レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:年下



私の名前は奈津子、42才の主婦です。
きっかけや理由はどうであれ娘の恋人を奪ってしまったひどい母親です10才年上の主人は関西に単身赴任中で、今は20才の一人娘と東京近郊にある海の近くの町に住んでいます。
娘の名前は真奈美、都内にある女子大の2年生で、村上君と言う同じ高校を卒業した22才の彼氏がいました。
外見だけで言えば、とても爽やかな感じの一流大学に通っている男の子で、正直に言えば、もしも私が若くて独身だったらこんな彼氏が欲しいと思うような子です。
真奈美には知られていませんが、今年の4月、私は真奈美の留守中に訪ねてきた村上君に犯されてしまい、それ以来泥沼のような不倫関係から抜け出せなくなっています。続きを読む

兵庫県/ツヨシさん(40代)からの投稿?-もう10年弱前の話。
会社の同僚で、密かに想いを寄せていたユミの乳首を見てしまった話。
自分は当時34歳(当時まだ独身)、ユミは27歳(既婚)で会社の同僚。
ユミは中途採用で1流大学出、顔はとびきり可愛いというよりは、マラソンのQちゃん似で、小柄で可愛い感じの子。
仕事ぶりは真面目で性格もいい。
ある日、組織変更で自分の机の前にユミが来る事になり、そこから仲良くなった。
その時は恋愛感情もなく、こちらから積極的に会話する事もなかったが、部署は違うがユミは僕に何でも相談してくるようになった。
理由は”僕が優しいから”だそう。
確かに自分は奥手で性格は穏やか。続きを読む



名無しさんからの投稿?-まだあれは随分今よりも若い時だ。
将来の事や仕事の事や特に悩みのなかった、いわゆる若くて無鉄砲な時代だった。
その日、バイト先の男友達と俺と俺の高校から知り合った女友達でカラオケで飲んでいたのだ。
名前がないと表現しにくいのでその女友達を仮にマイコ(仮)としておこう。
バイト先の男友達はタイゾウ(仮)。
タイゾウはバイトで知り合った友達だったが、マイコは地元は一緒だったが知り合ったのは同じ高校へ偶然通うようになってからだ。
マイコの容姿は当時高校でもトップクラスとまではさすがに行かないが、俺のが1つ年上でマイコが高校に入学してきた時には「深田恭子にあの子似てない?」などと男共と品定めしていたくらいそれなりに可愛い子だった。続きを読む



俺は次男大1で大3の兄貴がいる。
兄貴ははっきりいって邪魔な存在だ!まず、イケメン・伸長高い・頭良い方・優しいどこを探しても悪いところがない。
それに比べて俺は中の中・172・頭良い・服装ダメ出しされた。
兄弟比べられると本当に腹が立つ。
本題に入っていくおばあが他界した。
ので葬式があるから従兄弟がくる。
ちさちゃん高2目当てに帰ってきた俺。
ちさちゃんとにかく可愛い。
少しロリ顔。
セミロングで158くらい。
細身なのに胸けっこうある。
帰るといつもはいない兄貴がいた。
マジでムカツク。
夜に従兄弟到着家と2つあるので俺家にダッシュ。
俺「あっお疲れ様です。」従兄弟「もうすぐごはんやけど食べていく?」俺「本当ですか?いただきます!」俺「ちさちゃんは来てないんですか?」従兄弟「病院行ってる。あの子はおばあちゃん好きだったから。」俺「そうですよね。」次の日スーツを着て家で葬式。続きを読む



高校の時に親父が再婚した。
相手は俺より11コ上のマジで可愛い女。
俺はとは認めてなかった。
ただの女という認識だった。
女の名前は裕子。
いつも裕子を見て『いつかヤりたい』とムラムラ興奮していた。
タンスの引き出しを開けて下着を鑑賞したり、干してある真っ白なブラやパンツに顔を近づけて勃起したり。
高校を卒業してからの俺は、適度にバイトをしながら遊び歩いていた。
そんな生活をしていた19の今頃の季節。
裕子と2人で昼食を食べている時に、経緯は忘れたが『今、生理中』と聞き、ムラムラした俺は「親父とは、どのくらいのペースでヤってるの?」と聞くと、恥ずかしそうに笑いながら「1年以上してないよ」と答えた。続きを読む

このページのトップヘ