レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:夜這い


膝を少し持ち上げると、『マン繰り返し』にし て、お尻の下に、枕を差し込んだのです。

これで、綾は、大きくを広げ、 腰を持ち上げるような姿になりました。

勿論、ワレメは自然と開き気味にな っていました。

僕もいつの間にか部長さんのすぐ横に移動していました。

「それじゃあ、調べさせてもらいましょうか?」

部長さんは、そう言うと、ワレメに指を差し入れて左右に広げました。

綾のオマンコは、綺麗なサーモンピンクでした。

綺麗なオマンコをしてるなー。

おっ、処女膜...、でも、切れてる よ...。

バージンじゃないよな。

でも、そんなに経験してないな...」

部長さんは、綾のオマンコを広げながら、僕らに説明して見せました。続きを読む



浴衣を脱いで、ベットに仰向けになれ」

って言われた。

 言われたとおりにした。

そしたら部長が部屋の明かりをつけた。

 とっさにオッパイとアソコを隠したら「その手どけろ。

足も開け」

って言われた。

 ためらってたら「はやくしろ!」

ってちょっと怒鳴られた。

ドキっとして、そうした。

 そのまましばらくなにもされなかった。

 目をつぶってたから分からないけど、たぶん、わたしの裸を見てたんだと思う。

 その後オッパイを強く握られた。

 先っちょ(由紀子は乳首を先っちょという)も吸われた。

 しばらくして、アソコに指を入れられた。

 何回も出し入れされた。

  「腰を動かせ」
続きを読む


会社の部署別対抗野球でファーストに滑り込んだ俺は足首を複雑骨折 してしまった。

志願して出場したわけではないので完治するまで長期休暇を貰える事 になったのはいいけど今って骨がようやくくっつきはじめる位ですぐ リハビリさせられるらしい。

間接が固まっちゃうから。

それが痛いの何の最初の頃は絶叫した。

ようやく何とか間接が動くようになったら、かみさんがご褒美にって 東北の某温泉治することになったのである。

温泉といっても館ではなく、いや館なのだが治施設というか 木造の宿舎みたいなのが館の横に建っていて長期療養者はそこで 自炊して暮らすというそういったもの。

まあ閉山まえギリギリという事もあって他に泊まってる人も居なくて 寂しいこと寂しいこと。続きを読む



私の、小由里は現在38歳である。

子供を二人産んでいるが身体の線はそれほど崩れていない。

歳よりだいぶ若く30そこそこに見られる。

身長は160cmで体重は50キロ、芸能人で言えば浜崎あゆみをふっくらとさせた感じである。

近所でも評判の美人である。

そんな小由里にどうしてもあることをやってみたい...それは小由里とのセックスがマンネリになっていることもあるが、私以外の男とセックスした場合どんな風に変身するか見てみたいという欲求である。

私の知る限りでは浮気などしたことはないはずである。

計画はいつも庭の手入れをお願いしている植木屋のご主人に小由里を抱いて欲しいとお願いすることにした。続きを読む

女従業員に「痴漢ができる館」が、北陸に存在 (ジャンル未設定) 42266回

2011/03/31 16:52┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
1 筆ペン(静岡県):2010/03/30(火) 21:27:50.14 ID:mlElxGLR●|北陸地方のA県にある小さな町の料理館に勤務するY・Nさん(21)。 この館の若い女性従業員にとって、下着の上からの短時間のお触りは、上半身下半身ともに、暗黙の了解でOK。「痴漢ができる館」として口コミやネットで噂が広まり、お触りを目的に宿泊する客も大勢いる。 ここでは高校を卒業しても、3人に1人しか就職できません。 そんな厳しい状況の中、私は地元の料理館から採用され、本当にラッキーでした。続きを読む

このページのトップヘ