レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:母娘



予備校に通うこととなった雄太の生活態度が、それまでの素直な純真さがどこかに消えてしまい極端な内向的で鬱的な性格になってしまったのです。
 原因の一つに、大学受験の失敗による家族への申し訳のなさがあることは事実なのですが、の私も娘の美紀もまったく気にもしていないことなのに、息子の雄太一人だけがまるで世捨て人にでもなったかのように、拗ねたような被害妄想を大きくしていってしまっているようでした。
 予備校にはどうにか通うのですが、帰宅してからはほとんど自分の室から出ようとはしなくなりました。
 家族三人のありきたりの会話というものが、この二、三ヶ月の間に瞬く間に途絶えていってしまったのです。続きを読む

153 :名無しさん@HOME : 2013/01/31(木) 17:44:51.10  古い修羅場、聞いて下さいな。
 二十年前、高校生でバス通学していた。
定期テスト期間中で午前中で終り。
普段、自転車通学だった友達が、帰りに寄り道するからと、一緒に駅前からバスに乗った。
  バスは中途半端な時間のせいで、がらがらで乗客は友達と二人きり。
 次のバス停で、お爺さんと中年のおばさんが乗って来た。
 友達が両替のために立ち上がり、学生鞄を座っていた座席に残して、運転席隣の両替機に向かったら、お爺さんが、友達のカバンの上にどずんと座った。続きを読む

五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹しく暮らしていました。私の年齢は46歳で、息子の雄太が19歳、娘の美紀は16歳の高校一年生です。 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での事務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてきました。しかしこの春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しおかしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていました。予備校に通うこととなった雄太から、それまでの素直な純真さがどこかに続きを読む


2006/03/23 00:55:21 (wRrBFVKF)














 五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生
活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹
しく暮らしていました。
 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十
六才の高校一年生です。
 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療
仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてき
ました。
 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しお
かしな風が吹き始め、ど続きを読む

2006/03/23 00:55:21 (wRrBFVKF)  五年前に夫を不慮の交通事故で亡くしてから、息子と娘の三人家族で、生活はそれほどに裕福なものではなかったですが、3DKの市営住宅でどうにか倹しく暮らしていました。 私の年齢は四十六才で、息子の雄太が十九才になっていて、娘の美紀は十六才の高校一年生です。 私は医療事務の資格を持っていたので、昼間は小さな個人病院での医療事務仕事をし、夜は料亭の仲居として働き、子供たちをどうにか育て上げてきました。 しかし、この春の大学受験を息子の雄太が失敗してから、我が家に少しおかしな風が吹き始め、どこかに空気の遮断壁のようなものが出来てきていました続きを読む

このページのトップヘ