レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:乱交



とある日の昼過ぎ、K県のY刑務所から5人の男たちが脱走した。
ワゴン車が奪われ、夕方には帰宅中の女子高生が3人連れ去られた。

そしてかなり離れた民家にワゴン車が止まった。
その家には60代の老夫婦と40才の長男とその(34才)と16才の娘、
30才の長女、27才の次男、22才の次女、そして23才のお手伝いを合わせた合計9名が住んでいた。
脱走した5人の男たちは急遽この民家を襲ったのだ。

老夫婦は縛って奥の部屋に放り込んだ。
広いリビングにはと娘と次女とお手伝いがソファーで抱き合い、
次男が椅子に縛られ、
床には不幸にも誘拐された3人の女子高生が泣きじゃくっていた。
長男と長女はまだ帰宅していなかった。続きを読む



題名にも書いたとおり、レイプってわけじゃありませんので悪しからず。
私中学ん時、結構真面目なグループだったんですけど、あんまりいい家庭で
育ってなく、中のときに家出して依頼、不良グループとつるむようになっ
たんですよ。すごい自由に遊びほうけれて今思えば本当に楽しかった。特に
人様に迷惑をかけるようなグループじゃなかったので喧嘩とかいじめとかは
なかったですよ 私も元々真面目ちゃんだったのが急にそんな風になっ
たのでクラスでもちょっと有名でした恥
みんな仲がよく、その中の番長格の人がずいぶん金持ちで、離れに自分の部
屋を持ってて、よくそこでみんなでしゃべって遊んでました。
ある日からその番長さんと付き合うようになりその部屋で初体験も済ますこ続きを読む



私の育った所は富山県の山間部の小さな村でした
父親の仕事は国有林に植えられた杉やヒノキの枝を切り樹木を大きく育てる
仕事と少ない田畑を耕す農家でもあったのです。
母親か゜3才になった頃から体調を崩し、寝たり起きたりの毎日で生活は
父の母親・・父が面倒を見てくれました。
私が6才の時に母親は肺結核で他界そして2年後父も他界して、父親と
私の三人の生活が始まったのです
私が小学校4年生でが2年生の梅雨の季節でした
学校が終わり帰宅するとの傘とランドセルが玄関先に置いて有り、の姿
が見えないのです。
田舎の家は大きくて部屋数は12室ありました、その部屋の中には納戸と呼ぶ4
畳くらいの薄暗い部屋が有ったのです。続きを読む



中学生のときの話しです。
真夏の21時過ぎ…塾の帰りでした。
制服姿で自転車をこいでいると白いワゴン車が速度を落として近付いてきて「お嬢ちゃん、駅までの道を教えて」窓を開けて三十代くらいの男の人が声をかけてきました。
教えてあげようと思い車に近付くと、突然扉が開き、私は後ろからはがいじめにされて車内に連れこまれました。
「いやああっ!」あまりの恐怖に声を出して暴れると、お腹を思い切り殴られて口を押さえられ、包丁をつきつけられました。
殴られた恐怖と包丁に頭が真っ白になり、声も出ずに私はひたすら震えていました。
後ろの座席には私を挟んで二人の男が座っており、顔は暗くてよく見えませんでした。続きを読む



ネタという事でひとつ。
長くて悪いけど。
今日の夜、久々に小学校のころの仲間数人と飲む事になった。
その連絡をしていた昨日の夜、友人の一人との会話でAの名前が出た。
Aは小学校5年、6年と同じクラスだった男だ。
一言で言えば、狂人。
暴力に任せて周囲を支配していた。
5年の時点で中学生並みのガタイ。
ミニバス部にいたので運動能力も高かった。
もっとも、あまりにも素行が悪いので試合には出してもらえなかったらしい。
Aの父親も、いわゆるDQNだ。
トラックを持っていて、運送の下請けをしていた。
刺青こそ無いが野蛮でまさにチンピラ、学校に怒鳴り込んだ事もある。続きを読む

このページのトップヘ