レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:小柄

屈辱的な長期契約

私は、夫が寝たきりになり、生活苦から、スーパーでパートをしている小柄でふっくらしているから、年のわりには若く見られますが・・52歳のおばさんです。
でも、レジ打ちが遅くて倉庫に配置換えに成り、そこでも出庫伝票を間違えるという大失態。その日、お店が終わって店長室に呼ばれ「解雇」を宣告されました。
必死にお願いをしたところ若い店長さんは「方法がないわけではないんですけどねぇ」と私の手を握りました。




店長は私を自分の太股に乗せ、肩を抱き寄せ「嫌なら無理にとは言いませんからね」
…ようするに体を投げ出せと…
そして、夫の入院費の為に申し込んだ社内貸し付けにも触れ、個人的と、白い封筒を私の手に握らせ「嫌なら立ち去って貰って結構ですよ」
続きを読む

を自分の女にしました

歳のわりには若々しく知的で可愛らしい顔をしたは私にとって憧れの対象でした。
小柄で色白の肌をして豊かな胸を持ったを思い自慰に耽る内にを私の物にしたくなり、籠絡し自分の女にしました。
まず私がに劣情を抱いている事を伝える為にの使用済み下着を精液で汚して洗濯籠に戻して置きました。
これで私がを性の対象として見ている事がにも伝わったと思います。
翌日から何か言われるか心配していましたが何事も無かった様に振舞っていました。
何回か同様の事を繰り返しましたが特に拒否する事も無く私の行動を受容するを見て、葛藤しながらも私の劣情を受け容れる覚悟をしたと判断し、一線を越えてを犯す決意をしました。続きを読む



1年前、新居を購入しこの土地に引っ越してきました。
夫(35歳)は、IT企業で働き深夜帰宅に休日出勤と忙しい人です。
私達には7歳になる娘がおり、この春から小学校に通い始めました。

娘も知らない土地で、初めは嫌がっていましたが、1ヵ月もすると何も言わなくなっていたんです。
ある日、家の近くの公園で遊ぶ娘と一緒に遊んでいたのは、5・6年生位の男の子でした。
2人はニコニコしながら楽しそうに遊んでいたんです。

“あら・・・お友達かしら・・・“そう思い近づいて挨拶すると、何と中学1年生でした。
小柄可愛い顔立ちの彼は、礼儀正しく感じの良い子だったんです。
家を聞けば我が家の裏手にある長屋に住んでいるとの事でした。続きを読む

下校道に今はつかわれていない会社の寮があった。ちょっとした、抜け道がありここで、友人たちとよくたまっていた。ここならば、思う存分女たちを犯せると思い、夏休みに友人と計画を立てた。ターゲットは山K美樹と、O本麻美だ。美樹はバスケ部で160センチくらいで、ほっそりとしていて、髪はツイン、かなりかわいく、バストはBくらいか。麻美は髪は肩位まで、バストはBくらいで、吹奏楽部だ。どちらも美少女系で、俺たちのターゲットになっていた。ちょうど夏休み、プールの授業があって、午前帰りのときに作戦実行となった。「探検しようぜ」というとほいほいついてきたので、友人としめしめ思っていた。続きを読む

今、我が家は家庭崩壊の危機です。事の発端は、私が息子のパソコンを借りた事にあります。ネットで調べ物をしている時でした。”ガ・ガガ~”と言う嫌な音と共にパソコンが固まったんです。立ち上げ直しを行っても復帰する事は無く遂に壊れたかと思っていました。その日、息子とは、息子のサークル(柔道部の試合)に出掛けていて家には誰も居ませんでした。ちょっとだけと思い、息子の部屋からパソコンを借りて来たんです。パソコンを立ち上げ、ネットを見ている時、サークルと書かれたホルダーがあって気になった私は悪い事と知りながらホルダーを開けたんです。更に中には、抜きネタと言う意味深なフォルダーがあったので、エッチな画像と確信しながらクリックしたんです。続きを読む

このページのトップヘ