レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:姉



僕が高校一年生の時の話です。
僕に人生初めての彼女ができました。
彼女の名前はあみとします。
彼女は背が小さく、かわいい感じの子でした。
僕も身長が低く(155位)回りからはお似合いだと言われていました。

付き合って半年になる頃、僕はまだ一度も彼女とセックスをしたことがありませんでした。
もともと、奥手なのでセックスはしたかったのですが、どうしても切り出せなかったのです。
ある日、彼女の両親が仕事で2人とも留守にすることになり、僕は彼女の家に泊まることになりました。

僕は今日こそ!という思いで彼女の家に行きました。しかし、それは悪夢の始まりでした。
僕はその日、彼女とたわいもない話をして、過ごしておりました。続きを読む



私はマリンスポーツ関係の仕事をしています。
高校を卒業してはや1年がすぎているのに、未だ未経験のままで
いつも自分で慰めている日々が続いていました。友人は殆ど経験しているのに、
大人しい俺は女の子に声をかけるのが苦手で彼女はいませんでした。

ところが今日初体験してしまいました。
これを書いている今でも手がガクガクしていて、その時のことが脳裏にやきついています。
その相手は1歳年上の仕事の先輩です。
自分が入った時に施設のこと、仕事のこと、そして忙しいので歓迎会も
ろくにできなかった中、食事に誘ってくれた、自分にとっては御的存在です。

初体験することになった経緯ですが、仕事が終わったので自分はラッシュ続きを読む



それは私が中一の春休みの頃で、私は陸上の中距離選手で休みの日も自主ト
レで公園を走ったり、柔軟体操したりしていました。

その日は天気が良くて、会社の花見のような人達がたくさんいました。
私はいつもの体操場所が取られてたので、ちょっと芝生の中に入った茂みの
中の濡れていない場所を探して柔軟体操を始めました。

少しすると、後ろで植木をガサガサとさせたような物音がしたので振り向く
と花見中の美人OLお姉さん泥酔して四つん這いでフラフラしながら近
寄ってきました。

「あ~ら~ボクちゃん、一人で何してるのぉ~?」
坊主頭を撫でられながら、急な展開に固まっていると、目の前に大きな胸の続きを読む



 僕はまず、の乳房の生揉み感触を久しぶりに堪能、そしてプクッと突き
出た小さな乳首を摘み、コリコリをねじって遊ぶ、右の乳首をいじりなが
ら、左の乳首を口の中で舐め回す。
柔らかく、ぷにぷにした舌触りは最高の感触で、舐めても舐めても舐めたり
ないほど。
最初からが起きる心配もせず、大胆に、激しく、やりたい様に乳房を凌辱
した。

 太郎も遠慮する事無く、僕のという事など関係ないとばかりに、の両
足を大きく広げ、その間に入り込み、両手でマンコを大胆に広げ、ジロジロ
と観察した後、の股間一帯から内太ももまで、大きく舐め回していた。

 しばらくは我慢してきた欲望をの体にぶつけるのに必死になって、無言続きを読む



 俺は一度、覗きを通り越し侵入した事が一度あるぞ。
お気に入りの女子中の家は春先から晩秋まで1週間に3日は覗きに行った。
もちろん浴室がターゲット、たまにトイレも。
窓は閉まってるので、音だけ聞いてはオナおかずしてた。
2ヶ月くらいで誰が何時に風呂にはいるかだいたいわかつてきた。
8時前後は親爺、9時?11時は娘と、深夜12時?2時は母親だ。
俺の出動は9時からの2時間。ある日誰も入ってない時に窓を小刻みに上下に
振動させてみた。なんとロックがはずれて開いた。まじ、これで拝める。

高鳴る心臓を押えきれずにいると、風呂の電気がついた。
娘たちはほとんど夏場はシャワー、そっと2センチくらい窓を開けてみた。続きを読む

このページのトップヘ