レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:官能

31 名前: えっちな18禁さん 投稿日: 2010/07/21(火) 18:55:12 ID:CKsrkOPU0俺が中学のときだから昔の話になるけど、クラスの仲間と先輩たち六人でかなりヤバイ事をしたことがある。
 当時の俺といえば、年上の人達と付き合いがあったせいか知識だけが豊富になっていて、 頭の中がいつも女のことでいっぱいになっていた。
   あの時も、いつものように封鎖された工場に忍び込んで煙草を吸ったりエロ本を見たりしながら、 「昨日、S美の生パン見た」とか、「テニス部のM奈とヤリてぇ」とか言って盛り上がっていた。
 この辺りには丘陵地沿に造られた工業団地が在り、 それに伴う社宅や小学校が緑地として残された雑木林の中に点在していた。続きを読む

2004/08/27 12:47┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者


1・忍び寄る魔の手

お母さん、どこにいるの?」
リカがの姿を求めて廊下を移動する足音が聞こえる。赤いランドセルを背負ったまま、リカは部屋を覗きまわっていた。

「奥さん、どうやら娘が帰って来たようだぜ。」
傷のある男は織江の耳元でそう囁くと、手に持っていたガムテープで織江の口を塞いでしまった。

「すまないね奥さん、ここであんたに騒がれちゃあ、元も子もないんでね。おいお前ら、娘をここに連れて来い。」
傷の男が命令すると、後の二人はリカを捕まえる為、部屋を出て行った。

「へへっ奥さん、もうすぐ娘と対面できるぜ。」続きを読む

2006/07/21 22:52┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者


前編:二人の男に嬲られる妄想


メールで指定された場所は小綺麗なマンションの一室だった。 
エントランスのパネルを操作してメールに記された番号を入力すると、 
自動ドアは音もなく開いて私を迎え入れる。 

307号室、表札には「片桐」の文字。 
何の変哲もないドアの前で、私は大きく深呼吸をした。 
この中に、あの茶髪の男や黒髪の男、あるいはその仲間がいるのだろうか。 
特急電車の出来事から二週間。 
生理不順のためピルを飲んでいたので妊娠の心配こそなかったが、 続きを読む

2006/06/10 00:29┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者


大学生のとき、中学2年生の女の子を家庭教師で教えていたことがあった。 
半年ぐらいたってからバレンタインの時にチョコもらって、それからなん 
となく付き合うようになった。 
といっても、授業中にキスしたり、服の上から胸をもんだり、ま、遊び半 
分だったね。 
中学生だからとってもウブで、太ももは触ってもOKだけど、手が滑って太も 
もの付け根のパンティの所までいくと、NG。膨らみ始めた胸も、ブラの上から 
揉むのであればOK。それでも中学生相手だから、とっても萌えた。 続きを読む

2011/05/22 10:24┃登録者:えっちな名無しさん┃作者:名無しの作者


日頃の労を兼ね久しぶりの長期の休暇を貰い、夢の島に立ったAKB48の47名と研修生4名の総勢51+マネージャーを乗せて船は出航する行き先は夢の島の筈だった。

の途中、小嶋が海坊主によって海中に引きずり込まれる事件が起こる。

小嶋の安否を気にしながらも到着した島は夢の島では無く性犯罪者が集う島、強姦島だった。メンバーを待ち受けていたのは数十名の性犯罪者と拉致された小嶋と元の仲間の小野達の悲惨な姿だった。

突如、空から飛来した鷲尾に渡辺が連れ去られ、マネージャーである黄猿の裏切りを知り、国と事務所から見離された事実に打ちのめされる続きを読む

このページのトップヘ