レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:パンティ

屈辱的な長期契約

私は、夫が寝たきりになり、生活苦から、スーパーでパートをしている小柄でふっくらしているから、年のわりには若く見られますが・・52歳のおばさんです。
でも、レジ打ちが遅くて倉庫に配置換えに成り、そこでも出庫伝票を間違えるという大失態。その日、お店が終わって店長室に呼ばれ「解雇」を宣告されました。
必死にお願いをしたところ若い店長さんは「方法がないわけではないんですけどねぇ」と私の手を握りました。




店長は私を自分の太股に乗せ、肩を抱き寄せ「嫌なら無理にとは言いませんからね」
…ようするに体を投げ出せと…
そして、夫の入院費の為に申し込んだ社内貸し付けにも触れ、個人的と、白い封筒を私の手に握らせ「嫌なら立ち去って貰って結構ですよ」
続きを読む

女子高生レズ対決の末に

きっかけ 
赤い光の中……
現像液にまみれ醜悪でいやらしい怪物が浮かび上がりました。
最初これが自分の身体の一部と思えず小さな叫び声を上げてしまいました。
自分の身体から切り離された写真の中に息づくこの淫靡な生物……。
手早くドライヤーを当てて生乾きのまま裁ちばさみでバラバラにし、ネガも細かく裁断しました。帰る道すがら焼却炉へ投げ込んで逃げるようにそこを離れました。
私は彩。彩という時は父が付けました。17才の高校生です。




父がカメラマンだったこともあり、写真が大好きな私は高校入学と同時に写真部へ入部しました。たった一人の女子部員でした。

先日進級に伴い、前の部長が私にその役を引き継いで卒業してゆきました。続きを読む

電車の中で義父の指が私の股間に…

私は25才で、結婚2年目の主婦です。
 義父は現在、定年を二年後に控え一人暮らしをされています。その義父から連絡があり、出張の帰りに一泊されることになりました。そしてその日、義父に買い物に誘われました。
「玲子さん、ちょっと買い物があるんだけど、付き合ってくれないかなあ。一人じゃ不案内で一緒だと心強いから」「いいですよ。着替えてきますね」 私は寝室に行き、軽くメイクをしてスーツに着替えました。




ウエストが細く絞ってあり、スカートはミニで、膝上十センチ近くあります。
義父さん、お待たせしました」
 私はデートを楽しむかのように微笑みました。続きを読む

浮気相手に電車の中で中出しされました

それは3年前の塾のバイトをしていた、結婚して1年目の夏で、私は29歳でした。
塾の高橋先生(24歳) の家で夫に内緒で2回の中だしをされて・・・・
でもそれは、夫が言った事が発端でした。
「少し倦怠期かな。誰かとちょっと遊んでさ、お互い報告会しようよ。」
昨日の夕方の事です・・・・
「ゆかりさん、今度の件で打ち合わせしましょう。」
彼は同僚の前でそう言って私を一番奥の会議室に連れ出しました。




先生3人に1人のバイトの娘が付いて生徒の面倒を見ていたので、先生と一緒に教室へ移動する事も有り、打ち合わせをよくしました。

先に会議室に入った私を、彼は後ろから抱きしめながら、Dカップの胸を下からすくい上げるように揉み耳たぶを甘く噛んで横向きにディー続きを読む

夫の留守に、夫の上司に逝かされちゃったの

28歳の人妻です。 主人の上司挿入され、その動画まで撮られてしまいました。
先日、主人の長期出張中に、突然、上司の児島さんが自宅へ来ました。 急ぎの書類を取りに来たとのこと。主人の留守中に部屋に入れるのは…と思い『どこにあるのかを主人に電話で確認します』と言うと、もう連絡済みで、場所も聞いた、と。




とにかく急いでいるとのことでしたし、児島さんとは数回お会いしたこともあるので ためらいながらも主人の書斎へ案内してしまいました。

しばらくは書類を探しているフリをしていましたが、 児島さんは私の身体をいやらしい目つきでジロジロ見つめ、こう言いました…。続きを読む

このページのトップヘ