レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ヨダレ

俺達に拉致られ車の中で縛られたまま犯された良子はもう抵抗することなくハダカでグッタリしていた。
その良子のハダカをカメラに撮りまくりながら写真がイヤならフェラをするよう命令した。
そんな経験がない良子はうつむいてイヤイヤと首を振り無言のままで何とか許してくれることを待っていたが、そんな良子にダチがイラつき、いきなり良子の髪を掴み強引に前へ引きずりだし床の上に座らせ「サッサとしねーか!帰りたいんだろ!」「写真返して欲しいんだろ」とダチは大声で脅しながら掴んだ髪を力任せに持ち上げさっき放出したばかりでまだ半勃ちのモノを良子の顔にペタペタと叩いて早く口を開けるように催促した。
良子は髪を引っ張られる痛みと恐怖で泣きながら目を閉じゆっくりと口を開けた。続きを読む

最近起きた、出来事を書きたいと思います。
私45歳、42歳は子育ても終わり、この時期になると山に山菜採りに出かけます。
初めは、休日に暇を持て余し、家でゴロゴロしていたんですが、TVを見て 山菜採りに出かけてみる事にしたんです。
始めてみると結構面白く、共々ハマってしまいました。
我が家から車で20分位走った山道に車を止め、田んぼ道を進むと草木の多い茂った所に 山菜は生えていました。
私とはいつもの様に、2手に分かれ山菜を採り始めました。
夢中で採り続け、ふと気づけば2時間が過ぎようとしていて、私はと合流しようと辺りを探したんですが 見当たりませんでした。
この辺の山は2人共良く把握しているので、迷う事は無いと思ったんですが、 心配になり、色々探して歩きました。続きを読む



508名前:ポチ◆WARsTxlfPE投稿日:03/03/0420:40ID:yjfNgGVx
僕は由香と付き合うまでは童貞、由香も僕が初めての男性でした。
初体験は付き合いだして1ヶ月半位、お互いが初めて同士もあり大変でした。
半同棲生活が始まり学校でもイチャイチャ、夜も毎日の様に求め合うという感じでした。
入学後3ヶ月が過ぎると、もうすぐ夏休み。
僕と由香は「夏休みに何処へ行くか」で毎日盛り上がってました。
そんな幸せな日々は永くは続きませんでした。
忘れもしない7月10日、悪夢の日はやってきたのです。
その日は由香の方から外食したいと言ってきました。
2人とも学生でバイトはしていません。続きを読む



前回からの続きです。
タックルーーー!!!トモを受け止め、そのままソファに倒れ込む。
トモの膝が思いっきりオレのアバラに入った。
オェッ!もう、グチャグチャ。
もつれ合いながら、ソファの上で二人で絡み合っている。
トモは泣きながら何か叫んでたけど、何を言っているか分からない。
ちょっと待てって! 落ち着け!トモは力まかせにオレを押したり引いたりして、もう何をしているのか理解できない。
オレもトモから喰らったアバラの痛みにムカついて、大人気なくトモを押し倒す。
偶然、トモの肩をつかんだ時、キャミソールの肩紐が指に引っかかり、キャミソールがズリ落ちた。
オレ、トモにマウントポジション。続きを読む



俺はの秘部にグリグリと亀頭を押し付けながら、目があったに 「おっ、おっ、おあよう、ォエイチャン」 と目覚めの挨拶をした。
俺は上手く発声出来ずに池沼みたいになってるが、訳いるか? 目を覚ますと、いきなり弟の顔が目の前にある。
寝起きであっても、すぐにその状況が異常だとわかったようだ。
は 「わぁっ!!」 と驚きの声を上げ、のしかかる俺を跳ね除けた。
突然のの跳ね除けに、俺はソファの横に転げ落ちた。
「ちょっ!ちょっと何!?」 目を丸くしたが、上半身を跳ね起こし、俺を見た。
「○○ちゃん、どうしたん!?」 まさか襲い掛かられていたなどと思いもしなかったのだろう。続きを読む

このページのトップヘ