レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:レイプ体験談

前回の話はコチラ⇒

『いや!弟には見せないで!』

カワイイねぇ…奈津美ちゃん?』

『せっかくの綺麗な身体、俺達に見せといて弟には駄目ってのは可哀相でしょ…』

こいつらは最低の奴らだ!

そう思った所で、もうどうにもなりません。

僕はタオルの下からこもった叫び声をあげていました。

『心配すんな…まだ何もしてねえよ』

『ま、これからヤラシイ事、いっぱいしてあげちゃうけどな!』

貴がイキまくる姿、見せてやるよ!』

木下が鞄の中に手を突っ込み、何かを取り出しました。

それはボディーソープに似た、ポンプ式の容器でした。

木下がそのポンプを押すと、中から透明のオイルが出てきました。

それを手の平に取り、に近付いていきます。

『奈津美ちゃ~ん…いい気持ちになろうね~』

続きを読む

179 :ささ:2011/02/14(月) 09:38:01 ID:aevKznV80
私が大学を卒業し、ある会社の人事部に配属されて二年目に入ってすぐの話です。

私は自分の一年後輩の新人導入研修のお手伝いの仕事をしました。指導するというより、相談に乗ったり緊張をほぐしてあげたりするのが役目でした。

メンバーは私の他には男性社員が二人。同期入社の小倉君と、入社4年目の渡辺先輩でした。

小倉君は普段から仕事の相談をしたり愚痴を聞いてもらったりする仲でしたが、渡辺先輩とはそれまで話をしたことは無かったと思います。でも場の雰囲気を盛り上げるのが上手で、よく気がつく面倒見の良い人で新人さんにも人気がありました。

研修続きを読む

806 :りぷ:2012/08/29(水) 12:28:46.34 ID:VWWzrlab0
中2のときの忘れられない思い出です。長文です。

中2の春休みと夏休みに高2のの彼氏が毎日うちに来ました。

そのうち私はの彼氏をが外出していないときでもうちに入れて遊ぶようになっていました。

その彼はの最初にできた彼氏で、そして私も若い男性に興味をもつ年ごろでしたのでおちゃんのように思ってました。
彼は地元で頭のいい私立高校に通っていて清潔でおしゃれな格好をいつもしていました。

そういうところが好感がもててと彼氏に憧れていました。

その彼氏と遊んでいたときに偶然に彼の手の先が私の胸にあたったときがありました。すると彼が照れて必死に謝ってきたときがありました。続きを読む

前回の話はコチラ⇒

『いや!弟には見せないで!』

カワイイねぇ…奈津美ちゃん?』

『せっかくの綺麗な身体、俺達に見せといて弟には駄目ってのは可哀相でしょ…』

こいつらは最低の奴らだ!

そう思った所で、もうどうにもなりません。

僕はタオルの下からこもった叫び声をあげていました。

『心配すんな…まだ何もしてねえよ』

『ま、これからヤラシイ事、いっぱいしてあげちゃうけどな!』

貴がイキまくる姿、見せてやるよ!』

木下が鞄の中に手を突っ込み、何かを取り出しました。

それはボディーソープに似た、ポンプ式の容器でした。

木下がそのポンプを押すと、中から透明のオイルが出てきました。

それを手の平に取り、に近付いていきます。

『奈津美ちゃ~ん…いい気持ちになろうね~』

続きを読む

179 :ささ:2011/02/14(月) 09:38:01 ID:aevKznV80
私が大学を卒業し、ある会社の人事部に配属されて二年目に入ってすぐの話です。

私は自分の一年後輩の新人導入研修のお手伝いの仕事をしました。指導するというより、相談に乗ったり緊張をほぐしてあげたりするのが役目でした。

メンバーは私の他には男性社員が二人。同期入社の小倉君と、入社4年目の渡辺先輩でした。

小倉君は普段から仕事の相談をしたり愚痴を聞いてもらったりする仲でしたが、渡辺先輩とはそれまで話をしたことは無かったと思います。でも場の雰囲気を盛り上げるのが上手で、よく気がつく面倒見の良い人で新人さんにも人気がありました。

研修続きを読む

このページのトップヘ