レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:奴隷

新しい刺激を求めた結果…

その男とは今日が初めて。 夫婦生活に不満はなかったが、新しい刺激を求め3Pに興味を持ち、ついに実行する事となったのだ。
男とは事前に電話で打ち合わせをしていて、あくまでも私たち夫婦のサポート的な役割をお願いしていた。車中で軽い話の中、とうとうホテルへ到着。
ドアを開けて室内へ。 その時、男が急変した。
男「奥さんイイ女だよね」とに抱き着き、いきなり唇を奪った。
唖然として私は何も出来なかった。
男は私の事など気にせず、そのままを後ろ向きにして壁に手をつかせてお尻を突き出させると「いいケツしてるよ・・たまんないね」そう言ってお尻をまさぐりスカートの裾をまくりあげた。続きを読む




出会い系サイトで夫婦の奴隷にを募集している書き込みがありました

場所も近いので私はその方にメールをして会うことになりました。

そして当日そこにいたのは彼女友達のリサでした。

当然顔見知りなので私は気恥ずかしくなりましたがそれと同時に興奮してきました

車に乗るとリサの旦那がいて私を見るなり少し驚いた顔をしましたが笑って

「へー案外世界って狭いもんだな、まあいいや、じゃあ家に着くまでしゃぶってもらおうかな」

と言ってペニスを出してきました

私はそれにしゃぶりつくと旦那は車を出して家へと向かいました。

家に着くまでの間にいかせてみろよと言われてがんばっていたのですがいかせることができず家につき
続きを読む

私は29才の人妻で由香里といいます。身長150。体重43、B82、w54、H84の華奢な体です。私たち夫婦は念願だったマイホームを建てることになりました。大工さんと何回も打ち合わせをして理想の家が建ち始めました。私は自宅のアパートから毎日現場に行き大工さんたちに、お茶を入れに行っていました。ある日、凄く暑い日でいつものようにアパートを出て現場に向かう時コンビニに寄り冷たい物を買って現場につくと大工さん達が丁度ひと休みするところでした。私は大工さん達に飲み物を渡してたわいもない話をしていました。そんな時、私は、オシッコがしたくなり我慢していたのですが限界になってきました。家までは持ちそうもなくて仕方なく現場にある大工さん達が使う仮設トイレで用を足すことにしました。続きを読む

この前、私はから衝撃的な告白を受けました。私のがヤクザの情婦にされてしまたのです。は31歳168センチ 肉感的な体をしています。内容は、ある日マンションの回覧を届けに5軒隣の部屋に行った時、その部屋の男に犯されてしまったのです。その男は、お茶でもどうぞと部屋に招き入れ、も毎日の挨拶で顔は知っていたので安心して、近所づきあいと思い部屋に上がってしまったそうです。お茶を飲みながら30分くらい世間話をして油断した所で、ソ\ファーに押し倒されたそうです。その頃、私は何も知らずに会社で仕事をしていて、8時間近くも犯され続けていたそうです。その日以来、真面目なは誰にも相談できず、平日は殆ど毎日その男の要求にこたえ、半年も抱かれ続けていたのでした。続きを読む

前回の撮影会後約1ヶ月ほどBを放置していた。理由はバイトが忙しく休みがほとんど無かったから。前回と同様Bに電話で呼び出しをした。俺「もっしもーし俺だけど覚えてる?」B「覚えてるよ。何?また呼び出し?」俺「そうそう。今週の土曜日朝10時くらいなんだけど、また道の駅で待ち合わせね。」B「えっ?土曜日は先輩と買い物行く予定なんだけど・・・」俺「んなもんキャンセルしろよ」B「だって先輩の予定キャンセルしたらボコられるんだもん」俺「俺の誘い断ったほうが怖いと思わない?」B「うん・・・そうかもしれないけど・・・」俺「じゃあ待ってるから必ず来いよ」そして電話を切った。続きを読む

このページのトップヘ