レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:彼女



4年前の話。
おれが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀子がうちの課に配属された。
まだ二十歳そこそこの由紀子は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。
顔は普通よりちょっとかわいいくらいだったが、スタイルが抜群によかった。
特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。
当然彼女はチヤホヤされた。
競争率は高かったが、おれは猛烈にアタックした。
その甲斐あって、2ヶ月ほどしておれと由紀子は付き合うことになった。
ただ、一つだけ由紀子には心配な事があった。
というのも、彼女は酔うと場の雰囲気に流されやすくなる性質だったのだ。
本人も「飲むとHな気分になる」と言っていた。続きを読む



彼女「A子」とは高校の頃からの付き合い。
高一のとき友達といっしょに映画部に入ったとき初めて会った。
A子も友達に連れられて入ったらしくてあまり乗り気じゃ無かったみたいだけど、なんていうか暗いタイプで男子の人気もあんまり無かった。
おれも最初はどうでもいいやつと思ってたんだけど、夏の野外の撮影のときA子といっしょに大道具運んでたら風でボサボサの前髪がまきあがって、そのとき見えた顔がすごい綺麗でビックリした。
他の男子はA子にあまり興味持ってなかったんで「これはチャンス」と思い一年生の秋ごろ告ったらA子は顔真っ赤にしながら「私でいいの?」って言って。
付き合いだして一年目くらいにはA子も身なりを気にするようになってて、回りもけっこう見る目変わってた。続きを読む



同じ専門学校で同じクラスになったのがきっかけだ。
出会った頃の千春にはいわゆる”色気”というものを感じた事がなかった。
この頃の女性は高校時代には禁止されていたであろうあらゆる策を講じ色気を装う。
しかし千春にはそれが無かった。
活発でいつも明るく、化粧もしない。
そんな飾らない千春が私にはたまらなく魅力的だった。
私の他にも千春に想いを寄せる奴らはいたが、それを巧みに笑ってあしらうのも千春ならではの技だ。
千春とつきあう事になったのはそれから1年後の事だった。
付き合ってからも千春は変わらなかった。
いつも友達のような感覚。
でもそれが又嬉しかった。
千春とのSEXは週に一~二回程度。続きを読む



あれは俺がまだニートじゃなかった、遠い遠い昔のお話。
2年ほど前の話です。
彼女と付き合い始めて1年が過ぎようとしてた頃、俺は彼女とのセクロスに明け暮れていた。
そう、俺も彼女もド変態だったのです。
3日ほど風呂に入らずそのままセクロスしたり、ほどよく車が通る山道に車を止めてセクロスしたり、もちろんデパートでとびっこスイッチオンプレイもやった。
そんなある日、俺はレイプもののAVを見た。
俺はSとM両方イケるんだが、そのAVは妙に興奮した。
そして俺は閃いた。
気が付くと俺は、Amazonで覆面をポチっていた。
3つ穴が空いてるあのベタなやつ。
武器は何が良いかなと思い、89式小銃に目をやるがすぐに我に返る。続きを読む



名無しさんからの投稿?-当時マッサージのアルバイトをしていた彼女と付き合っていた。
もう結構長くその仕事をしているらしい。
マッサージとは、疲れたコリをほぐす方のマッサージ店であり、決して性関係のお店ではない。
俺も時々彼女の店へ揉んでもらいに行っていた。
実はまだ付き合ってから彼女とは1回もSEXをしていない。
と言うのも、まだ付き合って1ヶ月くらいだった。
1番お互いを意識していい時期でもある。
なかなか休みが合わないという事もあって、彼女の店へ行って揉んでもらうのを口実に会うといった事をして、お互いの時間を楽しんでいた。
そんなある日、彼女のお店へ突然行ってみたらカウンターに誰もいない。続きを読む

このページのトップヘ