レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:フェラ

22日の夜の話。
割と仲の良い今年社会人1年目の部下の女の子が完全に酔っ払ってしまい帰り道の途中でゲロを吐いた。
その子は名前は仮にU子としておくけど、23歳、巨乳、可愛いというより隙のない美人というタイプの近年の就職難を実感させられるような新人で、仕事も覚えが早く根性があってオラオラオラオラオラァ!って感じで仕事こなす、俺から見ると「最近の子は皆こうなのかねえ。」って感じの優秀な子で。
俺がやってる部門は常に社員足らずの派遣のおっさんの多い職場だから見た目云々よりも本当に忙しくてだから日頃は厳しく接してるけど割と仕事的にガツガツと付いて来る子で、割と無碍にできない戦力にこの1年で育ってくれた貴重な貴重な人材なのね。続きを読む

1ヶ月前から今の会社に派遣で入った27才です。歓迎会とかしてくれて良い職場って思ってたんです。まぁ今思えばその飲みの席でも「好みだから採用した」みたいな話されたりしてたんですけど..。
その上司の視線が、なーんか重たいと最近思ってたんです。40才位だと思うのですが、ふつーにかっこ良くて清潔な感じの人で、イヤな印象はなかったので、まーいいや、くらいにしか考えていませんでした。
ところが昨日、少し遅くまで残っていて、他にも何人かいたんですけど私はもう帰ろうと、応接を片付けていた時の事です。応接は少し離れたところにあって、もうしんとなっていました。足音が聞こえ、その上司がやってきて「もう続きを読む

不謹慎承知で投稿させて頂きます。
その日は某中学校の卒業式だったらしく、夕方立ち寄ったコンビニには、卒業生と思われるJCが数人いました。
程度の低い学校なのか…"おめかし"した可愛いJCばかりでした。
しかも、制服のスカートがかなり短いんですっ!つい、ベタなAVを連想してしまいました。
「あ~もう少しでパンツ見える…もう少し…もう少し…」コンビニの外でたむろってるJCを、車内からガン見していました。
 正直いって、私は異常者だと思います。
もう頭の中は「あのJCとヤリたい」としか思い浮かばなくなっていました。
例え、無理矢理でも。
そのうち、チャリ組と歩き組が別れて「じゃあ、20:00?21:00?」などと、その日の夜の待ち合わせ時間を確認しながら帰宅しはじめました。続きを読む

僕がまだ小さい頃に親が離婚して分かればなれになった母親がいます。
ずっと会ったことなかった(父親に会うことを禁じられてたらしい)のですが20になった僕に父親から呑みに誘われ約束の場所に行くと父親が先にいて隣に若い女性(といっても38)が座ってました。
誰だろと思いながら
「ごめん遅くなって」
と父親に声かけ着席すると
父親から隣の女性を紹介されました。
「お前のお母さんだ」と
はと理解できずに
「再婚するの」
と問うと
「いや、お前の実のお母さんだ」とかえってきました。
もう少し老けたオバサンならのみ込めたかもしれませんが、全然続きを読む

大学の頃、サークルの先輩の部屋に泊まった。
飲み会の帰りに仲の良かったメンバーで先輩んちで二次会。
俺と、後に俺のとなる香奈、あと友人とその彼女
最初は5人だったんだけど、友人と彼女は帰っちゃった。
二人は比較的近くのアパートで同棲していたので歩いて帰ったが、俺と香奈は電車がなくなったので、先輩んちに泊まっていく事になったんだ。
この時、友人に「うちに泊っていけよ」と言われたけど、酒が入ってもう歩くのダルかったし、愛の巣の邪魔するのも何だし、このまま香奈と先輩の部屋に残る事にしたんた。
ちなみに俺も香奈は同い年で、まだこの時はただのサークルの仲間。
当時、香奈はまだ処女だったんだよね。続きを読む

このページのトップヘ