レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:未亡人



登山サークルの若い男の子との体験談 先日、旦那を若くして不慮の事故で亡くし、絶望感でいっぱいのところに山登り仲間のヒロシ君と・・・。
旦那と私、ヒロシ君(独身で27歳、私と同い年)は週末に山登りのサークル仲間です。
ただ、旦那とヒロシ君は特に仲が良いわけでなく、サークルにいる普通のメンバーという感じ。
ヒロシ君と私は結構、仲が良くて旦那と結婚する前は良くしゃべっていてメールすることもしばしば。
旦那の通夜でヒロシ君に会って挨拶だけだったのですが、数日したら携帯にメールが来て晩ご飯に誘われました。
娘の咲希(2才)もいるし断ろうか迷っていましたが、旦那を亡くして「いろいろ話を聞いてもらいたい!!」という気持ちが強く、結局、咲希の面倒をみられる私のマンションでゴハンという話になりました。続きを読む



ある日の深夜隣室からの話し声に突然目が覚めて、の部屋を障子の隙間から覗くと、枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ているを押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうとしているところでした。
「イヤッ、だめです、お願いやめて下さい」今まさにレイプされようとする瞬間でしたはかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。
浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。

恥ずかしさから必死に乳房を覆い隠し、起き上がってその場を逃れようとしたのですが、男性に腕を掴まれて引き寄せられると、布団の続きを読む



ある晩、自分の部屋で寝ていると隣の部屋から話し声が聞こえてきた。
隣はが一人で寝ているはずなのに、おかしいなぁ~と障子を開け、隙間を除くと枕元の明かりに照らされて、後ろ向きで上半身裸の男性が、布団に仰向きで寝ているを押さえ付け、着ている浴衣を無理に脱がそうし夜這いしようとしているところでした「イヤッ、だめですお願いやめて下さい」はかなり抵抗していましたが、やがて浴衣の帯を解かれると、一気に上半身から浴衣を剥ぎ取られてしまいました。
浴衣の下はノーブラだったため、乳房はブルンと剥き出しとなり、下半身は白のビキニショーツのみで、股間にはうっすらと陰毛のシルエットが見て取れるような下着姿でした。続きを読む



4年前に引っ越しで退職したおばさんの家に行ってみた。
おばさんは56歳のはず。
菓子折を下げて尋ねると、「あらまぁ、久しぶり」と家に上げてくれた。

4年前に新築した家だったが、会社からはかなり遠いので、おばさんはパートでもあるし退職したのだった。
実は、おばさんを訪ねた理由は下心があったから。
多分旦那は仕事だろうし、子供はもう大学も出ていた筈だった。

そこで、多分今の時間は一人だろうと思って行った訳。
このおばさんが会社にいた頃は、気安くや胸を触ったり、一緒に近くの店にお昼をした仲。
迫ればなんとかなるかも知れないと思ったからだ。

で、行ってみたら、おばさん未亡人になっていた。続きを読む

この前レ○プして来ました。
相手は前々から腹を立てていたバイト先の女(由里)、おれより二つしたで黙ってればモテそうなかわいい子だ。
体もB94・W60・H90(安産型ww)でHするのに最高の体。

由里は今までおれを馬鹿にして見下してきた。
だからおれはデカイと評判だったチンコで由里に復讐してやろうと計画した。
だが計画を立て次のバイトの帰りに決行しようと思っていたら、その晩遅くに電話が来た、(由里だ)・・・
でもなんで急に?まーそんな事はいいとして、話しを聞くと、なんと親と喧嘩して買える事が無いとの事。
だから今夜家に泊めてくれと言い出した。
これは女を犯すチャンスと思いすぐ二つ返事で返した。続きを読む

このページのトップヘ