レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:学生服

輪姦大好きな彼女が修学旅行生を誘って大乱交

21歳、フリーターのかなりエロい子で性癖が同じで出会い系で知り合って以来続いている。
性癖とはベッド上より他の場所でのセックスが好きなことと、 中学の時に輪姦されて以来、セックスに溺れ複数から犯されるのも好きになったとか。
とにかくエロく、迎えに行き車に乗った瞬間チャックを勝手に開けてフェラ開始。
しゃぶっているとたまらなくなり、店舗の立駐へ飛び込んでカーセックスする、そんな子。

ある日、某シティホテルに昼頃からチェックインしてまったりとセックスしていた。
「たまにはこういうのもいいよね」
という彼女だったが・・・夕刻ホテルの売店へ行った時 修学旅行らしき学生服を着た集団がいた。続きを読む



嬢:ダチさんの知り合いですか?と俺に話しかけてくる。

俺:そうですよ、もうかれこれ30年以上の付き合いですかね。嬢:そうなんですか、えっ・・・いくつですか俺:三十代後半ですよ嬢:全然見えません、てぃうかダチさんも・・俺:もしかして、ダチの事が気になるの嬢:違います、良くここであったりするけど幾つなのか聞いてなくて・・・俺:そうなんだ、幼稚園からずっと一緒にいる仲間なんだよたわいもない会話が続いた。

そうそう、俺のスペックを言い忘れていた年齢三十代後半身長165cm体重85kg既婚服装はポロシャツにジーパン、サンダルどこにでもいる、小太りさんです。

嬢のスペックは年齢二十代前半身長165cm体重は??痩せ形歯科大学生服装は白の花柄のミニのワンピースとても可愛らしい子だ
続きを読む



俺がまあそこそこの熱意を持って柔の道を歩んでいたころの話。
その日は地域交流もかねた近隣校柔道部の練習試合で、
夏の総体連(本戦)がまじかに迫る七月のクソ暑い空気の中、
百数人分の漢臭が充満する町内道場で俺はヒィヒィ言わされていた。
変な意味ではない。
凄まじい練習メニューを強いられた上での、各校のクラブ顧問達との試合形式。
それはもう、練習と言うよりイジメに近い。
「イィーッポン♪」
こんな軽?い調子でバシバシ畳みに叩きつけられ続けて早十数回目。
「……ちょ……先生……も、マジ……カンベンして、下さい」
「そやな。ワシも疲れてきたし、五分ちょい休憩な」
―――クソジジイ。汗一つかいてないやろが。続きを読む



ジュニアアイドル同級生
俺は中学校の時、同じ学校に通っていた

このジュニアアイドル
ロリコン向けのIVだけじゃなく
テレビ出演もしたこともある美少女
何やら芸能活動が忙しくて
滅多に学校にはきていなかった

それでたまに美少女アイドル
通学してくると学校は大騒ぎw

これがなにかの恋愛小説だったら
きっと席は隣同士だ。

なんなら幼馴染だったりするかもしれないし、
秘密の関係を持っているかもしれない。

けれど僕とジュニアアイドルしている彼女
全くの他人だった

僕はアイドルに憧れる
一人のしがない子供でしかなく

遠巻きに彼女を眺める
生徒に過ぎなかった。

ただ、それで言うと
続きを読む



高校時代
野球部のマネージャーをしていたんです

私は、中学生ぐらいから
自分がマゾだと気づき
辱めを受けるのが大好きな変態女子でした

それで、野球部員の男子達とHしていると
いつしか肉便器状態になり

誰が言ったかわからないが、

「試合でホームランを打ったら、
マネージャーとエッチできる」

というルールが作り上げられていた

4番バッターの吉田君とは、
もう何回Hしたか分からない

野球部員からは、ヤリマンな女子校生って
思われていたと思う

だいたいホームランを打つ人は
いつも決まっているのです。

でも、今日は、意外な人が
起死回生の逆転ホームランを放ちました。

バント職人と呼ばれる、
続きを読む

このページのトップヘ