レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:小学生



私の体験を告白します。
私は現在、中小企業の会社員として昼間は働いていますが、実は社長の愛人であり、更に社長と会う日以外の夜や休日は出会い系にどっぷりはまっているのです。
こうなったのは、今から10年前に私に起こった「ある出来事」が原因でした。
私の両親は、私が小学4年生の時に離婚し、私はに引き取られて安アパートに二人で住んでいました。
私が小さい頃から夫婦ゲンカの絶えなかった両親でしたから、仕方ないと私は考えていて、どちらかといえば顔を合わせる度にケンカをするよりも、早く別れた方がいいのに、とさえ思っていたので離婚についてはあまり感傷的になりませんでした。
又、私自身も引っ込み思案の大人しい性格だったので、クラスの中では目立たず、家の環境も手伝って更に他の子とはあまり話をしない子になっていました。続きを読む



今でこそ処女を姦るにはJCかJSを狙わないと確率がひどく悪いですが、その昔、女犯を始めたばかりの頃は(自分も高校生だった頃は)処女を姦りたくなったらJKでした。
当時から処女犯が大好きな自分は一度、一日に何人の処女を姦れるか?ということに挑戦してみたことがあります。
当時大学生だった自分は、中学時代からの痴漢仲間(すでにそのころは強姦仲間でしたが)2人に手伝ってもらい、ちょうど今頃決行しました。
まずは早朝5時に仲間のアパートを出発し、某高校の朝の部活に登校してくる子が獲物。
一人目は車で拉致ろうとして目を付け実行直前にジョギング親父が通りかかってやり過ごしました。
まぁ、負け惜しみではないのだけどおデブで不細工な顔立ちだったので見逃しもありかな、と。続きを読む

お盆休みに帰省(けっこう北のほう)してて友達と飲んだときに、高校のとき同級だったMさんが川崎の風俗で働いているという噂を聞きました。
 クラスも別だったのでほとんど話しもしたことはなかったけど、高校時代に片想いというか憧れていた女性なので、まさかと思いましたが、地元では結構噂になっているようでした。
 誰かが偶然、川崎のソープで会って、地元で噂したらしく、家とも断絶状態でもう何年も帰ってきていないとのことでした。
 色々聞いてみると友達のお兄さんが知ってるかもということなので、ちょうど帰省していたので聞きに行くと「俺が行ったわけじゃないけど」と言いながら店の名前と、店に出ているときの名前を教えてくれました。続きを読む

娘が少女バレーボールを始めるのをきっかけに私は経験者でもありコーチになりました。
それから3年が経過して娘も卒部してから周りから奨められ私は監督になりました。
親のお手伝いが少なくお母さん達のコミニュケーションを向上する為にお母さんチームも作ったのですが今年の春から参加した親子が数人居て中でも一際目を引くお母さんが居ました。
今までも若く綺麗お母さんは何人かは居ても、そんな気持ちになったのは一度も無かった…年甲斐もなく8歳年下の彼女を見た時は全身が雷で撃たれたようにシビレてしまいました。
チーム監督の立場…教え子の…そして近くの人妻と極めてリスクの高い禁断の領域でマズイと思いながらも彼女が頭から放れず、どんどん引かれ想いは深まってしまいもう気持ちを止められず先日お母さん達との飲み会で参加した時に私はお酒が飲めなかったので車で行き彼女を含む数人のお母さんを車に乗せて帰りました。続きを読む



855名前:鳳◆iHGETTj.投稿日:02/06/0122:30ID:wBHQ8PE6
『さ、〇〇ちゃん、ちょっとな、横になってみ。
 これからおっちゃんがええことしたるからな。』
『ええことってなに。』
『セックスや。』
『セックスやて、そんなんしたら、おかあちゃんに怒られる。』
『怒られるゆうて、そんなことおかあちゃんに言うたらあかんやんか、な。
 セックスせんと、大人になられへんねんで。
 さ、はよ、横になってパンツ脱がんかいな。
 おっちゃんも服脱ぐから。
 さ、はよ脱いでメコ出さんかいな。』
『いや、おっちゃん、服脱がさんといて。』
『なに言うとんねん、はよ、脱いでメコ出さなあかんやんか。続きを読む

このページのトップヘ