レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:体位

文字数: 1334

108 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/07/20(火) 09:09:39 ID:VlSykFc40 [1/5]
事務の同期の青木さんを喰った
どこに書いたらいいかわからんからここに書かせてもらうよ
新入社員で不安なことも多いけど総合職は結びつきが強いけど一般職は支店の中だけでの関係だけになる
同じ支店には女の子の同期もいたけど気が強くて明らかに青木さんとは合いそうにない
それで青木さんからやたらと話しかけてくるようになった
女子アナの青木裕子似でかわいいから俺も悪い気はしなかった
だんだん食事に誘うようになり、この頃からだんだん狙い始めていた


キーワード関連サイト
続きを読む



私43歳で42歳の夫婦です。

ドライブインでトラックドライバーにを貸し出した話を書かせてもらいます。

その日は千葉県某所にある昔ながらのドライブインに立ち寄りました。
一般車が10台ほど、そして大型トラックが3台停まっていて、どの車も朝まで車中泊する感じでした。
時間は23時くらい。
その時間になると、トイレに行くドライバーが多いんです。
割りと細身で気の良さそうに見えるトラックドライバーがトイレに入るのを確認して、私はトイレ前のベンチでタバコを吸いながら彼を待ちました。
用を足した彼がトイレから出てくると、私はすかさず声をかけました。
夫婦で旅行に来たと告げ、このあたりに食事の美味い店はないかと尋ねるところから始め、雑談の中で彼がどのような人柄か確めました。続きを読む



会社の人事移動があり、課長に昇進した私は、専務に自宅での祝賀パーティに誘われました。
当日が来まして、私たち夫婦は専務の自宅へと向かいました。
私は30才、24才で子供はまだいません。はB92W59H85で街角では誰もが振り返る美人です。
私もそれが楽しく、わざと派手な服装をにさせ、男たちのいやらしい視線を感じては喜んでいました。
今日はさすがに専務宅での食事ですので、夫婦共にスーツで出かけました。は紺のストライプの入った上下に中はブルーのカッターシャツを着、胸元を少し大胆に広げ、豊かなオッパイが引き立つような着こなしをしていました。
シャツのボタンがその大きな膨らみに耐えれない位、左右に引っ張られているのがわかります。続きを読む



結婚8年目を迎え、夫との性生活は月に1回あるかないか。最近ではAVを見ながらじゃないとしてくれません。それでも、全くないよりは・・・と黙認していますが、これでは私を使ってオナニーしているという感じです。『今日DVD買ってきたよ』という夫からの言葉が『今夜しよ』というサインになっているのです。

それでも夫はいっぱい愛撫をしてくれます。玩具でクリトリスを虐めてから、指を入れて掻きまわします。これでイカされてしまった後は、私がお口でしてあげるのですが、この時、夫の視線がDVDにあるとき悲しくなります。そのまま、手と口の愛撫でイッてしまうこともあるし、入れてくたとしても、やはり視線はDVDで、いずれにしても、夫は私ではなくDVDを通じてイクのです。続きを読む



何年ぶりだったろう。
大学を卒業してかれこれ10年、お前ももう33歳になっているはずだ。
けれども、少女を思わせた細りとした華奢な肢体も、パッチリとした瞳の愛らしい笑顔も、少しも変わっていなかった。
むしろ大人の女の落ち着きと、清楚な品の良さは、俺を欲情させるに充分な魅力となっていた。
俺の愛を受け入れず、会社の同僚のつまらない男と結婚して、転居していった淳子。
しかし、運命はこうして再びお前に巡り合わせてくれた。
白いカーデガンにロングスカートという質素な出で立ちで、近所の主婦仲間と笑顔で語り合いながら、商店街を歩く淳子。
お前が連れている幼子は、俺には触れさせもしなかった唇をあの男に委ね、優しく抱擁されて裸身を開き、愛ある営みを重ねた末の結晶か・・・。続きを読む

このページのトップヘ