レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:水着

私の地元には噴水や人口の川がある公園が あります。
よく夏場には、幼稚園~JSくらいの子 供が水着下着姿で遊んでいます。
毎年私は、着替え盗撮や軽い痴漢目的に その公園に通っていました。
その日も盗撮目当てで公園にいると、珍し く小学校高学年くらいの可愛い女の子が やってきました。
身長は140cmくらいで、髪の毛は長めで 前髪はパッツンでした。
帰省先なのか、爺さんと小学1年生程度の 弟の一緒に来ていました。
知り合いがいないためか、女の子の着替え はゆるく割れ目や胸を何度も撮ることが出 来、今日はついていると思っていました。

また、スクール水着の名札から小学5年生 で名前が「さやか」であることがわかりま した。続きを読む

よーし、次の撮影を始める!」 カメラマンのフジシロの一言でスタジオ全体に緊張が走る。
 露光の測定、照明の位置の確認等を終え、スタッフはスタジオからぞろぞろと退出してゆく。
 入れ替わるように、バスローブを纏った上原多香子が控え室からカメラの前に出てきた。
 これから行われるのは彼女のセミヌード撮影。
 そのために、スタッフを全員外に出し、カメラマンのフジシロと多香子の2人だけで、ギリギリまで際どいショットを収めるのである。
「多香子ちゃん、早速用意して」 フジシロの言葉で多香子は、やや顔を赤らめるそぶりを見せつつ、バスローブを脱いだ。続きを読む



「あぁぁぁ…いやぁぁぁ!!んんぁぁ…はぅっ…」
後戻りできない快感の波が美奈子の体に押し寄せていた。
アンダーショーツをはいているにもかかわらず、美奈子の秘部から愛液がにじみ出し、
ビキニに恥ずかしいシミをつけ始めていた。
「ほうら、美奈子ちゃんのアソコがグチュグチュに濡れてきたぞ…感じやすいんだなぁ」
「あぁぁん…やだ、やだぁ…」
美奈子は自分でも股間にヌルッとした感触を自覚していた。

「そろそろ美奈子ちゃんの濡れたおまんこをじっくり見せてもらおうか」
カメラマンはビキニのウエスト部分を掴むと、勢い良く腰からそれを引き抜いた。
「あぁっ、だめ!いや!脱がさないで!!あぁ…」
美奈子の哀願も叶わず、ムッチリとした腰つきの下半身は男の目の前にさらされる。続きを読む



こんばんは。和美といいます。19歳の大学生です。皆さん、聞いてください。
先日、私は栃木県のある温泉に行ってきました。そこにはサウナがあり、男女混浴
でした。

水着着用だったので、私は青いビキニを着て入りました。
家族と一緒だったのですが、その時私は一人でした。
サウナの中には、私と、おじさんの二人づれだけ。すいていたので、私はのんびり
と入っていました。

すると、そこに3人組の男性が入ってきました。
3人とも茶髪で、チーマー系の人たちでした。
そして驚いたことに、3にんとも全裸で、タオルで前を隠して入ってきました。
は、丸見えです。私は、慌てて目をそらしました。

すると3人は私に気付き、近づいてきて、私を囲むように座りました。続きを読む



あるコミック雑誌のグラビア撮影でサイパンに来ていた美奈子は、夕食を終えると、
明日の撮影に備えて部屋でくつろいでいた。

去年、15歳でグラビアデビューした美奈子は、T156B90W58H85の豊満なボディと
正統派アイドルフェイスでたちまち人気を集め、数多くの雑誌の表紙を飾っている。
撮影初日で疲れ果てた美奈子は、テレビを見ながら眠気に誘われ始めていた。

その時だった。
プルルルル…プルルルル…
突然の電話の音に、ベッドでくつろいでいた美奈子は慌てて飛び起き受話器を取った。

「あ、もしもし美奈子ちゃん、明日の撮影についてもう一度話しておきたいから、
 いまからこっちの部屋に来てくれないかな」続きを読む

このページのトップヘ