レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:挿入

浮気相手に電車の中で中出しされました

それは3年前の塾のバイトをしていた、結婚して1年目の夏で、私は29歳でした。
塾の高橋先生(24歳) の家で夫に内緒で2回の中だしをされて・・・・
でもそれは、夫が言った事が発端でした。
「少し倦怠期かな。誰かとちょっと遊んでさ、お互い報告会しようよ。」
昨日の夕方の事です・・・・
「ゆかりさん、今度の件で打ち合わせしましょう。」
彼は同僚の前でそう言って私を一番奥の会議室に連れ出しました。




先生3人に1人のバイトの娘が付いて生徒の面倒を見ていたので、先生と一緒に教室へ移動する事も有り、打ち合わせをよくしました。

先に会議室に入った私を、彼は後ろから抱きしめながら、Dカップの胸を下からすくい上げるように揉み耳たぶを甘く噛んで横向きにディー続きを読む

抵抗するにしつこく愛撫して最後はやらせてもらいました

あれは3ヶ月前くらいだったかな。フリーターしてる時の事です。
バイトもないので家でグータラしてるときです。
親が何かの用事で東京まで出かけてる時の事でした。
いきさつは忘れましたがが俺を説教しはじめました。
なりに俺の事を心配してるんだと思うけどね。
はまじめな性格で俺とは正反対といっていいだろう。性格もおとなしい方だ。




そのとき俺は19歳では23歳。けっこういい会社のOLになってた。
高校時代生徒会役員までやってたらしい。
真っ黒な長髪が良く似合う良い女だと思う。
一歩間違えればただのイナカ女だけど、そんな感じは全然しないのが良い。続きを読む

新しい刺激を求めた結果…

その男とは今日が初めて。 夫婦生活に不満はなかったが、新しい刺激を求め3Pに興味を持ち、ついに実行する事となったのだ。
男とは事前に電話で打ち合わせをしていて、あくまでも私たち夫婦のサポート的な役割をお願いしていた。車中で軽い話の中、とうとうホテルへ到着。
ドアを開けて室内へ。 その時、男が急変した。
男「奥さんイイ女だよね」とに抱き着き、いきなり唇を奪った。
唖然として私は何も出来なかった。
男は私の事など気にせず、そのままを後ろ向きにして壁に手をつかせてお尻を突き出させると「いいケツしてるよ・・たまんないね」そう言ってお尻をまさぐりスカートの裾をまくりあげた。続きを読む

淫乱

真面目で、人の良い我がに変化を求め、私はものすごいことを実行してしまったのでした。
のおまんこに私以外のものが刺さっているのを見たくなり、飲み友達に頼んでいろいろ練った挙句、ついに犯してもらう事になったのでした。
○実行のときの思い出・・・(以前のあらまし)
自宅で突如熟睡する私の横で、私のお友人に突如犯され、初めのうちは顔色を変えながら必死で抵抗していたが、やがて抵抗しても無駄だと悟り動きを止めた。
そして何分かの間、挿入されていると、いつもの私との時のような気分になっていったのか、ついには声を出し初め、男の言いなりになっていったのである。
男の
「どうだ、気持ち言いか」
続きを読む

を自分の女にしました

歳のわりには若々しく知的で可愛らしい顔をしたは私にとって憧れの対象でした。
小柄で色白の肌をして豊かな胸を持ったを思い自慰に耽る内にを私の物にしたくなり、籠絡し自分の女にしました。
まず私がに劣情を抱いている事を伝える為にの使用済み下着を精液で汚して洗濯籠に戻して置きました。
これで私がを性の対象として見ている事がにも伝わったと思います。
翌日から何か言われるか心配していましたが何事も無かった様に振舞っていました。
何回か同様の事を繰り返しましたが特に拒否する事も無く私の行動を受容するを見て、葛藤しながらも私の劣情を受け容れる覚悟をしたと判断し、一線を越えてを犯す決意をしました。続きを読む

このページのトップヘ