レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:巨乳

22日の夜の話。
割と仲の良い今年社会人1年目の部下の女の子が完全に酔っ払ってしまい帰り道の途中でゲロを吐いた。
その子は名前は仮にU子としておくけど、23歳、巨乳、可愛いというより隙のない美人というタイプの近年の就職難を実感させられるような新人で、仕事も覚えが早く根性があってオラオラオラオラオラァ!って感じで仕事こなす、俺から見ると「最近の子は皆こうなのかねえ。」って感じの優秀な子で。
俺がやってる部門は常に社員足らずの派遣のおっさんの多い職場だから見た目云々よりも本当に忙しくてだから日頃は厳しく接してるけど割と仕事的にガツガツと付いて来る子で、割と無碍にできない戦力にこの1年で育ってくれた貴重な貴重な人材なのね。続きを読む

去年の話俺と友人はアパレル関係の期間限定バイトに申し込み見事合格。
そこはレディース服専門のとこだが、メンズを一時的に取り扱うらしく、男性数名募集とゆう事で俺と友人、21ぐらいの兄ちゃん3人が採用された。
そこの女性スタッフは5人居て26歳リーダーKさん25歳副リーダーWさん20歳トリオのSさん、Rさん、MさんKさん=新婚、超潔癖症、気が強い、性格△、スタイル△、顔○Wさん=御肌、性格○、スタイル○、顔△Sさん=低身長、ロリ系、性格△、スタイル△、顔○Mさん=高身長、ギャル系、性格○、スタイル○、顔△Rさん=未婚子持ち、ギャル系、性格◎、スタイル◎、顔△まぁこんな感じだいたい女性スタッフ2~3人+男2人で一日を回してた。続きを読む

俺が中学生の頃、同じバス停から乗る女子大生ol風の巨乳ちゃんがいた。
その巨乳ちゃんとは、駅からの電車も同じ方向で同じ車両に乗り合わせる事もあった。
東京方面の上りはかなり混雑するけど、子供心に巨乳ちゃんとの密着を楽しんだりしていた。
ある日、斜め前に立っていた巨乳ネーチャンの「やめてください・・・」という低い声が聞こえた。
見ると、巨乳ちゃんの服のジッパー(前開きのワンピース)が腹の辺りまで下ろされ、男の手がちゃんの胸を揉んでいるのが見えた。
その手を振り払おうとするちゃんの手がオッサンの手を掴んでいた。
ちゃんが反対の手でジッパーを上げようとすると、別な手がそれを阻んでいた。続きを読む

不謹慎承知で投稿させて頂きます。
その日は某中学校の卒業式だったらしく、夕方立ち寄ったコンビニには、卒業生と思われるJCが数人いました。
程度の低い学校なのか…"おめかし"した可愛いJCばかりでした。
しかも、制服のスカートがかなり短いんですっ!つい、ベタなAVを連想してしまいました。
「あ~もう少しでパンツ見える…もう少し…もう少し…」コンビニの外でたむろってるJCを、車内からガン見していました。
 正直いって、私は異常者だと思います。
もう頭の中は「あのJCとヤリたい」としか思い浮かばなくなっていました。
例え、無理矢理でも。
そのうち、チャリ組と歩き組が別れて「じゃあ、20:00?21:00?」などと、その日の夜の待ち合わせ時間を確認しながら帰宅しはじめました。続きを読む

大学の頃、サークルの先輩の部屋に泊まった。
飲み会の帰りに仲の良かったメンバーで先輩んちで二次会。
俺と、後に俺のとなる香奈、あと友人とその彼女
最初は5人だったんだけど、友人と彼女は帰っちゃった。
二人は比較的近くのアパートで同棲していたので歩いて帰ったが、俺と香奈は電車がなくなったので、先輩んちに泊まっていく事になったんだ。
この時、友人に「うちに泊っていけよ」と言われたけど、酒が入ってもう歩くのダルかったし、愛の巣の邪魔するのも何だし、このまま香奈と先輩の部屋に残る事にしたんた。
ちなみに俺も香奈は同い年で、まだこの時はただのサークルの仲間。
当時、香奈はまだ処女だったんだよね。続きを読む

このページのトップヘ