レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:母親



262 名前:えっちな18禁さん「」 投稿日:2008/11/16(日) 04:07:22 ID:EXiejp6eO 「1/10」仕事帰りにドンキホーテに寄った。特に買いたいものがあったわけでもないが、なんとなくだ急に用を催してトイレに入った。大きい方だった。ケツを拭いてズボンを上げて立ち上がると急に立ちくらみがして倒れてしまった。目をさますと便所で寝ていた。頭を打ったのかズキズキした。舌も噛んだようだった。時計を見たが大して時間はたっていなかった。俺はトイレを出た。すると、店内にいる女がひそひそと俺を見て何か話している。それが1人や2人ではない。倒れたときに何かしたのだろうか。トイレに戻り鏡でおかしなところはないか確認するが、なんともなかった。263 名前:262「」 投稿日:2008/11/16(日) 04:15:41 ID:EXiejp6eO 「2/10」またトイレを出て歩くがやはり視線を感じる。すると、スラッとした体系のスーツ姿の女が近づいてきた。髪は肩の下くらいまでの黒髪ストレートだ。女は俺に近づくと話かけてきた。「あのっ...!もしかして、いや、もしかしなくても男...ですよね!?」女は真剣な顔をして俺の目をみる。「は...?いや、まあ普通にそうだけど?なんなの?」女は急に俺に抱きついてきた。「今時間あるなら!!私に付き合って!!お金なら料金の三倍払うから!!」女の細い体に見えたが密着すると、結構胸があった。この女着やせするタイプのようだ。「...いいけど」俺はおっぱいに負けて初対面の女と店を後にした。264 名前:262「」 投稿日:2008/11/16(日) 04:21:18 ID:EXiejp6eO 「3/10」店を出て歩くとみんな俺の方を見てくる。と同時に睨みつけてくる女もいる。俺は冷静になって女に尋ねた。「あの...これからどうするの?なんか用事あるの?」女は頬を赤らめて「私の家で...したいな...だめ?」と言った。と同時に急に俺の首に手を回して俺の唇を奪った。そして嬉しそうに「チューしちゃった♪」と笑った。この女なんなんだ。家に行ったら怖いヤーサンでも出てきてボコされた挙げ句金とられて裸にされネットに晒されるんだろうか。そんなことを考えているうちに女の家に着いた。265 名前:262「」 投稿日:2008/11/16(日) 04:29:56 ID:EXiejp6eO 「4/10」女の家は綺麗なマンションだった。エレベーターに乗ると、今度はねっとりとしたキスをしてきた。女の舌が俺の口の中で暴れる。俺の股関が自己主張を始めた頃、エレベーターは止まった。女の部屋のドアを開けるときにはもう怖い人がいるかなんか考えてなかった。部屋に上がると玄関で女に押し倒された。俺「おいおい...積極的だなww」女は俺の腕をつかみながら何度もキスをしてくる。女「はぁっ...仕方ないよっ...もう2年近く...してないんだもんっ...」女は目を潤ませながらスーツを脱いだ。すごい痴女だな...しかしこんなことってあるんだななどと思った。俺「わかったから...ベッドいこうか」女「うん...」266 名前:えっちな18禁さん「sage」 投稿日:2008/11/16(日) 04:31:14 ID:3mPhQgL70わっふるわっふる268 名前:262「」 投稿日:2008/11/16(日) 04:43:13 ID:EXiejp6eO 「5/10」女はベッドに着くなり裸になった。俺の趣味でストッキングは履いたままだ。女はベッドで寝ている俺の起きている息子を撫でると「おっきいね♪」と笑った。俺は今度は女を引き寄せて乳首に口をつけた。反対側の胸も手で優しく撫でる。「あああんっ」女が大きく声をあげる。女の乳首が一気に固くなった。歯をたてたり、つねったりして遊んでみる。俺自体2ヶ月前からしていないのだ。俺「名前...聞いていい?」「ゆり...」俺「ゆり...すげぇ可愛いよ...」ゆり「あはぁっ...そんなこと言ってくれたのアナタがはじめてっ...うっ」俺「なんで...?彼氏とかいたっしょ?」ゆり「......彼氏ってなに?」269 名前:262「」 投稿日:2008/11/16(日) 04:47:46 ID:EXiejp6eO 「6/10」「えっ...なにが?」ゆり「ごめんなさい...言ってる意味がわからなくて...男の人と話すのも久しぶりだから」俺はおっぱいから顔を離した。「兄弟とかいないの?」女「兄弟ってなに?」「......は?」俺はだんだんイライラしてきた。「...お父さんは?」ゆり「いるわけないじゃない...うちの家族はお母さんの三人家族よ」気まずい空気が流れる。「...ごめん、お父さんは離婚したのかな?」ゆり「離婚ってなに?さっきから言ってることよくわかんない」まさかこの女池沼なのか?「えっと...つまり家から出てったのかな?」ゆり「うん...普通そうだし」ゆりは平然と答えた。270 名前:262「」 投稿日:2008/11/16(日) 04:57:05 ID:EXiejp6eO 「7/10」ゆり「男は...お父さんも含めて最後に見たのも...何ヶ月も前よ...男が生まれにくいのは常識じゃない...」「どういう意味?男はいっぱいいるやん」ゆり「何言ってるの!世界中で男は女の1000分の1しかいないのよ!いっぱいいるわけないわ!」「ばーか」俺は笑った「今日はエイプリルフールじゃないお♪そんなに言うなら証拠みせてみろ」ゆりはそそくさと部屋を出ると新聞を持ってきて俺に見せた。「奈良県で三週間ぶりに男の子誕生!」の見出しが一面に載っている。テレビをつけると女しかでていない。そういえば...ここに来る途中も女にしか会っていない。271 名前:262「sage」 投稿日:2008/11/16(日) 05:03:40 ID:EXiejp6eO 「8/10」いや...ちょっと待て。そんなことありえない。ゆり「...これでわかったでしょ?もうバカなこと言ってないで早くしよ♪」「いやっ...何かの間違いだっ!!ありえないっ!!」俺は部屋の玄関に向かった。何かがおかしいっ!とにかく一旦自分の家に帰ろう。するとビリッとした痛みが体に走り俺は気を失った。目を覚ますと、真っ暗な倉庫だった。両手・両足はベッドにくくりつけられている。しかも裸だ。明るい光がいきなり顔に当てられる。「眩しいっ...!!」「きゃははっ♪本当に男だぁっ♪」「やばい...濡れてきちゃったぁっ♪」そこには100人はいようかという女の大群がいた。272 名前:262「sage」 投稿日:2008/11/16(日) 05:20:03 ID:EXiejp6eO 「9/10」そこにはスーツ姿のゆりがいた。ゆり「本日のセックスは五回までです!最初は5万円からです!では、はじめっ!」女達の手が次々に上がる。「10マソ!」「20マソ!」「30マソ!」「35マソ!」「38マソ!」「40マソ!」「.........41マソ!」ゆり「41万円!これ以上ありませんか?」「50万円!」そこには野村さちよに似た妖怪みたいなオバサンが手を上げていた。ゆり「...ごめんね。私こういう仕事もしてるの」俺は絶望した。273 名前:262最後「sage」 投稿日:2008/11/16(日) 05:20:59 ID:EXiejp6eO 「10/10」続きを読む



数年前の話なんだがそんときは俺は大学1年生だった。
高校の頃はモテたわけじゃなかったが環境に比較的恵まれていたらしく彼女がいなかった時期がなかったような高校生活だった。
大学にあがりその当時付き合っていた彼女と会う時間が減りってしまいムラムラする日々が続いていた。
んでまあ会う時間が減ったのが原因だろうが彼女浮気した。結構な期間付き合っていた彼女だったのだが即効別れた。
まあマンネリだったし愛情も薄れてたしね。だけどそっからどんどんムラムラが加速していった。
そんな自家発電生活を繰り返していた時にその当時全盛期だったmixi()から一通のメッセージが来た。続きを読む



モデルみたいに可愛いくて明るい子だったけど、不幸になってしまった子の話

その子と私は高校の同級生でした。

その子は身長が170センチあって、顔は今で言うと桐谷美玲に似ていてかなり美人でした。

美人過ぎて、同級生にモテるというより大学生からよくナンパされるような子でした。

その子とはクラスは違ったけれど、お互い目立つ集団にいたので自然に仲良くなってきました。

学校をサボッて遊んだり、夏休みは海の家でバイトしたり四六時中一緒にいました。

17歳の頃、2人で雑誌に載って読者モデルを始めた頃、その子(美玲って呼びます)が泣きながら電話をしてきました。

友達に騙されて5人にレイプされたと泣いていました。続きを読む



中学2年の夏、父の仕事の関係で俺はアメリカ南部の田舎町に住んでいた。
正規の授業はもう夏休みに入ってたが、俺は外国人向けの英語補習クラスに出席。
クラスは午前中で終わり、家で昼飯を食べようと帰宅した日のことだった。
マンションのドアを開けた。
いつも「お帰り」と迎えてくれるさんの声がしない。
靴を脱ぎながらあれ?と思ってると、寝室のドアが開いて男が出てきた。
俺より頭一つデカい、体重も俺の倍くらいありそうな大男だった。
手には大きな銃を抱えてる。
目出し帽を被っていたが、肌は浅黒い感じだ。
「誰こいつ?」と思った瞬間、アゴのあたりに衝撃を覚え、俺はぶっ飛ばされた。続きを読む



俺のお袋をおもちゃにして童貞を捨てたTとY。
なんだか急におとなびて見えた記憶がある。
お袋は次の日は何もなかったかのように起きてきて「ああ~良く寝たわ。お酒飲むと眠くなるのよね~。たまにはいいか(笑)」と言いながら、朝ご飯を準備した。
学校へ行こうと思うと玄関からTとYの声がしてお袋と話している。
「今日は二人とも早く起きちゃって、一緒に行こうと思って迎えに来たんです」と言う声だ。
俺が玄関に出ると二人ともにやっと笑って、昨日の余韻を楽しみ化のようにお袋の顔を覗き込んでいた。
「お前のかあちゃん、すごく気持ちよかった」「もう一回やりたいな」学校へ行く間中、二人はお袋の体がいかに気持ち良かったかを何度も語った。続きを読む

このページのトップヘ