レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:モデル



カップルと呼ぶには早すぎる少女達を・・・6 投稿者:じんかた つやし 投稿日:12月21日(木)7時32分12秒削除僕は一旦ゲームコーナから離れて、ぶらぶらとタバコを吸いながら歩いています。
僕の目の前に、15分間100円で遊ぶ事のできる「空気圧で膨らんで遊べる、トランポリン」が、姿を現しました・・・。
高校生になってからの僕と0本は、さすがにこの中で遊ぶのは恥ずかしいので、しばらく入っていません。
記憶では、確かその日のトランポリンは、怪の形をしていたと思います・・・。
(以下、回想・・・。
)開校記念日の日によほど良い思いができたせいか、その後しばらく経って、0本と一緒にここにくるまでに、何度か「声掛け痴漢」に成功したのだが、それについて俺自身あまり覚えていなかった。続きを読む



工場の仕事を終え、帰宅する駅の階段を下りた私は、いつもの様に「モンブラン」
と書かれた喫茶店に入った。
そこに勤める玲子と、その彼女を目当てに入る客たちを見るためだ。

大学生の玲子は、肩まである栗毛色がかった髪を横にピンで留め、愛くるしい笑顔を
振りまいている。

その美しさは、モデルになれるほど際立っていた。最近のテレビに出てくるタレント
などより美しい。
他の客との会話から、実家は静岡で、東京の大学に通うためアパートに一人住まいを
していることが分かった。

一時間ほど店にいた私は、アパートに帰ると風呂の用意をして銭へ行った。
帰りにラーメン屋でビールを飲み食事をし、アパートへ帰る途中、前を歩く見覚えの続きを読む



高校時代、同級生に真希という女がいた。父親がある大手企業の社長で俺
の学年の中ではボス的な存在であった。学力、運動等何をやらせても学年の
トップである。おまけに容姿も抜群で、モデル並みの体である。170cm
代の長身豊満な乳、くびれた腰、大きく引き締まった、きりっとした鋭
い目と妖艶な唇。ただ、人間性に問題があった。

 ある日俺は教室に入ろうとすると教室を出ようとする真希と正面からぶつ
かった。
 「痛いわね、謝りなさいよブ男!」
 「すいません…」
 ちょうど俺の顔が真希の胸に埋まるようにぶつかり、俺はにやけてしまっ
た。

 「あんたわざとぶつかったの!?汚い!ねずみの方がましね!」続きを読む



泣きべそをかいた智美と呆然とする亜矢を事務所前に残して、事情説明のため入った俺に係員が落し物で届けられたキーを渡してくれた。
 このアクシデントも何かの機会に使えるはずだ、着替えて車におさまった智美にさっそく貸し1点を伝えた。 
「智ちゃん何でもおじさんに任せるんだ、ちゃんと二万円払って置いたからね、その事はまた後の話だ心配ないんだよ」
 涙と鼻水でグショグショの智美の顔がすこし和らぐ、亜矢もホッとして彼女の肩に手を置いて親友を思いやった
。撮影現場は以前使った山あいの資材置き場だ(絶頂実験4年生のはずが)20分も走れば到着出来る距離だった。

 ベッドのある奥の部屋で、用意してあった替えのパンツと白の短パンにタンクトップを揃え、まず智美を呼び込んだ。続きを読む



 亜矢さえ黙っていたらお母さんに判らないこと、可愛い亜矢にも責任があるとか、お肌が綺麗になるためなど、様々な御託を並べ納得させたのだ。
 亜矢の小さなをかかえこみ、パックリ開いてあらわになったクリトリス包皮に先走り汁を滲ませた亀頭をこすり付けた、
快感での穴がキュッと引き絞られる。
 亜矢も自分のこすられているワレメを覗きこみ、小学4年生が経験することは無いであろうクリトリスに猛ったちんぽがこすり付けられる初めての光景と、その行為が生み出す刺激をうけ異常な興奮で両モモがピクピク震えた。

「はあ~ぁ はっはぁはっ おじちゃ~ん変な気持ち~ぃ」
綺麗になるぞ、素晴らしいモデルになるよ」続きを読む

このページのトップヘ