レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:医療


2006/03/23 00:55:21 (wRrBFVKF)














 五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生
活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹
しく暮らしていました。
 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十
六才の高校一年生です。
 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療
仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてき
ました。
 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しお
かしな風が吹き始め、ど続きを読む

2006/03/23 00:55:21 (wRrBFVKF)  五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹しく暮らしていました。 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十六才の高校一年生です。 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてきました。 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しおかしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていました続きを読む

夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにかつつましく暮らしていました。 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十六才の高校一年生です。 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてきました。 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しおかしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていました。
予備校に通うこととなった雄太の生活態度が、それまでの素直な純真さ続きを読む

年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにかつつましく暮らしていました。  私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十六才の高校一年生です。 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてきました。  しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しおかしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のような-----ものが出来てきていました。 予備校に通うこととなった雄太の生活態度が、そ続きを読む

私は麻里子、29歳の独身です。仕事は派遣で医療事務をしています。派遣と言うと気楽な仕事と思われるかも知れませんが、実態はかなり厳しい条件での仕事なんです。 仕事分担は契約でキッチリ決められていて、そのノルマが終わらなければ帰ることは出来ません。もちろん超過勤務手当はありませんから、時間通りに帰りたければノルマを終わらせるしかありません。でも月末などはとても時間通りに終わる仕事量では無く、毎月月末は終電ギリギリか、終電が無くなり駅前のビジネスホテルに泊まる事もしばしばなんです。
2年前、当時私が派遣された某私立病院での事です。まだ派遣されて間もない時で、院内の部署も把握出来 続きを読む

このページのトップヘ