レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ローション



俺 21歳(当時)

身長 162cm フツメン

ユウ 22歳(当時) 身長同じ位 子持ちバツイチ 顔はどこにでもいる感じの若いママ

子供 2歳(当時) 名前はしゅり 女の子

1か月位メールしたり電話したりして友達という感じで付き合ってて、友達もいなくて一人が多かった俺は友達ができて嬉しかった。 である日電話で ユウ「ねぇねぇ今度花火大会あるんだけど一緒にいかない?」 俺 「あ、いいよーw行こう行こう」 ユウ「子供もくるけど・・・・いい?」 俺 「うはwwwウェルカムww」 そんな感じで近江八幡の花火大会に行った。

近江八幡に電車で向かうと駅のホームには子持ちママが5人いたww ホントに見事全員が携帯見てて混乱していると ユウ「ついた?すごい挙動不審なのがあんた?w」 と一人の女続きを読む



大学2年になったばかりで19歳の春だった。一方、俺と一緒にレイプした友達は高卒で就職。

まあ、今で言う低学歴のDQNって奴だ。会社に勤めてたけど、俺たちは一応は社会人。俺たち高卒組と違って、その友達は大学に進んだのでそれなりに一目置いていたが、性格がおとなしい。

俺たちは、ちょっと学歴コンプを持っていたからちょっと尊敬する反面、ムカツいている部分もあった。都内に持ち家だから、父親はまあまあエリートだろう。要するに、ちょっと僻み根性もあったわけだ。

俺たち二人は、久しぶりに友達の家に遊びに行こうって事になった。携帯に電話を入れると、暇だから是非遊びに来いと言う事だった。俺たち二人は待ち合わせをして、その家に向かった。続きを読む



最初の時は2人でした。まだ19歳の時の話です。そのときすごく人肌恋しくなって千本今出川あたりをふらついてたら20代前半くらいの男の人(K)に声をかけられました。顔が結構タイプだったので、もう酔っ払ってるふり全開でちょっともたれかかったら、「家まで送ってあげるよ」と言われ車に乗せられました。私は助手席に座らされたあと眠ったふりに入りました。こういうの書いててすごくはずかしいですね。。。私は大学生でした。私が眠ったふりをしているとKは「さーてどこいこかなー?、カラオケでもいく?」

みたいなことを独り言を言ってるような感じで言っています。私は早くHがしたかったので完全無視を決め込んで寝たふりです。続きを読む



ーブルで会計を済ませる。 左ポケットに1万円札を突っ込み、右肩で彼女を支えて店を出る。 S宿そばの焼肉屋街はすぐ裏手がホテル街。そのまま入る。 左ポケットに入れた万札で支払いを済ませ、釣をポケットにねじ込む。こうすると、彼女を揺することなく支払いができる。 部屋に着き、彼女をベッドに寝かせる。とりあえず第一段階は終了。

27 :えっちな18禁さん:2007/10/11(木) 23:35:43 ID:bC1u707R0背中に手を回し、ブラのホックをはずす。 途中で引っかかって手間取らないように両足をやや開いた状態でまっすぐ伸ばし、短めのスカートに手を入れて、慎重にパンティをおろす。 足首から抜き取る。続きを読む



アルバイト先のオーナーに彼女寝取られました・・・

自分には当時、大学の同級生で1年ほど付き合っている彼女がいました。 名前は有希といい、色白で細身、男女問わず人気のあるコでした。有希とは友人の紹介で知り合って、有希からの告白で付き合うようになりました。

有希とはほとんど毎日一緒に居て、お互いの家を行き来していたのでほとんど半同棲しているような状態でした。ビデオを借りて一緒に見たり、好きなドラマ(深○絵里が教習所に通うやつ)を一緒に見たり、本当に幸せな日々を過ごしていました。

自分は大学時代に雑居ビル清掃のアルバイトをしていたのですが、ビルのオーナーがたまに清掃中の自分を部屋に呼んでくれてお茶を飲ませてくれたりしていました。続きを読む

このページのトップヘ