レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:パンティ



学校行事以外の日は、体育着での通学・授業を許可されていて学生服を着ている生徒は、ほとんどいない状態だった。佐智子も例外ではなく体育着で学校生活を送っていたが、その体育着から突き出た胸は体育の授業で使うハンドボール位の大きさがあり、体育(男女一緒)でハンドボールを行う際に佐智子がボールを手にすると男子からクスクスと笑いが漏れ出し、まるでハンドボールが3つあるような感じになり運動神経の良い佐智子だから動きも俊敏でそれに合わせて胸の揺れ具合も比例している。

俺のクラスにチビまる子ちゃんに出てくるヤマダを少し不良にしたようなテツって奴がいる。コイツとも小学校の時からの友達だが、中学に入ると2コ上の田舎では、どうしようもない不良達の子分になり、しかも前からエロい奴で1年の時から、女子のスカート捲続きを読む



チーム監督の立場…教え子の… そして近くの人妻と極めてリスクの高い禁断の領域でマズイと思いながらも、彼女が頭から放れず、どんどん引かれ想いは深まってしまい、もう気持ちを止められず先日お母さん達との飲み会で参加した時に私はお酒が飲めなかったので車で行き、彼女を含む数人のお母さんを車に乗せて帰りました。

業と遠回りして彼女を最後に… 二人だけになった時に話が有ると人気の無い公園横に車を停めて彼女に気持ちを告白しました。 彼女は「嬉しいけどお互いに結婚して子供も居るし監督の奥さんも娘さんも知ってるから…」 私は気持ちが収まらず彼女に抱き付きキスすると「監督イヤ!監督ダメですって!」と抵抗しましたが彼女の力からすると、たいした抵抗では無かったと思います。続きを読む



先日弟の、佳奈が来た。

お袋の着物をやるからと以前から話してた着物を受け取りに実家に一人で来ていた。弟のはまだ22歳。弟は末っ子で31歳。

8才も年下の若いを貰って羨ましいと以前から思っていた。ちなみに俺はもう46歳になる…。弟のは、清純を絵に描いたような女で地元女子高を卒業してそのまま農協に勤めていた女だから純粋と言うか世間知らずで人を疑う事を知らない本当に可愛い女だった。

こういう女を奴隷にしたらいいだろうなぁ…そう思いながら下半身を勃起させていた。佳奈は着物の他に漬け物や毛布など色んなものをたくさん持たせてしまいとても持って帰れる量じゃなくなったので俺は自分のおふくろとに言って、ここから町まで30分ほどかかる町まで車で送っていくことにした。続きを読む



僕は40代後半、コンピュータ関連企業に勤める者です。前のことですが、ある人妻との体験をお話しします。優美は30代後半の人妻で、他社との合同プロジェクトで知り合い、一緒に組んで出歩くようになり、個人的な話もよくするようになった。旦那とは結婚してすぐに夜の夫婦生活がなくなり、旦那の帰りが遅くなり、今では名ばかりの夫婦であるとのことである。

僕もとの相性が悪く、寂しさもあり優美に惹かれていった。帰りの方向が一緒であり、帰りの電車を二人で途中下車し、人気のない遊歩道を散歩しながらそんな愚痴などを聞いているうちに、自然と肩を抱き、唇を重ねていた。プロジェクトが終了した後も、時々待ち合わせてホテルに行っていた。続きを読む



私は32歳になる美咲と言います。
長く主人とは別居状態が続いていました。
そんなとき、が使ったことがあるという出会い系サイトを利用して知り合った、大学1年生の男の子とメール交換を始めました。

最初は堅苦しいことしか書けませんでしたが、少しずつ馴れてきて色々な話をするようになり、少しエッチな話をしたり主人の愚痴を話したりしました。
そんなメール交換が1ヶ月続いた頃、彼から会いたいと言うメールが来ました。
私は戸惑っていましたが主人がすでに他の女と同棲をしている話を聞き、私はメールの相手である大学生の男の子と会うことを決断しました。

彼の名前は圭太君と言い、まだ19歳なので少し安心感があったからです。続きを読む

このページのトップヘ