レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:浴衣

もう5年前の話です。僕が大学4年、彼女の美佐子は違う大学(N女子大学)の2年生でした。
美佐子とは提携サークルで知り合いました。
美佐子はサークルに入った時には18才。誰から見ても若若しく、美しい女でした。

今で強いて言えば、吉岡美穂タイプ(違うといえば違うけど、雰囲気は)
身長159センチで、サイズは上から89-61-90といったナイスバディでした。
当然、先輩、同期、後輩含めてみんなが狙っていたのは明らかでした。

美佐子は1年生の時にはほとんどサークルにも顔を出さない子だったのですが、
(会ったのは新歓コンパの時だけ)
2年生になってから、積極的に参加するようになりました、
彼女と付き合いだしたのは、忘れもしない彼女が2年目のコンパの時。続きを読む

3351人工務店sageNew!04/03/2611:21ID:52/yWbre
これは僕がリーマン時代の話
僕は地元では大きい方の住宅建設会社に勤めていた
その日1泊付の忘年会に出席する為、伊豆の館へ
総勢25名程度 飲めや、歌えやの大騒ぎ
宴会も終り、潰れている人、寝る人、外へヌキに行く人を除いて2次会へ

3381人工務店sageNew!04/03/2611:24ID:52/yWbre
10名程で館を出る
その中に足元フラフラで喚いている女性有り
設計担当のNさん33歳 
いつもは仕事の出来る大人の女性といった感じだが、今日その面影は無い
「一昨日振られたんだってさ」
「それであんななっちゃったんスか」
隣を歩いていた先輩に聞かされる


続きを読む

情:花火Ⅰ』
 いくら夫婦でも 勤めもあれば家事もありますから、いつもSexのことを考えているわけではありません。家での日常生活には 一応の手順もありますから、寝る時間になって 床に就いても、一方がその気になり 誘われて相手が応じても、多少の触れ合う時間があって お互いに濡れてくると云うことになります。いわゆる 前戯が必要になる訳です。
しかし行のときは 私が改めて念を押さなくても 女房は自然に月のものは避けるし、お互いに昼の内から 夜の触れ合いが頭の端にあって、いつか 期待が頭一杯に膨らんできます。そういう思いでの中でも 特に夢のように美しく印象的だったのは、熟年になってから女房と行った 北海道の洞爺湖の夜でした。

続きを読む

情:花火Ⅱ』
 (Ⅰより 承前)気が付くと 私のペニスが萎縮し、抜け掛かったので  女房がティッシュを当てて始末して呉れています。「風呂へ 行こうか?…」「ウン…」で 女房の案内で共同大浴場へ行きます。
 冬でも海岸気分で遊べる波の出る温泉プールの脇を通り 十数種類ある温泉フロアへ行きます。ここは2階に亘っていて 時間で男と女が切り替わるのだそうです。およその時間を申し合わせて 風呂から上がると食堂で夕食です。特注の料理にビールを頼み 女房と乾杯して顔を見合すと、「これが さっきあんなに乱れた女房か…」と思うほど サッパリした顔をしています。「何を 考えてるの?…」「いいや… さっきのこと…」「バカネェ…」「あんまり 知らん顔してるから…」 そんな会話も二人だけのことです。ウエイトレスに聞くと 花火は夜9時前から30分くらい、洞爺湖の東岸を 南から北へ船で移動しながら打ち上げるのだそうです。「花火を見るには 少し寒いわネェ…」「いや そう思ってさ…、部屋で花火を見れるように 最上階の部屋にしたんだよ」「そうなの…」「ユックリ食事を済ませて 暖房の利いた部屋で花火を見るのも珍しくて良いだろう…」。

続きを読む

夏も近づき、店先には花火をよく見かける。何か夏って感じがして、私はとてもワクワクする。毎年、と大量の花火を購入し、プチ花火大会と称し楽しんでいた。最近、近くのホームセンターで大量の花火を購入し、今年はどんな感じで打ち上げるか自分なりに考え、家近くの河川敷にと向かった。にはちょっと離れた所にある土管に座って待っててもらった。その間に私は、打ち上げ準備を始めワクワクしながら打ち上げる順番に花火を並べた。空はもうすっかり暗くなり、恒例行事に気づいた子供達(小学生から中学生)が数人集まって来ていた。”よ~し、始めるか”そう思い、一発目の花火に火を放った。”ヒュ~ン・・・・バ~ン”大きな打ち上げ花火から始まった。続きを読む

このページのトップヘ