あれ?と思うと同時に、の背中に男がピッタリとくっついているのを見た。
痴漢か?!驚いたが、すぐに近寄れるような混み様ではない。
10メートルほど離れているの方に少しずつ近寄って行こうとしても、なかなかそうは行かない。
しかもこの騒音の中だ。
かなり大きな声を出さないと聞こえるわけもないから、痴漢と分かったわけでもないのに大きな声を出すわけにもいかぬ。
心配と怒りの混じった感情を持て余しつつ、どうしようもない状況を次の駅までは見ているしかなかった。
男の顔には、見覚えがあるような気もした。続きを読む



僕には年の2つ離れたがいます。
この話は、今から5年前の僕が15歳、が17歳の時の話です。
僕のは、正直並のアイドルよりも断然可愛いです。
美人というより可愛い系、顔は皆藤愛子似で背は151cmと小さく、おっとりした性格です。
童顔のくせにスタイルはバツグンで、かなりエロくびれを持っていて、それでいてバスト84のEカップでした。
(当時)とは仲がよく、色々話をしている感じだと、クラスでもそうとうモテたようで、告白ナンパはしょっちゅうだったそうです。
僕はが好きでした。
女として、顔も体も性格も全てが理想でした。
僕は14歳くらいから性に目覚め、の脱いだ未洗濯のブラやパンティの匂いを嗅いだり舐めたりしながらオナニーする事を覚えていました。続きを読む



(長い体験談です。
全体を100とすると、話の最初から20くらいは導入部分で、次の40くらいは陰惨な感じの話です。
次の20はほのぼのとした感じですが、最後の20はサドっけの強い話です。
)この前の週末、彼女が泊まりに来ました。
一緒にシャワーを浴びて、そのままベッドへ。
肉体的な関係をもってからまだ半年と少しですが、だいぶ彼女の体もほぐれており少し無理をしても平気です。
最近は彼女の方から求めてくることも多く、私の方ばっかりイカされて、虐められることもあります。
私のほうがかなり年上なのですが、セックスでは向こうのほうが主導権を握ることも時々あります。
でもそういうのも私は好きです。続きを読む

このページのトップヘ