レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:催眠

 アッ!アッ!アッ! 親愛なる諸君!元気だったかね? 私は秘密結社キャラグター総司令ヘルグガッツェだ。

 ところで私は常々思っていたのだがね、我々を始め世界制覇を狙う悪の(ヒーロー側の勝手な言い掛かりだがな)組織はヒーロー共に毎回毎回作戦遂行を阻止されて煮えを飲まされているわけだよ。しかしだ、そんな我々悪の組織は何でもっと積極的に奴等を破滅に追いやる作戦計画を実行しないのかが私には疑問だったのだよ。



 “ヒーロー共を破滅に追いやる”さあ、君らならどうするかね? 罠に誘い込んで爆殺? ヒーローの秘密基地を突き止めて総攻撃?

 甘いな。そして青いな。ただ殺すなら馬鹿でも出来る。

 ではどうするか。我々は散々煮えを飲まされ続けてきたのだ。その屈辱は彼らヒーロー共にも同じく屈辱であがなって貰わねばならんだろう。

 “恥辱・陵辱によって精神的に正義の心をくじく”これに尽きるとは思わんかね? そうとも。我々キャラグターは当然実行したのだよ。



            ・・・・・・



 ここは人工島・三日月珊瑚礁秘密基地内にある科学忍者隊の作戦室。

 そこで司令官である南部博士は忍者隊のメンバーに対して訓辞する。



「忍者隊の諸君! 先頃キャラクターから脱走して亡命した元幹部隊員の証言によってキャラグターの大規模メカ工場の所在が明らかになった。証言の信憑性はともかく、調査はせねばなるまい。科学忍者隊出動!ギャザー、ゴッドフェニックス発進せよ!」

 


続きを読む

前編:同級生オナニー





それから、奈緒子と俺の関係は、かなり変わった。

まず、奈緒子が生意気な口きかなくなった。

でも、今までどうりの態度でいようと決めているらしく、傍目には、そう映っていたと思う。

でも、視線が合うと、気弱そうに目をそらしたりしてた。

それから、俺が友達エロい話してると、心配そうな顔してみてたりして・・・。



そんな日々の中、奈緒子が話しかけてきた。

奈緒子「志水君、約束、守ってくれてる?」

俺「うん、守ってるよ、どうして?」

奈緒子「うん。」

俺「何だよ、なんか疑わしいと思ってんの?」

奈緒子「そうゆう訳じゃないけど」


続きを読む

ぼく才、独身には付き合って年になる年上彼女るみさん、才、主婦がいます。いわゆる不倫ですが…初めての女性は彼女です。きっかけは出会い系でしたが…
えっちしたのは、初めて会ったその日でしたが、その時はぼくが未経験だったからなのか、優しく教えてくれて普通なえっちでした。服を脱がしてもらってから一緒にお風呂に入って、ベッドに入り彼女のリードで無事に済ますことができました。とても気持ち良かったです
でもぼくは筆下ろしだけしてもらえればいいかなと思ってました。やっばり人妻とは、深く付きあっちゃいけないな…って。痩せてて微乳でまさにぼくのタイプでしたが、「今日だけにしよう…」と考えてました。と続きを読む

いまどきは構造改革とやらの「成果」・・・もちろん皮肉ですが・・・「非正規労働」つまり委託、派遣、パート、アルバイトばやりですね。
決して賛同なんてしませんし、近い将来正道に立ち戻るものとみんなの英智を信じたいのですが、これからのお話は被害者も加害者もない、わたしの単なる妄想ですのでみなさん気楽に、そして、リアリティの足りなさは大目に見ていただければ幸いです。
それでは「派遣美処女の肉便所処分」全一巻の始まり。
わたしの会社にもご他聞に漏れず派遣会社から中年女性が来ています。実は、派遣会社と懇意というよりも担当者にたっぷり鼻薬を嗅がせて子家庭でしかも中学生の美処女を娘に持つ女続きを読む

もうかなり前のコトだけど、けっこうお金に困ってた時期があって、いっしょ
に住んでたヤツ♂が働かないし、借金作るしでキャバのバイトじゃ追いつか
くてソープとか行こうか・・・なんて考えてたの。
仕方無くて、ヤツ♂のヤバイ系統の知り合いに、いいバイトないかって
聞いたら、「あぶねーけど、派遣万になるデリあるよ」って言われた。
派遣万 か輪姦 詳しい事聞きたいなら事務所に来いって
言われて行った。簡単に言うと、世の中には、普通に女を抱けないショボイ男
続きを読む

このページのトップヘ