レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:女王様



帰りの電車は、すごく空いていた。
両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。
下車駅まで20分だった。
下車駅に到着するまで、途中で乗車する客も下車する客もほとんどおらず、ずっと空いたままの車内だった。
見渡すと、女性の乗客がいる。
席の真ん中あたりに座っている。
うつむいて目を閉じている様子だ。
こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、十分に厚着をした上着と、色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。
遠くから見ても灰色がかったジーンズの両が肉感的で、心行くまで見入りたい思いから、吸い込まれるように真横にこっそりと移動して、様子を見ることにした。続きを読む



1/3)彼氏の言いつけで輪姦されまくったエッチ体験談の続き全部入れられると、お腹の肉で息ができない。
苦しい。
自分で迎えに行くしかない。
頭は振ってあげる。
でも舌は使ってあげない。
こんなキモオヤジにどうしてこれ以上奉仕しなくちゃならん。
彼がお腹の中をえぐっている感覚があるから咥えてあげてもいいけど、それ以上は嫌だ。
ヤケクソで咥えていたら、横からもう一本が私の頬に擦り付けながら自分でしごいている。
困って彼を見る。
咥えろ、と目で合図される。
はぁ、そうですよね。
もう好きにして。
誰も助けてくれない。
勝手に私の穴を犯して臭くて汚い白い液をいっぱい出せばいいじゃない。
もういいよ。
顔を向け口に含む。続きを読む



2/3)彼氏の言いつけで輪姦されまくったエッチ体験談の続きローションを外だけじゃなく中まで塗り込まれる。
先端が狙いを定めてゆっくり押し込んでくる。
ぐ…ぐぐ…普段は入れるところじゃないし、私が力を抜いても簡単には侵入できないようだ。
でももう限界。
先っぽが、お筋肉を無理やり広げて入ってくる。
ある部分を越えると、ボコンと頭の部分が入って、あとは一気に全部刺し込まれる。
もう抵抗は無意味。
ずるんずるんとおの穴に焼けるような感覚をくれるだけで気持ちよくはない。
さほど痛くはないけど奥に入れられると苦しい。
今日は嫌だと言ったけど、許してくれなかった。
事前に中まで全部きれいにさせられてた。続きを読む



輪姦されたときの作文書かされました。
彼=siiの指導も入ってますが。
あと、編集作業をお願いした人から連絡来ない、そう書いとけと言われてます。
ビデオを見せてもらった。
感想を書けと言われたから書いてみた。
ビデオは途切れ途切れだから、思い出しながら書いた。
だから、ところどころ実際と違ってるかもしれないけど、気持ちとしてはこんな感じ。
長々小説っぽくなったけど、読んでもらえたら感謝。
来た人はみんなシャワーを浴びたはずなのに、部屋の中はむわーっと嫌なニオイが立ち込めてる。
彼に聞いていたとおり、部屋には10人くらいの男たち。
私の座るベッドは彼らに取り囲まれている。
今回はこの人たちに輪姦されなきゃいけない。続きを読む



思い出せば、ずいぶんと若い頃のことのように思える。
あれは、20歳の時だった。
12月頃だった。
あるイベントの帰りの電車内でのことだった。
時刻は18時頃だった。
帰りに電車は、すごく空いていた。
両端に一人ずつ座っているだけの殺風景な車内だった。
下車駅まで20分だった。
それまでほとんど乗客がいなかった。
ずっとすいたままの車内だった。
見渡すと、女性の乗客がいる。
席の真ん中あたりに座っている。
様子をみると、うつむいて目を閉じていた。
こげ茶のポニーテールで、顔立ちはついこの前見たカップルの女によく似ていて、十分に厚着をした上着と色あせて灰色がかった黒のジーンズ姿だった。続きを読む

このページのトップヘ