レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:奴隷

欲求不満な人妻を犯し尽くして中出し奴隷に育て上げた変態調教

私には、以前から中出し奴隷がいます。
単に私はラッキーで、相手に恵まれただけ、だったのでしょう。
奴隷を作るにあたって一歩間違えば、人生を棒に振っていたと思います。

相手は32歳N美。
見た目、桑波田理恵を可愛くした感じで、体型はけっこう貧弱系、きっと一般的には、けして美人ではないでしょう。
N美は、私が引っ越した時には、既に入居していた一家で、私と同じマンションに住む、旦那と子供の三人暮らしの人妻です。

先に述べた様に、美人でもスタイルが良い訳でも無い訳ですが、押しに弱く、なし崩しに押さえ込み、強引に口説けば落ちるタイプの女、顔だちも私の嫌いなタイプではなかった事も有り、いつか切っ掛けとチャンスさえあれば有れば、犯してヤリ続きを読む

信用してた生徒レイプで中田しされたあげく性奴隷

36歳独身で地方にある進学校国語の教師をしています。
20代の頃は学校でもアイドル的に扱ってもらええましたが、30を過ぎたあたりからいろいろなお誘いも少なくなり、今では勝手に堅物女とか仕事命の女というレッテルまで貼られてしまう始末です。

そんな私を久しぶりにときめかせてくれたのが、昨年の夏休みに行われた6年前に送り出した卒業生たちのクラス会でした。
この子達は私が30歳の時に初めて担任を受け持った3年生、当時はまだまだ子どもだった教え子たちも、今ではみんな大人になって見違えるよう、特に女子はみんなきれいに変わっていました。
男子生徒たちも半分以上は就職していましたが、私の隣に座った島崎君は二浪して超関の国立大学に進学したためこの時はまだ続きを読む



私は毎日甥っ子に犯され性奴隷のような日々を送り続けています。
田舎の農家でハウス栽培の野菜を作っていますが、二年ほど前に主人が体が不自由になり、ほとんど農業はできない体になってしまいました。
それでも私は一人で主人を養うために農業を続けていました。
でもやはり、女一人ではうまくいかにことも多く、収入は激減で困っていたところに、隣に住む甥っ子の徹哉が手伝ってくれるようになりました。
徹哉はよく働いてくれました。
ですがある時、徹哉の視線を感じることがありました。
男の目で叔の私を複雑でした。
徹哉のことは小さな時から特別可愛がっていました。
ですから、そんな目で見られることの嫌悪感と甥への愛情のようなものが混ざりあってそれからは私の方が意識してしまったかもしれません。続きを読む



友達のご主人に犯されました・・・

友達が子宮筋腫で手術をしたのでお見舞いに行きました。

たくさんお見舞いでケーキを貰ったそうでおすそ分けしてもらったんですが 友達のご主人さんが甘いもの大好きだから

帰りに持って帰ってほしいと頼まれました。

もちろん了解して、家に向かいました。

するとちょうどご主人さんが帰ってきたところで 上がってコーヒーでも・・・一緒に食べようと言われました。

旦那も遅くなると言われていたのでOKしました。

そして、、、楽しく話をしていたら・・・ 186センチ、100キロ近いご主人が急に覆いかぶさってきたんです。

何が起きたかわからず・・・驚きました。 でも重たくてご主人はビクとも動きません。続きを読む



大学時代に一人暮らししていたアパート

学生の俺が住むぐらいのアパートなので
壁なんか薄くて、生活音が結構聞こえてくるんだよ

それで、ある晩、隣の家から
ガタゴト物音が聞こえた

一瞬地震か?ってぐらいの大きな音で
びっくりしていると
突然、女性の悲鳴も聞こえてきて

やめてとかキャーと
レイプされているような声

隣人の女性がレイプされている!

すぐ助けなければ!ってなればカッコイイんだけど
気弱な俺は自分の部屋でウロウロ

だって、ナイフとかレイプ魔が持ってて
俺刺されたくねーもん

それで、警察に電話するべきか?とか
5分か10分くらいして悩んでいたら
声は止んだ。

そして、隣のドアが開く音が聞こえた。続きを読む

このページのトップヘ