レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:変態

抵抗するにしつこく愛撫して最後はやらせてもらいました

あれは3ヶ月前くらいだったかな。フリーターしてる時の事です。
バイトもないので家でグータラしてるときです。
親が何かの用事で東京まで出かけてる時の事でした。
いきさつは忘れましたがが俺を説教しはじめました。
なりに俺の事を心配してるんだと思うけどね。
はまじめな性格で俺とは正反対といっていいだろう。性格もおとなしい方だ。




そのとき俺は19歳では23歳。けっこういい会社のOLになってた。
高校時代生徒会役員までやってたらしい。
真っ黒な長髪が良く似合う良い女だと思う。
一歩間違えればただのイナカ女だけど、そんな感じは全然しないのが良い。続きを読む



去年の夏に衝撃を受けた。

会社の帰りに、電車の中で痴漢に遭っているのを目撃してしまったのだ。

オヤジ三人に痴漢されているのだ。

ブラウスのボタンは、外されてブラジャーはめくられて、左右からオヤジ達の手で、

おっぱいを揉まれ立っている乳首をいじられて、スカートはめくられて、パンティ

膝まで降ろされてのマンコは、オヤジ達の指が出し入れして、痴漢達の餌食に

なっているのを私は、目撃してチンポを勃起しているのだ。

とは、28歳で結婚して3年目です。

身長は、155㎝で低いが、スタイルはいい上から B86 W57 H87で

セミショートカットが似合う大島優子似だ。

続きを読む



 数年前子供ができるまで長距離トラックの運転手をしていた私のは本当にHが好きで帰ってくると
必ずと言っていいほど毎度しました。
そんなある日、夜中に突然携帯に電話がかかってきました。
何事かと思い、見てみるとからでした。電話に出ると電話の向こう側から
「あ?ん、あなたぁ?ご、ごめんなさぁん・・・・いんぅ」
どこか猫なで声だけど、確かにの声が聞こえました。
「どうした!なにがあったんだ!」
私が懸命に聞いても「あ?ん」だととか「もう、だめ?」と言う声しか聞こえません。
一旦電話の向こうが静かになったかと思うと、聞いたことがない男の声が聞こえてきました。
「どうもすいません。旦那さんですか?」
続きを読む



私が住んでいる所は地方の田舎町です。
その小さな町で秋に行われる祭りがあります。
神社の境内では、年に一度の豊作を感謝し神にお祈りし、神楽と言う踊りが披露されるんです。
境内から伸びる道には出店も多く出店し、多くの人で賑わいます。

今年も私は夫と7歳になる息子と出かけました。
 「ママ!僕あれがしたい」
 「いいわよ」
子供が出店の景品に目を見開き興奮しています。
パパも出店が大好きだから、子供と一緒になって”どれが欲しい・・・パパに任せろ”と気合十分。
2人の直ぐ後ろで呆れ気味に眺める私。
辺りは多くの人で混み合い前後左右に人の群れでした。
そんな時、明らかにお尻に触れる感触を感じ”痴漢”と思いました。続きを読む

の実家は水泳教室を営なんでいます。幼い時から、親の営む水泳教室に通ったは、中学・高校と水泳部に所属し、優秀な成績だったそうです。高校卒業後、両親の営む水泳教室でコーチの職に就きました。私達も3年前に結婚し、の実家の近くのマンションに住んでいます。義父は校長兼、事務全般を行い、義母がコーチをしています。義母も50歳となり、午前中に開かれている熟年担当をし、は夕方に開かれている学生担当をしています。は主に、小学生中学生がメインで、数人の高校生といった感じで、生徒数も全員で十数人でした。私、サラリーマン30歳 27歳 義母50歳 義父55歳は、水泳一筋の人生ですから、スタイルも良く細いウェストにスラリと伸びた足、胸はCカップでした。続きを読む

このページのトップヘ