レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:ローター

子家庭で貧乏だったんです。母親の相手が、私の家庭教師になるという超不
幸な環境で暮らしていました。勉強は表向き、あえて言うなら「保健体育」の
お勉強で、毎日のように男に弄ばれていました。
どんどんエスカレートし、小の夏から、男を仲介役にウリをさせられるよう
になりました。男から、ウリの相手に恥ずかしい体験のメールを送るように命
令されていました。
↓こんなメールを送っていたんです。
続きを読む

アナル処女貫通行為のやり方を伝えた後、たっぷりと御奉仕を行わせた。
相変わらず途中途中口の動きがとまり、私が逝くまでは御奉仕が続かない。
プラグローターディルドが余程、ありさには相性がよいせいか時より軽く痙
攣をおこし、「うっ…」「あぁー」と咥えながらも唸り動きが止まる。
本当に逝きやすい体をしている。こんな状況でありながら明らかに感じている
のがわかる。
「これじゃ、ラチあかないだろ逝かせるつもりないだろ御奉仕がオナニー
続きを読む

頭を押さえられ、喉奥まで突っ込みえずきながら涙目で必死になっていたであ
ろう。
ソファーの前で膝をつき騎上位状態で御奉仕をしているありさ。
アナルにはローター機能付きプラグ、マンコには極太ディルド入れたまま。
舌先の動きが止まったり、喉奥まで御奉仕が出来なければ容赦なく背中越しに
を定規で叩く。
マンコディルドアナルプラグで勝手に腰を振りつつ御奉仕するも、ピシャー
続きを読む

あれは2年前、夫が新婚早々海外工場視察のため1週間出張に出掛けた夜の事です。
入浴を終え、寝室に戻ってタオル1枚で汗がひくのを待っていました。
その時、玄関の方で物音がしました。
私は『夫が帰ってくるはずないのに・・・』と思い玄関を覗きました。
しかしそこには夫ではなく、見知らぬ男が立っていました。
迂濶でした、夫が居ないのに癖で鍵をかけていなかったのです。
男はタオル1枚の私を見てニヤっと笑うと私に襲い掛かりました。
女って悲しいですね、貞操の危機が迫っているのにただ恐怖で立ち尽くすだけなのです。
男は物凄い力で私を抱えると寝室に連れ込みベットの上に私を投げ出しました。続きを読む

【雅之は私の奴隷だ。
今日も私の帰りを犬のように玄関で正座をして待っている】女子高生の時、万引きを男に見つかり脅されてホテルに連れ込まれM調教を受けた。
Mに目覚めてから数年が経ち、私は全てのプレーをやりつくすとSに逆転した。
その時に私を脅し調教した男が雅之だ。
…今では私の従順な奴隷
夜の仕事を終え、帰るのはいつも深夜の3時を過ぎた頃。
酔った手で鍵を開け、玄関へ入ると雅之が全裸で首輪を付け正座をして待っていた。
「咲妃様お帰りなさい。お疲れ様でした」「まだ待ってたの!?」「ハイ、だって今日は遊んで頂ける約束でしたので…」「今夜は飲み過ぎて疲れてるからイヤ」「えっ…楽しみに待っていたのに」涙目で訴える。続きを読む

このページのトップヘ