レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:処女

抵抗するにしつこく愛撫して最後はやらせてもらいました

あれは3ヶ月前くらいだったかな。フリーターしてる時の事です。
バイトもないので家でグータラしてるときです。
親が何かの用事で東京まで出かけてる時の事でした。
いきさつは忘れましたがが俺を説教しはじめました。
なりに俺の事を心配してるんだと思うけどね。
はまじめな性格で俺とは正反対といっていいだろう。性格もおとなしい方だ。




そのとき俺は19歳では23歳。けっこういい会社のOLになってた。
高校時代生徒会役員までやってたらしい。
真っ黒な長髪が良く似合う良い女だと思う。
一歩間違えればただのイナカ女だけど、そんな感じは全然しないのが良い。続きを読む



学校6年の時です。通っていた小学校は、田舎にある1学年1クラスでした。
私は、運動音痴で内気な女子でした。

ある日の昼休み、図書館に向かってると、小学校5年の男子二人に羽交い絞めにされて、家庭科室に連れ込まれました。
そこで押し倒されて、スカートをめくられ、短パンと下着を脱がされ、下半身を露出されました。
股を開かされました。
「これがまんこか」と言い、私の性器や肛門を触りました。

チャイムが鳴ると、「今のことは誰にもいうな」と言い、男子二人は出て行きました。
内気な私なら黙っていると思ったのでしょう。私は黙ってました。
それから2回ほど同じことをされ、小学校を卒業しました。


学校2年の時、あの二人が中学に入学してきました。続きを読む



お盆に、の実家である田舎の本家に親戚一同集まったときのこと。
大人たちだけの宴会がはじまったので、子供だけ13人集まって10畳ほどの
部屋に、布団を敷き詰めて寝ることになったのです。


当時16歳だった私は、二つ年上と三つ年上の従兄たちに挟まれて布団に入りま
した。2人は年子の兄弟で、たまに会ったときには実ののように可愛がってくれ
たものでした。


枕投げをしたりして、ひとしきり騒いだあと、その日は一日中外で遊びまわってい
た こともあって小さい子達もみんなぐっすり眠っていました。


夜中に「はぁ、はぁ」という荒い息がかかるのを感じて目を覚ますと、隣に寝ていた
三つ年上の従兄Tが、横向きに寝ていた私の背中にぴったりと張り付いて腰を押
続きを読む

私は29才の人妻で由香里といいます。身長150。体重43、B82、w54、H84の華奢な体です。私たち夫婦は念願だったマイホームを建てることになりました。大工さんと何回も打ち合わせをして理想の家が建ち始めました。私は自宅のアパートから毎日現場に行き大工さんたちに、お茶を入れに行っていました。ある日、凄く暑い日でいつものようにアパートを出て現場に向かう時コンビニに寄り冷たい物を買って現場につくと大工さん達が丁度ひと休みするところでした。私は大工さん達に飲み物を渡してたわいもない話をしていました。そんな時、私は、オシッコがしたくなり我慢していたのですが限界になってきました。家までは持ちそうもなくて仕方なく現場にある大工さん達が使う仮設トイレで用を足すことにしました。続きを読む

98 名前:なまえを挿れて。投稿日:2007/04/30(月) 23:17:23 ID:fsu+01l/0GW中と言うことで、千葉の片田舎から来たが派遣社員時代の友達の阿川佐和子風のショートボブ36歳独身OLがお泊まり中。この女、寝間着にノーブラ、しかも生地の薄いTシャツなど着てやがって、乳そのものはそんなに大きくないくせに黒デカ乳輪が透けて見えてる。どうせヤリマンなんだろうと、わざわざ夜中に起きて乳揉みしに行ってやった。佐和子は居間で寝ている。横にそっと添い寝して、布団のスキマから手を入れて、横乳をつつく。フニフニした感触で、起きそうもないから中腹から頂上へ。続きを読む

このページのトップヘ