レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:催眠



好きだった女の子の家に忍び込んで寝ている間にレイプしたエッチ体験談
工場の仕事を終え、帰宅する駅の階段を下りた雄二は、いつもの様に「モンブラン」と書かれた喫茶店に入った。
そこに勤める玲子と、その彼女を目当てに入る客たちを見るためだ。
大学生の玲子は、肩まである栗毛色がかった髪を横にピンで留め、愛くるしい笑顔を振りまいている。
その美しさは、モデルになれるほど際立っていた。
最近のテレビに出てくるタレントなどより美しい。
他の客との会話から、実家は静岡で、東京の大学に通うためアパートに一人住まいをしていることが分かった。
やりたい放題 22 有紀かな一時間ほど店にいた雄二は、アパートに帰ると風呂の用意をして銭へ行った。続きを読む



俺の彼女は今から5年前にヤクザにレイプされたと言ってた。
当時はクラブに勤めていたのだが、その店にヤクザが飲みに来たらしい。
格好は普通でヤクザには見えなかったらしいが、彼女の事を初回で気に入ったらしく、指名してくれたそうだ。
3回目の指名で3万くらい使ってくれてたので、ヤクザのアフターに付き合う事にした。
高級クラブとかじゃないから、不況の時代に3万円を使ってくれる客は有難い存在だったみたい。
断るのも悪いので、軽く居酒屋くらいならって事で店が終わってから大手の居酒屋に行った。
居酒屋で2時間くらい飲んで、3時30分を回ったところで眠くなり、帰ろうって事になったらしいのだが、ヤクザが車で送ってくれると言うので遠慮なく車で近くまで送ってもらう事になった。続きを読む



松木氏は広子をまるで恋人のようにエスコートし、部屋中央に連れて行く、後ろ向きに立たせて、彼女の手を取り、両手のひらをそっと壁につかせた。
これから何をされるか察した広子は、覚悟を決めたように挑戦的になっていく、自らの美をわざと強調するように少し弓なりになり、松木氏を挑発してしまう。
女として、顔や体にある程度自信があって、その余裕から普段の装いは、清楚で知的さを演じている広子だが、今は勝手が違う。
広子は、自分が出会ってから間もない男の誘惑に負けて、簡単に体を征服されるような女ではないと、壁に向かって耐えようとする。
私にを無防備に向けさせる男、そして冷めた表情で、私を今見下しているような、こんな生意気の中年男の手には、容易には堕ちない。続きを読む



644タキシード仮面04/05/0316:40ID:U+8EptLb工場の仕事を終え、帰宅する駅の階段を下りた雄二は、いつもの様に「モンブラン」と書かれた喫茶店に入った。
そこに勤める玲子と、その彼女を目当てに入る客たちを見るためだ。
大学生の玲子は、肩まである栗毛色がかった髪を横にピンで留め、愛くるしい笑顔を振りまいている。
その美しさは、モデルになれるほど際立っていた。
最近のテレビに出てくるタレントなどより美しい。
他の客との会話から、実家は静岡で、東京の大学に通うためアパートに一人住まいをしていることが分かった。
646タキシード仮面04/05/0316:42ID:U+8EptLb一時間ほど店にいた雄二は、アパートに帰ると風呂の用意をして銭へ行った。続きを読む



深夜0:00になって、グラビアの撮影の仕事がおわり、自宅に戻った市川○衣は、1日の疲れをとろうとバスルームに向かった。
脱衣所で服を脱ぎ、軽く身体をシャワーで流すと、タオルにボディシャンプーをつけて泡立てて、身体を洗い始めた。
身体を洗い流すと、おをいっぱいに溜めておいた浴槽に、ゆっくりと肩までつかると幸せそうな笑顔で、ホッと息をついた。
「今日も疲れたなぁ……」そんな独り言を呟きながら、のんびりとした気分に浸っていた。
そんな幸福に浸っているとリビングのソファーの上に置いておいた携帯電話の着信音が鳴っていた。
由衣は、慌てて風呂からあがると、身体を拭いて、バスタオルを身体に巻いて携帯電話を手に取った。続きを読む

このページのトップヘ