レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:尻

 45歳の私は、専業主婦で昨年高齢出産で待望の子供を授かりました。歳が歳だけにママ友もいなく、いつも何となく子供の散歩たがら近くの公園に行くことが日課となっいました。その日も子供わベビーカーに乗せていくと、急に雨が降ってきたので、倉庫のひさしで雨宿りをしていました。2~3分すると歳は18ぐらいの高校を卒業した3人の若者か、同じ軒先に入ってきました。
 10分ほど3人とも私のことも気にせずにゲーセンのことなどしゃべっていたのですが、しゃがんでいる私を見て声をかけてきたのです。その日は雨が降りそうだったので、いつもなら授乳して外出するのですが、あわてて出てしまい、雨宿りをしている間にバストが母乳で貼ってきて痛く感じ、しゃがんでいたのです。続きを読む

通勤電車で組織的な痴漢計画を実行した体験談

香織が勤務するZ電機の本社は、香織の住む街からは電車で四十分ちょっとの距離にあった。
駅まで歩く時間を入れると約五十分ほどの通勤時間になる。
香織は軽めの朝食を終えると、明るめの赤いスーツに身を包み、髪を後で纏めて背中に垂らした。
赤のスーツはインナーとスカートが一体式でちょうどノースリーブのワンピースの様になっている。
スカートの丈はだいたい膝上十センチぐらいといったところだ。
香織は上着の前をちょうど臍のあたりについた大きめのボタンで留めた。
スーツの赤は香織の白い肌によく合い、その美しさとあいまってハッとするような鮮やかな印象を与える。
香織は鏡に向かいほんの少しだけ化粧をすると、黒いショルダーバッグを肩に掛け、いつも通り七時四十分に部屋を続きを読む



通勤電車に乗り遅れない為、
エスカレーターを猛ダッシュで降りる俺

そして、発車寸前の電車にかけ乗りギリギリセーフ

ホッと胸を撫で下ろすも
電車の中はむさっくるしいオッサンばっかり

唯一ドア付近の左端には若いスーツを来たOLがいて
目の保養を求めて、自分なりにさりげなーく
チラりとその女性の方を見た

歳は25歳ぐらいのピッタリしたスーツからわかる
体のラインを見る限り、
無駄のないスレンダーな体つきの美人OL

ショートボブで端整で愛くるしい顔立ち

まさに自分のど真ん中ストライク

なんてかわいいんだ 

オレとしては一瞬、チラッと目をやっただけ、
ぐらいのつもりだったんだけど、
続きを読む



そんなつもりはなかったのに
毎朝乗る満員電車の中で
ちゃんに痴漢しちゃったよww

いつものように
満員電車に乗る事を
その日もうんざりしながら
俺は先頭車両に乗るために
ホームを歩いていた

そして、混雑度合いが更に激しい
1番前のドアに乗り込んだ

これ以上乗れないよという状況で
俺の後ろに一人乗り込んできた

悪態をつこうとしたが
背中越しに若い女性らしいことがわかり
まぁ いっか

という気になる

乗り込んで来た女性は
ドアの方を向いており
ちょうど俺とは背中合わせ

次の駅で反対側のドアから乗車があり
さらにその女性と
密着してしまう

俺のお尻に女性の
お尻がぴったりとくっ付いて
続きを読む



俺は病気だと思う

通学途中のセーラー服を着た
可愛いJKを見ると
痴漢したくてしょうがなくなり
我慢できないんだ

それで、この前も朝のラッシュ時に
ミニスカセーラー服
可愛いJKを発見すると痴漢してしまった

この駅の通勤ラッシュは毎朝尋常ではない

手を下に下げてるだけで
を触り放題できるほどだ

ミニスカJKの後ろにつき
電車が来たがやはりものすごい量の人だ

人混みに押されつつ手の甲を
JKのに押しつけ痴漢する

ギュウギュウづめなので
普通は何とも思わないはずだ

未成年の生足は気持ちいい

気持ちよすぎて
理性が飛びそうになる

ちんこはもちろんフルボッキで
痛くなるほどだ
続きを読む

このページのトップヘ