レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ミニスカ

私の彼氏は、優しいし嫌いなところはほとんどないんですが、
強いて言うと変な性癖を持っています。彼女が誰かとエッチしているのを
想像しながら人でするのが好きみたいで、付き合って年経った時に
カミングアウトされました。別に改まって言わなくても…と
思いましたが、その時は軽く「へ」と聞き流してました。
…ところがそれからしばらくしても、エッチの度に
「俺以外の男としてみたいとか思わないの」と聞いてきたり、
続きを読む

私は45歳。
一昨年、再婚したが病気で無くなった。
私の元に13歳の連れ子、麻衣が残された。
他に身よりも無く、養子縁組もしていたので追い出すわけにも行かなかった。
無くなったに似て可愛らしい娘だ。
麻衣が14歳になった頃、この娘を女と見るようになってしまった。
麻衣が14歳の夏の夜の事だ。
仕事から帰ると麻衣がソファーで居眠りしていた。
キャミソールにミニスカート姿から足が腿まで露に・・・私は欲情を抑えて風呂に入り、気分の落ち着かせた。
風呂から上がりビールを飲みながら麻衣の足を眺めた。
麻衣が寝返りをうつ。
と、足が少し開き薄いブルーのパンティーが見えた。
近くに寄りミニスカートの中を覗き込む。続きを読む



僕が小学校5年のときの話。
クラスメイトに柔道をやってる女の子・・・まなみがいた。
顔は普通かちょっとだけ普通より可愛いくらいで体格も決して大きくもなく、ちょっと活発なだけの普通の女の子って感じ。
ときどき話すくらいだが、なんとなく気になっていた女の子だった。
で、その頃はドッジボールとかほとんどの遊びは男子と女子に分かれて対抗戦でやっていた。
ある日、「けいどろ」っていう集団鬼ごっこ(詳細はググってくれ)をしたとき、男子は泥棒、女子が警察だった。
僕は女子数人に校庭の隅に追い詰められたが、女子の「陣地」にまで連れて行かれなければセーフなので、つかまえようとする女子から逃げ回ったり手を振り払ったりして余裕をかましていた。続きを読む

中2の尚子を調教中。
尚子は去年の夏、塾に入ってきた。
制服を着た尚子はとても可愛いと思った。
ただ、成績はあまり良くなかった。
っというか頭は良くない。
そこで、マンツーマンの指導ということで時間外に指導してやることに。
最初はまじめに数学等、指導していたのだけど、尚子をみる度に、もんもんとしていた気持ちが堰を切ってその日の補習中におそってしまった。
それまで、尚子が問題をまちがったり、変なことを言う度に頭をはたいたりしていた。。
その日も2学期の中間試験の試験中で、同じような態度で(性的興奮を感じつつ・・・)接していた。
そうすると「いつも言うんだけど?、それって虐待だよ。」って言ってきた。続きを読む



「おはよう、匠巳。よく眠れた?」 ツインの宿の一室で目を覚ました匠巳は、澄んだ優しい声が頭の中に染み渡っていくのを心地良く感じていた。
窓際のベッドで、りさが朝日を背に微笑んでいた。
さわやかな、よく晴れた朝だった。
「うん、おはよう」 匠巳はそう言って、体を起こした。
りさは、パジャマ代わりの白いシャツの格好で座っていた。
うーん、と声を上げて、猫のようにひとつ伸びをする。
すでに、きちんと整えてあったりさの長い黒髪が、さらさらと美しく流れた。
 匠巳は顔を洗いに行く途中、ふと、りさを振り返った。
瞳が合った。
りさは、ごく自然に、にっこりと笑った。
まさに天使のような、罪のない笑顔だ、そう感じた。-----続きを読む

このページのトップヘ