レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:女医



まぶたの上からでも目を焼かれるような、強烈な光を顔に当てられて僕は目を覚ました。
僕は素っ裸でマットの硬いストレッチャーに乗せられ、医者の手元に陰を作らないよう、あらゆる角度から患部を照らす無影灯によって照らされている。
間違いない……ここは手術室だ。
そして、その手術を受ける患者は……僕だ。
体は鉛のように重く、ストレッチャーから起き上がることもできない。
なんとか光から逃れようと、力をふりしぼって首を横にしてみると、白衣を着た女の人がいた。
手術着も着ていないが、ひと目見ただけでなぜか、彼女がこれから僕を手術する女医さんだということがわかった。
切れ長の目と小さめの眼鏡のせいか、知的でちょっと冷たく、神秘的な印象を受ける美しい人だ。-----続きを読む


ホテルのラウンジで戸田さんが微笑む。夜景も酒の甘みも申し分ない。



戸田「俺さん、もっとしゃべってくださいよぉ。私、俺さんの話好きですよ」



俺は突然の指名に困惑することしきり。



戸田さんは、俺の職場に出入りする取引先企業の営業さん。

戸田さんと呼んでいるが、ルックスが戸田恵梨香に似ているということだ。



戸田さんは先ほどから、他愛のない話に短い矯声を上げ笑い、酒気をはらみ、

潤んだ上目で俺を見る。その左手は俺の太ももに置かれ、

彼女が笑うたびに、微妙に股間のほうへ落ち込んでは、

またもとのポジションに戻る。何の意趣か?



俺「ちょっと、戸田さん、酔ってるんじゃない?」続きを読む

夫と別れて岡山の実家に戻ってきましたが幼い子供を育てていますから、何時までも自宅に籠もっている訳には参りません。
ある人のご紹介で刀剣類の販売会社に就職しました。
私の会社勤務の経験は三菱商事しか有りません。
会社はデスクワークが主体と思っていましたら就職した会社では各地への展示販売が主力でした。
出入りの人達は刀剣類のコレクターや刀工刀匠さんたちでした。
ある日、竹下さんとおっしゃる若い刀工さんが来社されてお話をしました。
その後も数回の来社で彼が優しそうな印象を受けていました。
終業時間前にお仕事の打ち合わせが終了しましたのでご一緒に退出して近くの喫茶店へ立ち寄りました。
誘われる儘にレストランで夕食を摂りました。続きを読む

触診 (M男体験談) 33440回

2008/08/02 03:13┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者
「ほら、しっかりしなさい。男なんでしょ?あ、でももう男じゃないかもしれないのか」女性に肩を貸りながら、男は小さな診療所の扉をくぐる。痴漢をした女性に電車から連れ出され、「どうする? 警察に突き出されるか、おしおきに金蹴り10発くらうか?」と聞かれ、男は金蹴りを選んだ。しかし、男の選択は間違いだった。彼女のつま先は確実に睾丸をとらえ、たった一発で潰れてしまったのだ。しかも彼女はそれで許さず、残りの9発分として、うずくまる男の手をはらいのけ、残った金玉も握り潰してしまった。続きを読む


194名前:えっちな18禁さん[sage]投稿日:2010/11/03(水)16:44:39ID:8Ujmk/JVO

まだ中学生だった時のお話。

当時、俺は、部活の大会で足の骨を折る重傷を負ってしまい、整形外科で有名な病院に入院することになった。

家がそこそこ裕福だった俺は、中学生にも関わらず、個室病棟に入ることになった。

病院、個室、若くて可愛いナース、妖艶で美しい女医…あんなことやこんなことや…。ぐへへ。

 

 

ガキんちょの旺盛な想像力は、脳内でナース女医を個室で犯しまくっていたが、現実ってのは時には残酷なものを見せる。

俺が想像した酒池肉林には、腹の弛んだオバサンナースと還暦間近のヘルパーとガチムチ兄貴な男性医師がいた。続きを読む

このページのトップヘ