レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:学生



「あぁっ、ぁんっ、ぁぁあぁぁあっ」

「マジでカワイイな、オマエ。反応もイイしよ。今年の新入生初めてのアタリだぜ」

「はぁっ、ぁあぁんっ、ぁはぁぁあっ」


――ナンダ、コレハ。

酩酊した脳が、突然の状況に明確な答えを弾き出せない。
まるで電池の切れかけた電卓の様に、バラバラの思考が脳内に浮かんでは消える。
聞こえて来る声。
その持ち主は間違える筈もない、僕の彼女
今時の学生にしては珍しい黒髪ロングの僕の彼女
一緒の大学を目指して頑張って合格した僕の彼女
今日も新歓コンパに一緒に参加した、僕の彼女
周りの友人からも羨ましがられる清純派の――そうだ、僕の彼女だ。


「あーヤベ、きもちイイ」
続きを読む



<>243:おさかなくわえた名無しさん2013/04/26(金) 02:41:44.82 ID:THHWhL2n<>
初カキコ。

朝の女性専用車両での出来事。
ほんとうにささやかなことで、読んだみなさんがスーッとするかはわからないけど
今日の朝電車であったことを書きます。初めてなので読みにくいし、
夜中なのでゆっくりで長くてつまらなかったらとばしてください。

とある都内へ向かう電車内。朝のスーパー通勤ラッシュは過ぎたけれども
遅めの出勤や通学の人たちでまだまだ混み合う時間帯。
私は普段はその時間の電車には乗らないのだけれども、仕事の関係上今日だけは
そのちょい混み具合の電車に乗らなくてはならなかった。続きを読む





763:えっちな18禁さん
私の学生時代、担任だった先生が凄く真面目で教育熱心な方だったんです。
私が勉強が分からない事があると、放課後でも教えて下さりました。

テストも近いのに分からない事があったので、いつものように先生と図書館で勉強を教えて貰っていました。







768:えっちな18禁さん
そしたら校内でも有名な不良の生徒が3人くらい、私たちの方に向かってきました。

下品な口ぶりで私たちに話しかけてきたと思った刹那、突然私と先生を羽交い絞めにしてきたんです!

「何するんだ!やめろ!」と先生が叫んでも、不良男子達は聞く耳持たず、
私はあっという間に服を脱がされてしまいました。続きを読む

この間トンでもない光景を見せられてしまいました。学生時代から付き合っている仲間で「G」と言う男がいます。仕事も長続きせず、遊んでる時の方がが多い奴です。その日Gのアパートに呼ばれました。行くともう一人知らない男がいました。「こいつ俺の学生時代からのダチ」私をそう紹介したのですが、彼の紹介は有りませんでした。「なんかあるの・・?」「オウ!、まあ待ってろよ、これから面白いものみせてやるからよ。」Aはそう言いながら、もう一人の男に向かって「そうだよな・・」念を押していました。「ハイ、此処に来る様に話しましたから・・間違いなく来るはずです。」男はAに丁寧な言葉で話していました。続きを読む

夏のS線。残業後の会社帰りだったので、もうすっかり夜。7時半くらいだったろうか。隣に、どうやら弓道部らしき髪の長い女子高生が座ってくる。肌は白く、目はクリクリしていて、かわいらしい。髪も染めている様子はなく、純真なイメージ少女である。 これは・・・!と欲求が高まる。そこで、ある手を使ってみた。 パッチン。そう、後ろから、いきなりブラジャーのホックを外す技。 少女はびっくりしてこちらをにらむ。でも、動くとブラジャーのホックがはずれているのが見えてしまうためか、動けないでいる。 かわいいことに、頬を真っ赤に染めている。俺はその少女の腰に手をまわすように、ススっと背中側から手を忍ばせる。続きを読む

このページのトップヘ