レイプ体験談・痴漢体験談 ~ 過激な告白

タグ:浴衣

私は幼い頃父に銭の男へ連れてってもらってから男に入るのが密かな楽しみになってました。
父は意識してなかったみたいで、もの心ついてから小まで私が理由をつけては父に近所の銭に連れてってもらってました。
私は広いお風呂が好きで銭に行きたいと最初は考えてたんだけど、次第に知らない男性達のチンチンを見比べるのが密かな楽しみにもなっていました。性的知識も無かったので本当にそれ以上の思惑など無かったんだけど、何度かイタズラやさりげなく勃起させたチンチンを見せられたりの体験もあり、変質者の認識も勉強()してました。
父も居たので身の危険に及ぶイタズラは銭ではなかったです。
続きを読む

私が大学を卒業し、ある会社の人事部に配属されて二年目に入ってすぐの話です。
私は自分の一年後輩の新人導入研修のお手伝いの仕事をしました。指導するというより、
相談に乗ったり緊張をほぐしてあげたりするのが役目でした。
メンバーは私の他には男性社員が二人。同期入社の小倉君と、入社4年目の渡辺先輩でした。
小倉君は普段から仕事の相談をしたり愚痴を聞いてもらったりする仲でしたが、
渡辺先輩とはそれまで話をしたことは無かったと思います。
でも場の雰囲気を盛り上げるのが上手で、よく気がつく面倒見の良い人で新人さんにも人気がありました。
研修の最終日には、打ち上げ替わりの新入社員による余興などがあり、人事部長など偉い方もいらっしゃって
賑やかに楽しく終了しました。
新入社員は研修センターに泊まりますが、私達はビジネスホテルに泊まっていました。
その研修の最終日、「佐々木(私)、小倉、お疲れ。俺たちも打ち上げしようぜ」と世話好きな
渡辺先輩に誘われ、先輩の部屋で飲むことになりました。
ビジネスホテルですので狭いです。ソファに私と小倉君、渡辺先輩はベッドに座っていました。
続きを読む

街で年に一度行われる夏祭り。
普段は人もまばらな大きな公園に出店が軒を並べ多くの人が立ち寄っていた。
「フン♪フフーン♪やっぱりお祭りの雰囲気って素敵?」
出店の並ぶ公園通りの雑踏を軽やかに歩く浴衣の少女が一人いた。
紺の浴衣は涼しげで、歩くたびに後で束ねたポニーテールが揺れる。
彼女の名前は小夜。この街の女子校に通う女の子だ。
「彼氏がいたらもっと素敵なのかなぁ?・・・」
小夜は少しムムムッっといった表情で立ち止まる。
共学なら間違いなく男子は放って措かないほど可愛らしい容姿。
だが、女子校に通うせいか今だ異性に縁がなく彼氏も出来た事が無かった。
「う?ん、でも私にもいつか素敵な彼氏できるよね♪」
そういって表情を戻し、再び通りを歩き出す。
お気に入りの浴衣を着て、祭りの出店をただ見て回るだけでも彼女は楽しいのだった。

だがその時、自分の後ろを付ける男達がいる事に彼女は気付いていなかった・・・

-----続きを読む

【レイプ体験】混浴露店風呂でレイプされた画像は多次元えろぐ関連記事にリンクしています。
彼と温泉に一泊で泊まった時の体験談です。
彼とは5年の付き合いで、それなりにいろいろなHも経験していて今回は温泉で一晩中Hする予定でした。
その為に、彼氏は数日前から一人Hを禁止して性欲を高めていました。
私も丁度生理が終わった後だったのでHしたくてたまりませんでした。
宿は少し遠かったので遅めにチェックインすると、すぐに夕食を食べました。
部屋に入るとお互いに我慢できなくなって抱き合っていやらしく舌を絡ませてキスをしました。
私もすぐに彼のモノを口に含み、中に入れたかったのですが、彼彼が「ここまで我慢したんだからもう少し我慢して、温泉を楽しんでから綺麗な身体になって朝までヤリまくろうぜ」と言うので二人で浴衣に着替えて温泉に入ることにしました。-----続きを読む

オレが会社に入社して5年目の時、短大を卒業したばかりの由紀恵がうちの課に配属された。
まだ二十歳そこそこの由紀恵は、男ばかりの職場にとって花のような存在だった。
顔は普通よりちょっと可愛いくらいだったが、スタイルが抜群に良かった。
特に大きい胸と、くびれたウエストのギャップがたまらなかった。
当然彼女はチヤホヤされた。
競争率は高かったが、オレは猛烈にアタックした。
その甲斐あって、2ヶ月ほどしてオレと由紀恵は付き合うことになった。
ただ、一つだけ由紀恵には心配な事があった。
というのも、彼女は酔うと場の雰囲気に流されやすくなる性質だったのだ。
本人も「「飲むとHな気分になる」と言っていた。-----続きを読む

このページのトップヘ