レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:パンスト



夫はに大変な思いをして子供を産んでもらう。だから性交時にはには大サービスをして喜んで貰わなければならない。20分ぐらいの適当な前戯のあと陰茎を挿入して自分が気持ちの良いピストンの後勝手に射精して後戯もしないのは本質的に強姦魔と変わりが無い。の髪をなでながらディープキスをするところから性交は始まっている。全身の性感帯を40分はかけて舐めたい。それからクンニだ。陰茎挿入バイブでも出来るがクンニは夫にしか出来ない。に徹底的にテクニックを仕込まれてきたので女性器に吸い付いた女を逃がした事はない。自分でショーツも脱げない恥ずかしがり屋のクンニが大好きなくせに恥ずかしがって抵抗するのが可愛い続きを読む





息子が大学を無事卒業出来たのでにパートを止めさせようとした矢先でした、四月の初めでした、勤め先のドラッグストアで花見があると言うので帰りは遅くなりますのメールが来ました。
この花見が元で大変な事が夫婦間に起りました。
は酒はほとんど飲めず宴席に出ても最初の乾杯でビールをコップ一杯がやっとです。

ですので酔って間違いを起こす事など心配はしていませんでしたが、その日に限って深夜11時を過ぎても帰らず、メールをするも返信が電話するのも大人気無く思い、もう寝る事にしました。
気になっていたのか普段より早く目覚め、隣を見るとは帰っていませんでした時間は5時半です。
その日の9時頃でした、ドアがカチャと開きが帰って来ました。続きを読む

 私は、32歳の専業主婦やっている人妻です。先日、旦那の遊び友達でアダルトショップ経営してる菅さんが来ました。来た理由が、旦那がパンチンコとマアジャンで借りた三百万の回収の話で、私はびっくりして旦那に聞くと三ヶ月前にリストラに合ったことを言えず

 給料をかけ事で工面していたが、初めは良かったみたいで、段段負ける様になり菅さんに泣きついて立て替えてもらって遠方の出稼ぎになりますが、就職まで世話になるはめになったことを聞かされた。
 お金の返済は、条件として毎月十万円払うことと私が元事務職の仕事していたこと聞いた菅さんが、バイトでいいからアダルトショップの事務をしてくれのことです。旦那と私は、家のローンが、毎月十万円もあるし小学二年の娘のこともあり
続きを読む



Kはお嬢様育ちです。結婚するまで処女だったそうです。というよりセックスは不潔なものだと信じていたらしいのです。
今どきそんな女いるのか、という感じですが、本当ですから仕方ありません。
結婚前はかなりもてたようで、(写真をみたことありますがアイドル並です)言い寄る男はたくさんいたようですが、それがうるさいとも思いさっさと見合いで結婚したのです。
そういうKも35歳を過ぎ、子供もあまり手がかからなくなると月並みですが女として老いていく自分を振り返るようになりました。
どこにでも腰の軽い女はいるもので、義理のにネットナンパを教えられスリルを楽しむようになりました。
そこでおもしろそうな男、そうです私にひっかかったのです。続きを読む





輪姦ではないのですが、それに近い経験はあります。
昭六の時に仲の良かった男の子たち4人と輪姦もどきなことをしてました。
きっかけは4人のうち一人の家で遊んでいたときに突然「おっぱいみたい」と言われたことでした。

私はそれまであまり異性であることを意識してなかったので結構驚いたのですが、4人は違ったようで前々から話し合っていたかは分かりませんが結束して嘆願してきました。
「無いよ。」と答えたのですが彼らはそれでもと頼んでくるので「まあいいか」と思って見せてあげました。



4人して「おおー。」とか「ありがとう。」と言ってまじまじと少ししかないおっぱいをみてました。

満足したかなあとか思ってると彼らのうちの一人が触ってきて、他の3人もそれに続きました。続きを読む

このページのトップヘ