レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ローション



今、40才でがいますが、子供はいません。
とりあえず、1流といわれる会社の商社マンです。
昨年9月に海外のメーカと商品の打ち合わせでLAに行った時のこと。
いつものように飛行機はマイレージの都合上○Aを、ホテルは空港からCABで20分ぐらいのさほど遠くないビーチサイドのCホテルを予約します。
事の始まりは飛行機の中からでした。
僕がトイレにたった時、トイレはちょうど満杯で仕方なく入り口付近で一人並び開くのを待っていました。
すると髪を後ろにまとめた卵顔のすらっとした日本人のスチュワーデスさんが僕の後ろにきて、開くのをお待ちですか?と聞いた。
ええ、と言ったが、ちょっとあせってる感じが見受けられた。続きを読む



高校のとき、駅で毎日同じ電車になる女の子が巨乳でした。
とても可愛らしい娘で、毎日顔を見られるだけで幸せだった。
ある日、電車が事故で大幅に遅れたときのこと。
やって来た満員の電車にやっとのことで乗り込んだ、発車後直ぐに急ブレーキが掛かった。
突然のことに、とばされる俺を始めとする周りの乗客。
次の瞬間、俺の右手に今まで感じたことのない柔らかい感触が・・・。
それが何か分からず数回揉んでしまった、ふと顔を上げると怯えきった彼女の顔が。
俺の右手は言うまでもなく、彼女の胸に。
もの凄い勢いで謝る俺、人生で一番謝ったと未だに思う。
余りの勢いに彼女も不憫になったのか、許してくれたというか満員電車なので許す他なかったようだ。続きを読む



前編は以下のとおりBが「アヤちゃんお処女?」と聞いたので、私は正直に「指だけ。。」と答えるとまた盛り上がっています。
Kが「アヤお好きなん?」と聞くので私は首を振り、「なんか変な感じがするから嫌いやねん」と言いました。
Kが「変な感じって?」と言い、おの穴に指を入れようとします。
そういう意味じゃなくて、本当になんかいやな感じがするのでおは嫌だったんです。
しかも汚いし。。
でもKは誤解しているみたいでぐりぐりしてきます。
私が「ほんまに嫌!」と言うのにKが「すぐよくなるから!Cその○○貸して!」と言って二つピンクローターがつながったやつの一つを無理矢理おの穴にいれようとします。続きを読む



あれは俺がまだニートじゃなかった、遠い遠い昔のお話。
2年ほど前の話です。
彼女と付き合い始めて1年が過ぎようとしてた頃、俺は彼女とのセクロスに明け暮れていた。
そう、俺も彼女もド変態だったのです。
3日ほど風呂に入らずそのままセクロスしたり、ほどよく車が通る山道に車を止めてセクロスしたり、もちろんデパートでとびっこスイッチオンプレイもやった。
そんなある日、俺はレイプもののAVを見た。
俺はSとM両方イケるんだが、そのAVは妙に興奮した。
そして俺は閃いた。
気が付くと俺は、Amazonで覆面をポチっていた。
3つ穴が空いてるあのベタなやつ。
武器は何が良いかなと思い、89式小銃に目をやるがすぐに我に返る。続きを読む



名無しさん(30代)からの投稿?-前回の話:睡眠薬で眠らせた夜這い
学生時代からの気の合う友人達と酒を飲んでいた。
子持ちで、日頃のストレスが溜まり愚痴の1つや2つ語っていた。
30半ば、仕事も責任が重くなり上司や同僚の事で悩みは絶えない。
子供も出来ればも変わり、昔は優しくいいだと思っていた・・・なんて話も・・・。
そんな話から、私は睡眠薬で夜這いしている事を打ち明けると、友人は食い入る様に話を聞く。
「マジかよ!あの奥さんにそんな事もしているのか!羨ましいよ」「お前の奥さん、美人だしスタイル抜群だからなぁ」「そーか?まぁ普通だと思うけど・・・」「贅沢なんだよお前は・・・あんないい奥さんそうは居ないぞ!俺もお前の奥さん抱きて~」「おいおい!」(は小顔で色白美人です。続きを読む

このページのトップヘ