レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:体位



中1の終わり。
その頃の私は、今よりもさらに体が細く、ヒョロッとした感じ。
肥満体型の叔父にしてみれば、体重が半分ぐらいの私を押さえつけることなんて、容易なことだったと思う。
家の中で襲われた。
私なりにかなり抵抗したし、ずっと泣き叫んで拒否したのに…。
叔父は圧倒的な力で私をねじ伏せ、唇を奪い、激しく舌を絡ませてきた。
初めてのキス
その気持ち悪さ…。
キスのショックで呆然として、一瞬気が遠くなった。
気がつけば、すべての服と下着を剥ぎ取られてしまってた。
叔父はしばらくの間、私の胸を中心に、全身を舐め回した。
もちろん、私は抵抗を続けていたが、悲しいかな、やがて全身に力が入らなくなってしまった。続きを読む



「夫の性器の形状を聴かなかったのは不十分」夫婦関係聴取で和歌山県が“仰天”の準備書面を提出2013.10.1520:14[westピックアップ] 和歌山県警から夫との性生活を執拗に聴かれ、精神的苦痛を受けたとして大阪市の30代女性が県に損害賠償を求めた訴訟で、県側が「質問は不十分だ」と主張する準備書面を提出していたことが15日、分かった。
 訴訟では、任意聴取で「体位を知りたい」などと露骨な質問を続けたことが、県側が主張する「捜査上の必要性」に当たるかが争点。
準備書面で県は、夫の性器の形状を聴かなかった点を不十分としており、女性側は「無関係な質問であることは明らか」としている。続きを読む



前編は以下のとおりKはしばらく私の中で余韻を楽しんで立ち上がりまた何か取り出してきました。
そして「アヤ、今度は目隠ししてもいい?」と言って有無を言わさずにアイマスクをかぶせてきました。
そしてひものようなもので片手を持ち上げられてどこかにくくりつけられました。
なぜか抵抗できませんでした。
何がおきているのかわからない状況では人って本当にすぐに対応できないものだと思いました。
すごくきつく縛られているようで腕が痛くて、私はそれを訴えるために「んー、んー」 と声を出します。
するとKは「隣に聞こえるで、静かにし!」と私のほっぺたをぺちっと叩きます。続きを読む



コスプレモデルのバイトをした時の話です。
只のマンションにつれて行かれた時から、なんか変だなっと思って逃げようかと思ったけど、部屋に入って照明の機材にプロ用?のカメラがあったので、チョット安心した。
奥に通されると、アイズのコスを渡され、「じゃ着替えて」 当然のように言い、目の前に椅子に座る。
こここで変に恥かしがると、変な空気に成りそうだったので、平然と着替えを始めました。
「ここで着替えるの?」 ワザとらしい…「違うんですか?」 「いや、何処でも良いけど」結局、目の前で着替えが終わるのをずっと観られて、終わるとジュースを出されました。
「チョット待ってね、じき来ると思うんだけど」 「一人じゃ無いんですか?」「うん、たくさん居た方が盛り上がるし、効率が良いでしょ、大丈夫バイト代は人数分出すから」 「女の子も来るんですか?」 「いや、来ないよ女の子は君だけ、大丈夫、怖くないから」結局、5人になって撮影が始まりました。続きを読む



レイプ体験談今日は彼氏が会社帰りに寄るかも、とメールしてきたから夕飯作って待ってよう♪そう思って安いスーパーに行くために公園を横切った。
あまり治安のよくない公園だったが、まだ初夏の18時。
周りは十分明るかったし、犬の散歩をしてる女性もいた。
特に警戒もせず私は歩いていた。
公園の入り口で若い男の子二人組がちらりと視界に入った。
イマドキといった感じの20歳くらいの男の子達。
一人は長めの髪で、もう一人はキャップをかぶって携帯で何か話している。
私の方をちらちらと見ていたので、なんとなく嫌な感じがして歩を早めた。
公園の中程に来た時、気づくと数メートル先に男が二人立っていた。続きを読む

このページのトップヘ