レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:女子大生



女子大生の香織は家庭教師をしていた。
彼女が教える生徒は、中学一年生の少年だった。
小柄で内気そうな教え子の少年は、小学生の頃からイジメられっ子だった。
週に2日ほど教えに来ていた香織は、少年の顔に殴られたアザを見るたび心を痛めた。
「どうしたの?大丈夫なの?」
香織はいつも少年を気づかい優しく話しかけた。
「ひどいことするのね。」
一人っ子の香織は少年を弟のように感じていた。

今年の春、香織は大学2年生になっていた。
1年生の間に取るべき単位は全て取得した。
部活やサークルから幾度も勧誘されていたが、そのたび香織は丁寧に断り続けてきた。
厳格な両親が許さなかったせいもあるが、香織もあまり興味を示さなかったためだった。続きを読む



この所、SEX相手に困ってなかった俺は、レイプを休んでいた。
同じ相手としてると、飽きてくるよな、男って。

そんな中、獲物を発見した。
俺の手口は合鍵をコッソリ作り、侵入してのレイプ

伊豆の館で女子大生4人組みを目撃
どれも結構ツブ揃いだ。
入室した部屋を遠くから確認、チャンスを伺った。

程なくして、全員温泉場に向かう4人を確認。
猛ダッシュで部屋に向かうと、荷物がちゃんと置いてある。

荷物の中を確認すると、全員K大生と判った。
特に目を引いたコのバックは覚えていたので、それから順に。
すかさず、全員分の免許証と学生証をデジカメで撮り、合鍵を作るために、
鍵類を持ち出した。続きを読む



私のの裕子は、鶴田真由に似た、明るく聡明な女性であった。
○○大学で古文を研究し、その経験を生かすため
私立高校の国語教師という仕事に情熱を傾けていた。
結婚して2年、裕子が25歳になって間もないあの日まで、
私たちは人も羨む仲むつまじい夫婦として暮らしてきた。
あんな悪夢のような日の出来事さえなければ・・・。

あれは1年前の3月26日だった。
3日前に卒業式を終え、春休みで裕子が家にいるので、
私は取引先からそのまま直帰し、7時前に帰宅した。
買ったばかりのマンションのロビーで呼び鈴を押したが返事がない。
仕方なく解除番号を押して5階に上がった。
玄関でもう一度ベルを押したが中に人の気配があるのに返事がない。続きを読む



浅井由希子、 歳です。
今年の春、女子高校を卒業して、
ました。
 今年も、女子大生の就職は、大変な狭き門でした。
 面接試験
その頃、リクルートファッションの流行はあ、シースルーのブラウスが中心
でした。
 
 面接官の方々の気を引くために、女の子たちの悲しい努力をしました。
 ほとんどの就職女子大生は、白い清潔な透けたブラウスです。
 その中も、乳房の露出度の多い純白のブラジャーです。
ノーブラの子さえ多くいました。
もちろん、胸だけでなく、下半身も露出の多いように努力しました。
 黒のリクルートスカートは超ミニのタイトスカートです。
面接官の方の前に座るとタイトスカートがせりあがって、太ももは露出しま続きを読む



度目の投稿です。エロ人事です。前回の続きです。
日曜日、朝から工場見学です。今日も工場はお休みで誰もいません。昨日の強い雨
は嘘のように晴れ上がり、朝から夏日でした。
僕は、一足先に出社して見学の準備。もちろん、いろいろと趣向を凝らしてね。
時頃、彼女が来ました。昨日とは違うグレーのスーツです。
「こんにちは。お休みなのに悪いね。工場が動いてると騒音で説明ができないから
ね。」と言いながら、事務所に通します。昨日の椅子に座ってもらい、簡単な説明
をします。
「と言った感じで案内をしますので、よろしくお願いします。では、隣の部屋で
着替えてください。」
「えっ」と不思議そうな顔をする彼女。「何に着替えるんですか」続きを読む

このページのトップヘ