レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:女王様



今年の6月の話し

出会いはmixi



そのやりとりは面白くないので割愛

アルタ前で待ち合わせした



緊張して待っているとやってきたのは黒髪長髪のお

加藤夏希をちょっと老けさせた感じだったので夏希で



ちなみに今まで調教されたことはなかったので初体験

すぐホテルに行くということだったので後ろをトコトコついて行った



sm経験やらなにがされたいのかなどを聞かれシャワーを浴びさせられて部屋に戻ったらガッシガシのボンデージをきてた

手を後ろに縛られて目隠しされる

さすがにプロで全然腕が動かせない






その格好で立たされると乳首あたりに激痛が走った

肌の上を思いっきりひっかかれてる感じ続きを読む

今年の6月の話し

出会いは

そのやりとりは面白くないので割愛

アルタ前で待ち合わせした

緊張して待っているとやってきたのは黒髪長髪のお

加藤夏希をちょっと老けさせた感じだったので夏希で

ちなみに今まで調教されたことはなかったので初体験

すぐホテルに行くということだったので後ろをトコトコついて行った

sm経験やらなにがされたいのかなどを聞かれシャワーを浴びさせられて部屋に戻ったらガッシガシのボンデージをきてた

手を後ろに縛られて目隠しされる

さすがにプロで全然腕が動かせない

その格好で立たされると乳首あたりに激痛が走った

肌の上を思いっきりひっかかれてる感じ

たっているのが辛くて座り込もうとすると怒鳴られる続きを読む



コンコン

弟「は~い、姉ちゃん~?どうしたの~?」ガチャ

姉友「は~い♪」

弟「あ…あれ……?姉友さん……?姉ちゃんは……?」

姉友「お姉ちゃんね、疲れて寝ちゃったみたいなんだ」

弟「……そうなんですか……お客さん放っておいて失礼だな……起こしましょうか?」

姉友「いいよいいよ♪それよりさ、暇だから弟君の部屋、入れてよ?」

弟「えっ……?」

姉友「遊ぼ遊ぼ♪」

弟「えっ~と……お茶とか取ってきましょうか……?」

姉友「ん~とね、じゃあ紅茶がいいな♪」

弟「は…はいっ……!わかりましたっ!」タッタッタ



姉友「ふ~ん……弟君の部屋ってこんなのなんだ~」

姉友「ベッドの下にエロ本とかあったりして~?おっ?ビンゴ~」-----続きを読む



俺が急所責めにとりつかれる原因になった出来事を書きます。
俺は滋賀県にあるメーカーで機械系のCADオペとして派遣で働いていました。
組合の規定で係長以下正社員は月1時間しか定時外労働ができない環境の中、俺は仕事が一番みたいな感じで遅くまで残業や土日祝日も部課長達とよく出勤して仕事をしていました。
たまに社員(入社1?5年目位までの)と少しだけ仕事でぶつかるような事もあり、時給は上がりましたが派遣で仕事をする事に限界を感じて12月(2年)で契約終了する事になりました。
大阪にある設計部隊の1番目として先に滋賀県に移ってきていた俺のいた設計課は13人で、年末に滋賀県にある保養施設で毎年泊まりの慰労会をしていました。-----続きを読む



帰りの電車は、すごく空いていた。
両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。
下車駅まで20分だった。
下車駅に到着するまで、途中で乗車する客も下車する客もほとんどおらず、ずっと空いたままの車内だった。
見渡すと、女性の乗客がいる。
席の真ん中あたりに座っている。
うつむいて目を閉じている様子だ。
こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、十分に厚着をした上着と、色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。
遠くから見ても灰色がかったジーンズの両が肉感的で、心行くまで見入りたい思いから、吸い込まれるように真横にこっそりと移動して、様子を見ることにした。続きを読む

このページのトップヘ