レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:忘れられない



ある日の深夜隣室からの話し声に突然目が覚めて、の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ているを押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。
「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」今まさにレイプされようとする瞬間でしたはかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。
浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。

恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようとしたのですが、男性に腕を掴まれて引き寄せられると、布団の続きを読む



結婚し、子供も小学生になりました。
主人や子供を送り出しいつものように、お部屋の掃除をしました。
それから洗濯機に汚れ物を入れ窓いっぱい開けて朝食の後片付けをしながら残っているコーヒーを飲みそして、テレビを見ている、どこにでもいる家庭の主婦です結婚して12年が経ちます子供は小学1年生の男の子です毎日これと云う問題も無く平穏な生活を過ごしていました、主人とは恋愛結婚で今でも仲が良く何処に行くのも一緒です不満と云う事など何もありません、でも、もうときめきも無くとっても平和な主婦生活でした私も38歳になり、息子の学校のPTA中心の生活でした住んでいるところは、出来たばかりの団地なのでお隣さんも親しく無く日々挨拶を交わすだけでした隣は50代の夫婦で何か商売をされている様でした奥さんが朝出掛けて行続きを読む



私は四十路の主婦なんですけどこの前、忘れられない事件に遭遇しました。
久しぶりに大学時代に仲が良かった友達と再開し、同窓会をする事になりましたそして、夜まで学生時代に戻った時のように飲みに行き、そして帰る時は、終電間際のラッシュ時間だったんです金曜日だからってのもあったのかも凄い満員電車で、そこで痴漢にあってしまったんですまさか四十路おばさん痴漢するなんて完全に無防備になっていました痴漢に対して、生来気の弱い性格の私は、何かを言い返す度胸も勇気もなかったので、されるがままスカートはたくしあげられ、紐パンだったので、簡単に奪われてしまい、Tシャツの上からはFカップの胸を乱暴に揉まれました。続きを読む



ある晩、自分の部屋で寝ていると隣の部屋から話し声が聞こえてきた。
隣はが一人で寝ているはずなのに、おかしいなぁ~と障子を開け、隙間を除くと枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ているを押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうし夜這いしようとしているところでした「イヤッ、だめですお願いやめて下さい」はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。
浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。続きを読む



私達夫婦は結婚20年の五十路の夫婦です。
の涼子は今でも細身のスレンダー美人で、まだまだ40代前半でも通用するぐらいです。
昔からの巨乳も少し柔らかくなり、何とも言えない熟女の妖艶さを発する年頃になったのに、今では夫婦の営みも少なくなり私だけがムラムラする日々が長く続いていました。

ある日、私が1人色んなサイトを見ていると、自分の彼女のいやらしい姿を投稿しているサイトが気になり、異常な興奮を覚え、ヒマを見つけては見るようになりました。
もしがこんな風に他人のモノで貫かれたら私の寝取られ願望と興奮は日に日にエスカレートし、そしてある日、自分でも投稿して見ようと思うようになりました。続きを読む

このページのトップヘ