レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:奴隷

あんな恐ろしい計画があったなんて本当に信じられません。
私真帆は高校1年の時、大好きだった先生と付き合っていてもちろんやることもやってました。
最初はゴムをしていたんだけど1ヶ月もしないで生でしてました。
先生にはSっ毛があり、私を縛ったり卑猥な言葉を言わせたりしていましたが、私も先生が好きだったので受け入れていました。
そして、妊娠。
親に言えないままお腹が大きくなるまで隠していたけどばれて、相手が先生だと分かると親は学校に乗り込み、修羅場とかしました。
先生は解雇。私は退学。
続きを読む

思わず「いやぁ?誰かぁ?」と叫ぶと同時に容赦なく頬を叩かれました「騒ぐなよ!ヤラれたくて俺たちを呼んだんだろが!」「暴れると制服が破れて親にバレるぜ!」と脅されながら押さえつけられガムテープで暴れる私の手を3人がかりで後ろ手縛り口にもタオルを詰められた後ガムテープで巻かれたんです逃げようとどんなに暴れても外れないことを確認すると男たちに制服の上から遠慮なく胸を揉まれたりスカートの中に手を入れられたりされていました何度も泣き叫び暴れましたがどうすることもできずやがてクルマは郊外のラブホテルに入ったんです経験がない私でも郊外の妖しいネオンがどんな場所かわかりますここが私の初体験の場所なんだ…こんな場所でもし逆らって殺されたら親は悲しむだろうな…ぼんやりと考えていると一軒家みたいな部屋に連れ込まれそのままベットに縛られたまま押し倒されました。続きを読む

39歳の主婦です。
子供が通っている高校のPTAの役になってしまい、昨年春から活動しています。
春から始まった活動の最初に、6月に開催する学園祭のバザー準備がありました。
PTA会長のAさんは、自営で輸入業をされているとのことで、毎回の準備やそれ以外の 準備も積極的にすすめられていましたが、他の役員は主婦が多く、ご主人の都合等で 早めに帰られている状況でした。
私は主人が、海外赴任していること、専業主婦であることから、できるだけ準備を手伝うように していました。
学園祭が明日と迫った日が悪夢の始まりでした。
追い込みをかけて準備していましたが、なかなか終わらず、午後7時頃に、子供に 「何時になるかわからないから、先にご飯食べて!}とめーるをした後、 結局終わったのは、10時すぎでした。 Aさん「最後まで付き合って頂き、ありがとうございます。一人だったら徹夜でした。」 私 「いいえ 足でまといだったかも知れませんが・・・ なんとか間に合ってよかったです」 Aさん「帰りは車とか手配できていますか?」 私 「いいえ 電車で帰りますから・・・」 Aさん「○○さんのお宅はどちらですか?」 私 「南の方で○○市の郊外の山の中です」と笑いながら言いました Aさん「それは遠いな。 電車の本数も少ないし私に送らせてください」 私 「それではご迷惑ですから・・・」と言いましたが、結局送ってもらうことになりました。続きを読む

は37歳で和装が似合う、どちらかと言うとおしとやかな女。
実際、茶道を趣味としていて週末には足しげくお師匠の所に通っている。
夫婦生活は円満だが、夜の方は私がED気味な事もあって年に数回ある程度だ。
はその事に不満を漏らしたりはしないが、女盛りの肉体はいざ事に及ぶと乱れっぷりは相当なものだった。
ある日と休日に城址で開かれるお茶会に同伴した日の事。
行きはそうでもなかったのに、丁度沿線にある競馬場でレースが開催される日だったのか帰りの電車はその客で超満員だった。
しかも客層が相当悪い、酒が入っているのは当たり前で浮浪者の様な輩もいる。
は顔をしかめながら私と離れないようにしていたが、電車の横揺れで少し間が空いてしまった。続きを読む

阿部は「このビデオは誰にも見せませんから安心して下さい」と言って、どこかへ行ってしまいました。
私はどうしようもなく体が火照ってしまい、すぐにトイレに行って自分でしてしまいましたが、全然納まりません。
阿倍の舌の動きが忘れられなくて、ずーーとウズウズしていました。
私は自分から「イカせて下さい」なんて絶対に言えないし、言いたく無いので、色々考えて、阿部を挑発していれば向こうから誘ってくると思い、阿部を探しました。
阿部は他の社員と一緒に外でバーベキューの残りでお酒を飲んでいました。
私は阿倍の正面に座り、カーディガンを着ていますが胸を露出させるように前屈みになったりして、他の社員さんと話をしていました。続きを読む

このページのトップヘ