レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:体験談


582 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/03/27(土) 22:55:20 ID:PWs/vIrU0 [1/10]

去年の夏のことだけど、ちょっと書き込みます





583 名前:えっちな18禁さん[] 投稿日:2010/03/27(土) 23:00:14 ID:PWs/vIrU0 [2/10]

僕は大学生活から一人暮らしを始めました。最初の一年間は、高校時代の友達が遊びに来たり、僕も二カ月に一回は地元に帰ったりしていましたが3年生になったころには、もう誰も来なくなっていました。だから、3年生の夏休みはアルバイト三昧でした。面白いようにお金が貯まっていくなぁ、と思っていた時突然、小・中と仲の良かった奈美から連絡が来ました。続きを読む


 できちゃった婚だった姉が半年前に産んだ男の赤ちゃん

と大荷物を持って夏に実家に帰ってきた。階段で親父とお

ふくろとの話を盗み聞きしたら、どうやら旦那さんとは離

婚前提の別居(いわゆる出戻りってことになるのか?)。

夜になったら、風呂上がりに俺の部屋にきて「またよろし

くね」とにっこり。勝手に俺のマルボロから1本つまみだ

して、口にくわえて「火」って……相変わらず偉そうだぞ。

机に座って脚組んで、ぷかぷかと「久しぶりにだと、結構

くるねぇ」なんて言うから、俺は「たばこって母乳とかに

よくないんじゃねぇの?」と聞いたら「あの子、完全ミル

クッ子だから、おっぱい飲まないの」とあっさり。「こっ続きを読む


27名前:bb投稿日:02/06/0114:37ID:aj5nXECH



現役ブラバン部員です。

男子は俺一人です。

練習中も部室は女子高のようでみんなかなり開放的。

俺のことも男と見てないようで・・・。

嬉しいんだか、悲しいんだか。。

29名前:bb投稿日:02/06/0116:30ID:aj5nXECH



最初に楽器を決めるときなんていろいろなパートを

まわって、先輩の楽器を吹かせてもらうんです。

美人な先輩の楽器を吹かしてもらうときはかなり緊張しました。

とくにサックスとかってリードが木でできてるじゃないですか、

なんか先輩の唾がしみこんでる気がしてすごく興奮しました!続きを読む


第一章…プロローグ…

「何だ。本当に来たのかよっ」

誰もいない静まり返った日曜日の校庭。鈴木は突拍子もない声を上げた。

しかし、そんなうわずった声に微笑することなく、ただジッとうつむいたままの少女



「まぁ、いいや。ここに来たって事は全てのことを承諾したってことだろうからな。

じやぁ、行こうか」

鈴木はそう言うと、ほとばしる若き欲望を必死に抑えながら校舎の奥にある体育館横

の体育倉庫に向かって歩き始める。そして、その後ろを鈴木より40cmも背の低い

少女、ユリが足早に後をついていく姿がそこにあった。



再会

「ちぇっ、6時限目体育かよっ。俺、早退するから、後ヨロシク」続きを読む


僕が4つ上の姉と初めてセックスしたのは中3の夏休みだった。

僕の家は夫婦共稼ぎで、母がスーパーのパートから戻ってくるまで、

女子大生の姉と僕は二人だけだった。

姉は勉強が良く出来たので、頭が悪い僕の受験勉強を手伝ってくれた。

その日も僕は姉から英語を教えてもらった。

姉は半袖のブラウスにミニスカートを着ていた。

ブラウスの一番上のボタンが外れていて、

前屈みになった姉の胸元が見えた。凄く暑い日で姉はノーブラだった。

僕はブラウスから覗く白い乳房に目がくぎ付けになり、ペニスが勃起した。

姉は色白で、可愛い顔をしていたので、合コンで知り合った男からよく電話が掛かってきた。

実は中1の頃から僕は姉をオカズにマスを掻いていた。続きを読む

このページのトップヘ