レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ランジェリー



「ああっ! 分かりました! お願い! 許してください」
「よーし、分かればいいんだ。じゃあ、お前の性感帯を教えてもらおうか。どこが一番感じる?」
「そ・・・そ、ん、な・・・」
 彼女は、すすり泣きはじめた。
「じゃあ、聞くけど、このデジカメの中に入ってる写真は何なんだよ? 随分、エロいことしてるけど、自分で写真撮って興奮してたんじゃないのか? 特に、この赤いボンデージは凄いな。これ、どこにあるんだ?」
 デジカメの写真に触れられると、彼女は、見ていて面白いほど動揺した。顔だけでなく、全身が赤く染まってしまったのだ。俺は立ち上がり、バスルームにある脱衣カゴの中から、例のボンデージを取り出した。続きを読む



俺は三十路でちょっとやせ型。
特別イケメンでもブサメンでもないフツメンだとおもう。
昔のサッカー日本代表の川口に似てると言われたことがある。

スポーツはさっぱりできないけど。
そんで俺の20代後半。
俺より年下でちょっとぽっちゃり

誰に似てるとか難しいな。
たぶん町で見かけても素通りしてしまうぐらいの普通の見た目じゃないかな。
胸は貧乳(たしかBカップ)けどバックからする時のの形が最高。

そんなお互い地味な夫婦なんですけど馴れ初めは幼なじみとの結婚とは小中高ずっと同じで、でも中学までは「顔は見たことある」程度でしかなかった。
仲良くなったきっかけは高校の文化祭で生徒会やってた友達の手伝いをしてたら、同じように手伝いに来たと知り合って一緒に働いてるうちに仲良くなってそのう続きを読む



大学生の時、ワンルームマンションに住んでいた。
そして、住み始めてわかったことだが、隣人がヤクザの愛人をしているらしい30歳ぐらいの若熟女だった。
その若熟女の部屋にパパがやってくる日は、おれの部屋から3つも離れているその部屋からとんでもなく大きい悲鳴のような喘ぎ声が聞こえてくる。

あの若熟女痴女淫乱なのか?それともヤクザのテクニックが凄いのか?おれも若かったので、すごいセクロスしてるなーと思って悶々としてた。
男が来る時間もバラバラで、夜も昼もお構いなし。
よくマンションの横の小さな公園でお母さんと子供が遊んでいたんだけど、その悲鳴が聞こえてきてお母さんが子供を連れて帰った行くのを見たこともあるくらい。続きを読む



うちの両親は私が中1の時に離婚。
父に私はついていき、中3の時、再婚しました。
父の再婚相手、私にとって義母になる女性はバツイチで息があったらしく出会って一ヶ月で電撃結婚。

親父!良い女性と再婚出来てよかったな!と思いながら平穏な毎日を過ごしていました。
しかし、ある日、学校の友だちから借りたエロDVDをベッドに隠して、出かけました。
そして、帰宅すると隠してあったエロDVDが机の上においてあったのです。

そしてそのエロDVDの内容が若妻熟女ものなんで超気まずいwwしかし、当時の俺はやりたい盛り!そんな気まずさなんかすぐ忘れて、その夜、みんな寝静まった頃、借りたDVDを見ようとすると、部屋の扉をノックする音が聞こえてきました。続きを読む



父親の話では、何店舗かある会社の経理で雇って知り合い、「面接採用の時から一目惚れした」と、説明を受けました。
まあ、私も中学、高校で女性には興味があり、女好きなところは父親譲りだったんでしょうね。
その女性は髪の毛が肩より少し長めでスレンダーな色気のある(どことなく男好きする身体?)でした。

朝起きると、いつも化粧をキチンとしていて、スカートにストッキングを履いているような姿で、毎朝起こしに来てくれていました。
たまに寝相が悪く布団が無くて、トランクスがこれでもか!ってくらいテントを張っている時でも何も見ていないフリして満面の笑顔で起こしてくれました。
仕事が遅い親父との夫婦生活は、主に夜中と午前中・・・。続きを読む

このページのトップヘ