レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:浴衣


23歳の会社員です。生理の上がったに生の中出しで楽しんでいます。
先々月、久しぶりに、実家に帰った時からそれは始まりました。

ある日、から電話があって、使わなくなった勉強部屋を改装して和室の客間にしたから泊まりに帰っておいでとのことでした。

実家は、祖父と父の3人で少しばかりの農業と国道沿いで青果の露天をやっています。
スイカも収穫が始まったことだし、ゆっくり甘えてこようかなと思い、金曜日の夜、仕事を終えて、そのまま、実家に帰りました。

実家に着いたのは、午後10時を過ぎていて、朝が早い父と祖父は既に寝ていては風呂に入っていました。
僕が二階の新しい部屋でくつろいでいると、が部屋に入ってきました。続きを読む



【些事:痴辱】
 〝後バレ筒抜け〟と云う言葉が あるかどうかは判らないが、そうとでも...云うより無い 昔の辱しい思い出がある。それは 〝その時点では 自分だけの内面的な秘密で、他人には 判りっこ無い〟と思ったことが、後になると それは人間なら誰もが経験していることで、僅かな動作や表情からでも 容易に読み取れることだった...と云う〝突然 丸裸で街頭に立たされた〟ような、惨めな晒しものの 顔が熱くなる辱しさなのである。

話は近親相姦めいた 未遂?の話だが、それには個人的な事情と 時代の背景がある。勿論悪いのは 自分で無知で無恥な行為なのだが、それは私の少年期の終わり... 青年期の入り口での話である。続きを読む



輪姦がきっかけでセックスの虜に

始めまして、博美です。24歳のOLです。  私には2歳年上の彼がいます。彼とのHも週に2度程、彼の部屋でしています。  付き合い始めて1年くらいですが、最近、彼とのHに快感を覚え始めて来ています。とても気持ちが良く、Hにはまり初めています。

 そんな私が今年の夏に経験した事。輪姦です。

 今年の夏休みに、会社の仲良しグループと温泉に行きました。男3人、女2人で2泊3日。  1泊目の夜、食事も終わり、皆で私と良子の部屋でお酒を飲みながら、色々なお話をしていました。  酔いが進むに連れ、お互いの初体験やHな話を色々と。深夜も12時を過ぎた頃、良子が酔いつぶれテーブルに伏したまま寝てしまいました。続きを読む



大学のサークルの皆で浴衣を着て
花火大会に行きました

花火大会の後は居酒屋に行って
お酒を飲んで解散になりました

私はお酒を飲みすぎて
帰りの山手線で
酔って立つのやっとって感じで
ずっと下向いてました

電車は新宿から
池袋まで乗ったのですが
超満員電車

乗った瞬間から一人だけ
みんなと違う方向向いた男の人
スーツじゃないけどきっと
サラリーマンって感じの男性がいました

そのサラリーマンと
私は向き合ってしまい

乗った瞬間からその人の右手が
私のおまんこに自然に
当たってる感じなんです

サラリーマンは背が高くて
私はすごくつらかったこともあり

もうしわけないのですが
寄りかかる感じになってしまってました
続きを読む



夫婦で温泉旅行に行った時、
の痴態を目撃してしまいました

館に着くと
まずお風呂に入り
浴衣着替えさせました

もちろん、下着は一切着けずに
浴衣一枚で、バーへと飲みにいきました

他のお客さんがあまり居なかったせいか、
中年4人組しか居ません

 隣の席で飲んでると、
案の定4人組の視線は

の緩んだ浴衣の胸元へ

チラチラ見てるうちに、
一人が話しかけてきたんです

「どちらから?」

「お幾つですか?」

等と、とりとめのない会話で
和んできた所で

「こころ露天って、
混浴なんですってね。
これから入ってきます」

と言ってバーを後にしました

一度部屋に戻ってから、
続きを読む

このページのトップヘ