レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:挿入

朝方路駐の車の中にいた2人の女をやっちゃった話

翌朝の会社のゴルフコンペのため早寝したおかげで
3時に目が覚めてしまい、支度して会社の駐車場へ向かった

駐車場の前にそれほど邪魔にはならないが、
他県ナンバーのワンボックスが路駐していた

車を止めワンボックスの中をそっと覗いてみると
セカンドシートを倒して2人の女が寝ていた

前席の背もたれで見づらかったが
助手席後ろの女のスカートがまくれ上がりパンツが見えていた

ドッキリしたが周りを見渡し誰もいない事を確かめ


続きを読む



俺「じゃあ、、とりあえず別れてから考えてみたら?」
俺はもう眠気と疲労で一杯一杯だったが、振り絞って話しかけた。Sは寝たせいか結構元気
S「そうだね。まず別れる。でもLOD君。わたしと付き合わなくてもいいから、時々あってくれないかなぁ?。。。」
俺「いいよ。それは。でも、それでいいの?」
S「うん。」と言いつつ、俺に抱きついてきて、キスしてくる。舌が俺の中に滑り込んできた。
俺も拒絶する理由がないので、それの動きに合わせ舌を絡めた。
しばらく濃厚なキスをし、Sが俺のアソコを服の上から触ってきた。俺は疲れていたが
摩られてきて、不本意ながら勃起してしまった。
俺「ねぇ、、無理しないで。眠くないの?」
S「うん。大丈夫。LOD君疲れてたら、横になっていいよ?わたしLOD君を好きにしてるから・・」

続きを読む

先週末にお持ち帰りしました。
9月から入って来た新人(まきちゃんとする)を一人受け持つ事になって教えてるんだけど、
覚えは悪くないが鈍くさい初めて女の子を指導する事になったから、
女の子はこんなもんかと思いながらやってたんだけど他の女の子を受け持つやつに聞くと、
どうやら人一倍どんくさいみたい金曜日も仕事が終わりきらなくて、残業だったんだけど、
最後は俺とまきちゃん二人になって連休は実家に戻る予定だったから早く帰りたくて、少しきつく当たったんだ











「すいません、迷惑掛けて」と何度も謝ってくるまきちゃん俺反省、
仕事終わったらご飯でもおごってご機嫌を伺おうと考えた
「これ終わったら飯ご馳走するから、パパパッと終わらせよう!」と俺よく考えたら予定有るかも知れないけど、

続きを読む

友達(Yすけ)とその彼女(S美)が 俺に女を紹介してくれるということになり、Yすけの家で飲み会になった。
Yすけは、中学、高校と仲がよく、大学は別々だが、よくコンパなどに呼んでくれる旧友だった。
ルックスがよく、やさしく、しかも男気があり、更に不思議な魅力がある男だ。
 
S美とはコンパで出会った。そのコンパには俺もいて、一目で気に入り、告白したのだが、「好きな人がいるの」と断られた。
見た目は 奥菜めぐみに激似で、背は低めだが、スラっとしている。
性格もやさしく男の一歩後ろを歩くようなところがあり、おっとりしたしゃべりかたで、
悪気のない天然の子で、男女共に人気のあるタイプだ。
告白したことを知っているのは 俺とS美だけ

続きを読む

ちょっと昔のことです。
俺は高校2年で、の静奈は俺の2歳年下です。

静奈は黒髪が長くて色白で、俺の自慢のです。
当時はその時期の少女特有の妖精のような儚さを持っていて、ヤバイくらいかわいかったです。
その日の静奈は半そでにミニのスカートを穿いていました。
学校は既に終わり、俺も静奈も偶然部活が無い日でした。
 
 
その静奈が家の離れにある、通称「本部屋」に入っていくところを見かけました。
その部屋にはあまり読まなくなった本や雑貨や粗大ゴミなどが置かれています。
日頃機会があれば静奈とセックスしたいと思ってた俺は後をつけました。

続きを読む

このページのトップヘ