レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:恋愛

それに、やはり画像の事が気になった。

山本にメールで付きまとうのはやめて欲しいと伝えよう。
そして、画像も全て破棄してもらうように伝えよう・・・
しかし、あの変質的な山本が素直に画像を破棄して付きまとうのを止めるだろうか?
やはり、警察に相談するのがベストだろうか・・・
テレビのニュースなどでは警察に相談しても何もしてもらえなかったこともありストーカーに
殺害された被害者の事を報じていたこともあった。
果たして警察が動いてくれるのだろうか・・・

英子は考えがまとまらなかったため、この日は医師の処方した薬を服用して
睡眠にはいった。
睡眠薬を飲んだからといって、ドラマのように突然意識が遠のくというような続きを読む

彼氏とは付き合って半年くらい。ものすごく愛し合ってる。

といっても私は結婚してるから、彼氏からしたら都合の良い女扱いかもしれない。

本当に好きだから、彼からの要求に応えてあげたいけど、会うのはセックス主体だし、だんだん変態的になってきているから。

私の旦那は一回り以上も年上で、いわゆる親の決めた結婚相手。

父の経営している会社の社員で、後継者候補のひとりだった人。

仕事のできる男なんだろうけど、私との時間はあまり作ってくれない。

私は昼間、暇をもてあましちゃってて、主婦友から教えてもらった出会い系に登録。

そこで初めて会ったのが今の彼氏だった。続きを読む

俺は36歳の会社役員。

今年1月に7歳離れたと結婚して、現在の身体には新たな生命が宿っている。

至って普通の夫婦だ。

しかし3月11日に起こった東日本大震災の影響で心がナーバスになっていたが10日間くらい実家に帰りたいと言うので、5日前に里帰りした。

俺としてはこれからお腹の子供も早く成長するだろうし、なかなかすぐに行ける所ではないし(の実家は九州の温泉街)、何よりも義父や親戚が凄く心配していたので帰郷する事を許可したのだ。

本当の事を言うと俺も付いて行きたかったのだが、仕事の関係もあって断念した。

そろそろ本題に入る。

3日前の午前中に1通のメールが入る。

だろうと思って携帯を開くと女友達からのメールであった。

「お久しぶり!ちょっと○○(苗字)さんに御願いがあって。昼休みに電話していい?」

という内容のメールだった。

俺は少し驚いてしばらく考えてから

「いいよー」

と返信した。

何せその女友達から連絡が来たのは5、6年ぶりだし、いや、向こうから連絡して来たのは初めてじゃないかと思ったので躊躇してしまったのだ。


続きを読む

「た…ただいまぁ?」



渡辺が鍵を開けて自宅に入っていくと、可憐で品のある女性の声が奥から聞こえた。

「お帰りなさい渡辺さ…じゃなくて、あなた」

玄関に出てきて迎えてくれたのは小野田優良である。

渡辺は信じられない顔で彼女を頭のてっぺんから足の爪先まで見やった。

かなり不躾な渡辺に優良はクスクス笑う。

「そんなに信じられませんか?」

「は…はい!だって…その…憧れの貴女が今日1日僕の…。…僕の奥さんになってくれる…なんて」

「ずっと前からの約束ですから。しかも渡辺さんとの約束を破ったりしませんよ?」

「あ…優良さん」

優良は渡辺の後ろに回ると優しく背広を脱がせてくれた。

(うわ?、ずっと憧れてたよ…このシチュエーション…!)

「あ…ありがとう、優良さん」

「夕飯出来てますから…一緒に食べましょ?」


続きを読む

221高校の修学行sage04/12/1314:17:00ID:aHMHKiQw

高校の修学行の時、ありがちだけど夜、男子の部屋に集まっていたら先生が登場した。

慌ててもぐった布団が中学の頃好きだったAくんと一緒だった。

当時、私には別に彼氏がいて、すでにAくんは過去の人(っていうか振られたからつきあえなかったし)

だったんだけど、その前にいろいろ語っていた段階でたくさんAくんと話ができたことは

単純に嬉しかったし、恋愛話だったので、Aくんは私の(恋愛における行動やらなにやらが)

かわいらしいと思っていてくれたようだった。



運の悪いことに、一部男子がたばこを吸っていて火を消すのが間に合わず、該当者は部屋から

出され、扉の前で大説教大会が始まってしまった。



222高校の修学行age04/12/1314:18:01ID:aHMHKiQw

早くこの場を逃げ出して自分の部屋に帰りたいけれど、扉一枚隔てたところには

先生がわんさかいる。

仕方がないから、皆息を潜めて各自が潜り込んだ布団の中に隠れていた。


続きを読む

このページのトップヘ