レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:マッサージ

先で痴女になる私

私って、二重人格…。
日頃のストレス解消のため、温泉地や観光地に一人するのが趣味。
ただ、TEL予約だと、なかなか、女性一人では予約拒否される。
あれって、なんでなんだろう。(まっ、いいけど)
夜は、決まって宿泊先にある、バーやラウンジでおいしいカクテルを頂くの。
それも、温泉地であれば、浴衣ノーブラ。シティーほてるであれば、胸の谷間が強調できるものを着て。たいがい、男性が声をかけてきてくれる。




「お一人ですか?」とか「よかったら、一緒に飲みません」とか職場では見せないような笑顔を作りながら一緒に飲む。ここからが、私の奥底にいる、もう一人の自分がしゃしゃり出てくる。続きを読む

サッカー中継中に新寝取ってゴール

つい今まで俺の下に居た亜弥が、肉体を震わせ快楽の余韻に浸っている。
目を閉じ、襲ってくる絶頂の余韻に何度も何度も身体を痙攣させている。
後半試合開始から、俺は日本代表の動きに一喜一憂しながら亜弥を責めていた
からだ。
最後の20分くらいはずっと亜弥の中に居続けていた。
亜弥を責めながらも、心は日本戦に向いている為中々俺がイかない為だ。
その上、日本が攻撃中は俺も興奮して腰の動きを早め・攻められると動きが遅くなる為、
亜弥には快楽と焦らしが不定期に訪れイクにイけない状況での20分だった。




「あぁ・・・お願いっイかせて!イかせて!」
続きを読む

淫乱になっても美しい彼女

都会の喧騒が嘘のような静けさに、時折、蝉の声が染みていた。
案内された回廊のある和室には、片足を上げた状態で鴨居から吊るされて、浴衣が肌蹴た半裸の女がいた。
それを2台のビデオカメラで撮影するスタッフがいた。
年の頃なら40歳くらいだろうか、憂いのある表情をした長い髪の美しい女だったが、どこか懐かしい顔立ちをしていた。
「どれ、ご開帳といくか・・・」
茶色の浴衣を着た初老の男が、女の開いた股ぐらの陰毛の下に覗く陰唇を広げると、桜色の柔肉が露になり、女はその美しい顔を羞恥に染めた。
男が女の淫核をこねだすと、女は口を真一文字にギュッと閉じて快感に耐えようと努力している様子が窺がえた。続きを読む

とセールスマン

昭和の一時期を境にしてP化粧品の「男性セールスマン」が激減した理由は、顧客との性的不祥事が多発したせいかも知れない。

日常的に人妻と接する化粧品セールスの中には、常習的に「奥様」を誘惑する男も居た。
そして、拙宅に出入りしていた美容セールスも好色な男だった・・!!その頃の「男性美容セールスマン」は、奥様相手なだけに礼儀正しくて、容姿が整った男が多かった。

そして、彼らは女の扱いに慣れていた。
家に出入りしていた池谷という名の美容セールスは体格の良い美男で、はその男に好意を感じていた。

池谷はまだ若くて、三十路半ばの年齢。
年が離れた二人に「怪しい雰囲気」が漂い始めたのは、池谷が家に来てから数ヶ月後の事だった。続きを読む





誕生日の関係で従になるのですが、そうですね.........。
お互いに結婚してるのですが、なんでしょう............好き嫌いでなく、お互いの悩みや将来の夢などを語り合う事が何度もあり、挫けそうになった時、体を合わせあう関係を6年も続けてきました。
生理前は中出し

なんか恋人同士のよう。
たまたまオレのが子供を連れて5日間実家に帰り、従が家に来た。
まるで新婚夫婦の様に、食事を作る彼女の背後に迫って息を吹きかけ、秘部に右手を.........。



小声で色気のある声が.........その後、Tバックを横にずらし、オレの唸ったペニスを突き刺す。
声が次第に大きくなり、は昇天。続きを読む

このページのトップヘ