レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:三十路



は会社の派遣先で肉体を玩具にされてました・・・

私は35歳、32歳になると一人息子の3人で暮らしている平凡なサラリーマンです。 は結婚以来ずっと専業主婦でしたが、今年に入ってから不況の関係で私の収入が減った為、子供を保育園に預けて独身時代同様派遣者社員として働き始めました。 この不況のさなか、すぐに働き口が見つかったのは奇跡的でした。通勤に電車で1時間以上も掛かる会社ではありましたが、高望みはできません。 ありがたく務めさせていただく事にしました。も、初めの内は久し振りの仕事に・・・というか外出する事自体に喜びを感じている様子で、毎日楽しそうに出勤をしていました。 しかし。ある日を境に、以前の嬉々とした雰囲気は影をひそめ憂鬱そうな素振りを見せ始めたのです。続きを読む



八月の青空の下、浜野朱美は鼻歌交じりに洗濯物を干していた。緑豊かなニュータウンを背景に幸せいっぱいのシーツをはためかせる。
(ふふ、またすぐしわになるのにね)
 思わず笑みがこぼれてしまうのは、今晩、夫の利之が出張から戻ってくるからだ。
 そして、そんな夜は決まって抱き合うのが、ここ数年の約束事になっていた。家を空けがちな夫にしてみれば、「風俗に行かなかったぞ。浮気だってしていない」というつもりなのだろう。それが朱美は心からうれしい。
 一人娘を寝かしつけてから夫と一杯やり、ほろ酔いになるそのひとときが待ち遠しいのだ。それは子供が大きくなっても大切にしたい夫婦の時間だった。
(さてさて、今晩のおかずはなににしようかしら?)
続きを読む



名無しさんからの投稿
-
俺はまだ二十代後半だが、三十路をとうに過ぎた年上と子供二人で暮らしている。
俺は、高校を卒業して大手企業に就職した。
20歳を超えた時に東京に転勤。
赴任した部署に子が契約社員として勤めていた。
俺はシステムエンジニア。
子は、5歳年上で経理や庶務的な営業事務を担当していた。
そこの部門は30歳以上の既婚者ばかりで、俺と子だけが20代
子が唯一気軽に話せる相手として、よく話をしたり一緒に食事に行ったりしていた。
適度に肉付けよくバストも大きい、腰付きもググッとくる男好きするスタイル。
何よりも、大きくてきつい瞳。
女優の新藤恵美さんにそっくりだ。
まさに俺好みだったけど、年下なので相手にされるわけもないと思っていた。続きを読む



職場にいるタカピーの勘違いお局OLに強制種付けレイプしてお仕置きしてやったその女は貴子っていう名前の34歳のおばさん
仕事は出来るフリをしているが実際は人に指示するだけで人生乗り切ってきた。
俺、25歳、中肉中背、体育会系、頭を使うより体力任せ。

で、仕事は提案型営業。
取引先に、こうすればこうなりますが如何でしょうかみたいな提案をして、使用する材料なんかを我が社経由で購入していただく商売。
提案料も大手には百万円単位で請求するから内容と体裁はキッチリまとめる。

で、貴子は内弁慶で顧客には腰が低いタイプで、無理じゃないかなと思う要求も「お任せ下さい」と安請け合いして、同僚に丸投げす過ぎる三十路のお局おばあん。続きを読む



最近事務のパートで勤め始めた奈々との、社内エッチの話。

初出勤の日、いきなり白い短めスカートと、黒に模様付きのタイツで現れた奈々。
白のヒールをコツコツ鳴らしながら、事務所を歩き回る姿はやけに大人びて落ち着きのある女性です。
24歳とは思えない大人の色香を醸し出す下半身に目を奪われたが、上半身もなかなかのモノ。
ピンクの上着を脱いだ姿に釘付け。





三十路手前の私ですが、やはり若い女性の身体を見るのは目の保養に最適です。
タイトなニットの胸元はふくよかな弾力を想像させる乳房。
細身の体に不釣り合いな爆乳(後の計測で93センチ)。
朝から私の自制心は彼女の厭らしい肉体を想像しすぎて、仕事が手につかない状態です。続きを読む

このページのトップヘ